人気ブログランキング |

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029

2005年 01月 11日 ( 3 )

★世界の色の常識(*^.^*)色の神話・・・知っておこう!!

色・カラー・神話・伝説・白・黒・赤・青・黄・紫・花嫁衣装
a0028694_20434822.jpg

◆ー白ー◆
儀式に使われることの多い色

◆日本・ヨーロッパ・・・花嫁衣裳の色

◆中国・台湾・朝鮮半島・・・葬式の色
(最近では中国の都市部では花嫁衣裳には白を)

◆キリスト教文化圏・・・宗教儀式や卒業式の様な大切な節目の時の服の色

◆ラテン・アメリカ・・・女児のおしゃれ着といえば白のワンピース


a0028694_20444269.gif

◆ー黒ー◆
多くの文化圏で喪をあらわす色

◆日本女性・フランス女性・先進国・・・ファッションとして黒やグレーを着こなす。

◆世界の大半の女性・・・好んで黒を身につけることはない。

◆中国・ドイツ・・・白や黒の模様の包装紙は嫌われる。
(中国では青も喪の色、ドイツでは茶色は好まれない)


a0028694_20455381.jpg

◆ー赤ー◆
血の色、情熱の色とされる。

◆アメリカ・ドイツ・・・赤を好むという統計がある。
(ただし赤毛は悪魔や魔女のイメージなので嫌われる)
(赤いバラは恋人に贈る特別な花とされている)

◆日本・中国・・・縁起の良い色
(ピンクも中国をはじめ多くの民族が幸福のイメージの色として好まれる)

◆メキシコ・・・赤い花は魔法をかけ、白い花は魔法を解くと言い伝えがある。


a0028694_20464231.gif

◆ー黄ー◆
太陽の色、黄金の色として好まれる。

◆中国・・・皇帝のシンボル・カラー
(皇帝以外は着用してはいけなかった時代もあった)

◆古代エジプト・・・黄金のイメージの色・神の身体の色・永遠不滅の色

◆ヨーロッパ・・・扇情的もしくは卑劣というイメージのある色
(東洋人はイエロー、黒人と白人の混血もイエローボーイ(ガール)と言われるなど、黄色は民族差別とも直接結びついている)

◆メキシコ・・・黄色の花は『死』を意味する。

◆フランス・・・不貞を暗示する色


a0028694_20472029.jpg

◆ー青ー◆

◆中国や台湾・・・喪の色

◆英国・・・王室のシンボル・カラー
(高貴さを連想させる)

◆中東・・・青い色が魔力をもっていて身を守ってくれると言われている。

◆トルコ・・・青いガラス玉に目玉を描いた魔よけがいたるところで見られる。(上の写真)


a0028694_2048740.gif

◆ー紫ー◆

◆日本・ヨーロッパ・・・古来から高貴な色とされた。
(聖徳太子の定めた冠位十二階でも最高位の衣は紫だった)

◆古代中国・・・天子の衣は「紫衣」
(紫を尊ぶ伝統は明・清朝の宮殿「紫禁城」にまで通じてる)

◆ヨーロッパ・・・一方喪の色ともされている。濃い紫色の服は好まれない。
(プレゼントも紫色は避けた方がいいそうだ)


b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

by amor1029 | 2005-01-11 20:48 | 色・カラー・アロマ
訪問者数・ブログ・知識の泉 Haru's トリビア・80万・人気ブログ・女性ブロガー・人気女性ブロガー・ヒット数・エキサイトブログ・エキサイトニュース
a0028694_12492448.gif
ブログ開始6ヶ月23日(1月9日03:00)
訪問者数90万突破いたしました!!
心から御礼申し上げます!

(2004年1月11日10:00の訪問者数画像)

a0028694_12503133.gif

90万突破できて嬉しいです。日々、訪問してくださる皆様方のお陰です。ありがとうございます!これからも選りすぐりの記事を載せるためにがんばります!!

これからも宜しくお願いします!
また、良かった記事への

応援クリック
もよろしくお願いします!
すごく励みになっています(*^.^*)
b0013789_18125644.gif

by amor1029 | 2005-01-11 12:52 | 総訪問者数の画像
指紋・fingerprint・犯罪・家出・変死体・殺人・焼死体
a0028694_11581297.gif

どれくらい前の指紋まで採取可能か?

指紋は一人一人異なるため、事件で犯人特定の決め手となったり、変死体の身元確認に役立っている。例えば、川辺に死体が流れ着いたが、身元を確認するものが何1つない場合、死体の指紋を採取し、まずはコンピューターに登録されている前科者や家出人などの指紋のデータと照合する。うまくいけばこれだけですぐに身元が判明することもある。指紋の認識や識別利用の歴史は古く、古代の中国やバビロニアからだそうだ。


a0028694_1159060.jpg

では焼死体や腐乱死体からの
指紋の採取は可能なのだろうか?

こうした顔や性別さえ見分けのつかない死体であっても、指紋の採取は可能なのだ。たとえほとんどミイラ化した死体であっても指紋はとれるそうだ。


a0028694_11594924.jpg

では物についた人の指紋は
どのくらい前のものまで採取できるのか?

物についた指紋は指からの汗や脂(あぶら)によって、手が何かに触れたときに残ったもので、ガラス、紙、ビニール、革、木など大抵のものに指紋は残り、布などでよく拭き(ふ)取らない限り、簡単に消えるものでもない。(*指先から脂は分泌されないが、無意識に触っている髪や顔から指先に付着した脂を意味する)

指紋採取可能期限は明らかにはされていないが、25年前につけた指紋がノートから検出されたという報告がある。指紋は意外にも長期間残っているものなのです。

a0028694_1203660.jpg

指の指紋を剥ぎ取り、違う皮膚を移植したらどうか?

実際、オウム事件で逃走中の容疑者が指先の皮膚を剥ぎ取る手術を行ったいた。しかし、指先の皮膚を剥ぎ取り、別な部分の皮膚を移植しても、あたらしい皮膚には以前とまったく同じ指紋が再生される。
a0028694_1212823.gif

なぜ同じ指紋が再生するのか?

指紋をつくっているのは、真皮のすぐ下にある乳頭という部分だ。これが汗腺とともに表皮の外に盛り上がり、線状になったのが指紋である。つまり一人一人の指紋が違うの人によって乳頭のは一が違うからだ。

乳頭の配置を変えることは不可能であり、一時的に指紋を剥ぎ取り消すことはできても、また再生してしまう、永久に指紋をなくしたり、別の指紋に変えることは不可能なのだ。

指紋の話、興味深かった方
管理人の何よりも励げみとなる、応援のクリックをお願いします!
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
b0013789_6261018.gif

by amor1029 | 2005-01-11 09:20 | 警察・犯罪・事件