人気ブログランキング |

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029

2004年 12月 24日 ( 2 )

くしゃみ・糞はめ・糞食め・徒然草・ゴッド・ブレス・ユー
a0028694_18401974.jpg

くしゃみをした人に何と言うか?

英語圏・・・・・・「ゴッドブレスユー」(神のご加護がありますように!)
ドイツ・・・・・・・・「ヘルフ・ゴッド」「ゲズトンハイト」(お大事に!)
フランス・・・・・「デュー・ヴ・ベニス」(神のご加護がありますように!)
スペイン・・・・・「サルー」(お大事に!)
イタリア・・・・・・「サルーテ」(お大事に!)
韓国・・・・・・・・・「エイチ」(近親者のみに使う・・・お大事に!)
イスラム・・・・・「シュクル・アル・ハムドリッラ」(神をたたえよ!)
ロシア・・・・・・・「ブッチ ズダローヴィ」(お大事に!)


スペイン語やイタリア語は「サルー」、「サルーテ」(健康)という言葉を使う。これは風邪との関連から「お大事に!」という意味にとれるが、どうやら、もともとはくしゃみの魔力を避けるためのおまじないであった。というのもインド・ヨーロッパ語族の人々はくしゃみを霊的なもの、吉凶をともなうものと考えていたからだ。

ホメロスの「オデェッセイ」には長い冒険の旅から戻ってきたオデュッセウスが故郷に戻ったとき、その知らせを受けた息子が大きなくしゃみをして吉兆を告げたと書かれている。

インドの最古の本「リグ・ヴェーダ」にはくしゃみをした時のおまじないについて、詳しい記述があるという。くしゃみには不思議な魔力がひそんでいるとの信仰があったことがうかがえる。



日本ではどうだったのだろうか?

現在の日本にはくしゃみをした時に「お大事に!」とか「仏様のご加護が・・」なんて言う習慣はありませんよね。ところが調べてみるとあったのです。それもすごい言葉が・・・。

a0028694_18411532.jpg

それは・・・『糞食め』(くそはめ)

民族学者の柳田国男氏は、もとは噂の悪意を祓う(はらう)ための言葉だったと語る。昔はくしゃみをすると、そばにいる者が急いでこのまじないを唱える習わしがあったのだそうだ。「くしゃみ」の語源もこのまじないの言葉「くそはめ」(糞を食める)に由来するのです。


a0028694_18415625.jpg

「糞食め」(くそはめ)は
徒然草第47段の中にも記述が・・

ある人が清水寺にお参りに出かけたとき、途中で高齢の尼僧と一緒になった。その尼が道すがらずっと「くさめくさめ」と唱えながら歩いていくので、不思議に思い、「尼様、どうしてそのように、くさめくさめ、と唱え続けていらっしゃるのですか。」と聞いたのだけれど、尼はぜんぜん返事もせず、そのまま唱え続けていた。繰り返し質問されて、尼僧は少し立腹したようで、「ああ、もう(大切なことをしているのだからうるさくしないで)、くしゃみをした時、こういうふうにまじないをしないと、くしゃみをした人は死んでしまうと言われているんです。


くしゃみをしたら、「くそはめ」って
言って悪意を祓ってあげますか?
流行るかな??

クリスマストリビア、面白かった方
管理人の何よりも励げみとなる、応援のクリックをお願いします!
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
b0013789_6261018.gif

by amor1029 | 2004-12-24 18:42 | 面白トリビア(一般)
贈り物・プレゼント・クリスマス・バレンタイン・誕生日
a0028694_1062415.jpg

どこの国でも贈られて喜ばれるのは

1番がお花
2番はチョコだ!!

ベルギー産の高級チョコなら、相手や国を選ばなくても、ちょっとした贈り物として喜ばれる。(お花については次回の「贈っていい花・悪い花」を読んで下さい)


a0028694_1075863.jpg

ワインをフランス人に贈る?

フランス人の大半はワイン通であると思っているし、そうかもしれない。そのフランス人にワインを贈るとなると生半可な知識では「間抜けなプレゼント」となってしまうから要注意だ。知らずに『カリフォルニアワイン』を贈ったりしたら、それだけで印象を悪くすることになる。


a0028694_1083657.jpg

フランス人やドイツ人は
知的好奇心をくすぐるものが喜ばれる。

フランスでは贈り物として、本やCD、画集など知的好奇心をくすぐるものが歓迎される。ドイツ人もベストセラーの本をよく贈り物にするらしい。誰かから贈られた本をまた、他の誰かに贈ったりもし、このことをドイツ人は「旅をする本」というそうだ。

日本では読書をする人は減る一方であり、知的好奇心をくすぐるものを贈られて喜ぶ人は少ない。贈られて嬉しいものは「現金」なんていう人が多いような・・・。


a0028694_109297.jpg

置き時計は中国の人にとっては最悪な贈り物だ!!

「置き時計」「掛け時計」を意味する「鐘(かね)」の発音が「終」に通じ、これを贈ることは臨終を見取るという意味にとられてしまうので、贈りものにはしない。また「傘」にも同様な意味があり、「ハンカチ」も葬式を連想させるので贈りものにはしないそうだ。

a0028694_10101929.jpg

ほとんどの国で
贈りものとしないものは「ナイフ」だ。

刃物は友情を断ち切るとされるからだという。特にラテンアメリカやインドネシアでは「ナイフ」は贈り物にしてはいけないものとされているからご注意を!!


a0028694_10105976.jpg

ヒンドゥー教徒へは

牛を聖獣としているので、牛の鞄(かばん)、ベルト、靴(くつ)、キーホルダーなどの牛革製品を贈るべきではないし、彼らに会う時はこれらを身につけてはいくべきでない。

この記事、面白かった方
ぜひ管理人の何よりも励げみとなる、応援のクリックをお願いします!
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
b0013789_6261018.gif

by amor1029 | 2004-12-24 09:03 | 知恵・知識