人気ブログランキング |

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029

2004年 11月 24日 ( 4 )

宇宙、無重力、宇宙船、宇宙のトイレ、おなら、宇宙食
a0028694_19144657.gif

宇宙での食事・トイレ・シャワー

11月6、7日に、宇宙のことについて記事を載せたところ、コメントで「宇宙での食事・トイレ・シャワー」のご質問がありましたので、そのことにつきまして書きます。(データーはJAXAのから)


宇宙での食事

1960年代初めはチューブ入りやひとくちサイズのものでしたが、1970年代初めのアポロ計画の頃から少しずつ品数が増え、現在では約150種類もあります。国際宇宙ステーションでは、約300種類のメニューが用意される予定だそうです。

宇宙食はプラスチックの容器に入っていて、水やお湯を加えて元にもどすもの、オーブンで加熱することができるものなどがあります。果物やパン、ナッツなどそのまま食べる物もあります。飲み物など液体を飲むときは、パックからストローで吸い、こぼして機器の故障を起こさないようにしています。

・宇宙食と食器の写真
・宇宙食の味噌汁と日の丸弁当の写真



宇宙でのシャワー

無重量状態では水が流れないので、スペースシャトルに洗面台やシャワー室はありません。手や顔のよごれを取りたいときは、アルコールでふくか、液体石けんをふくませたぬれたタオルでふきます。髪を洗う時は、船内にあわが飛び散らないように、水を使わずに洗えるシャンプーを使います。洗い終わったら、かわいたタオルでふき取っておしまいです。体のよごれは、ボディシャンプーをふくませたぬれたタオルでふくだけですが、国際宇宙ステーションは飛行士が長期間(3ヵ月~6ヵ月)にわたって滞在するので、シャワーが用意される予定だそうです。

しかしスカイラブにはシャワーがあった!

a0028694_19161431.jpg

宇宙船スカイラブにはシャワーがあった。飛行士をシャワー装置の中に入れてふたを閉めると、内側から体に水をふきつけられる。この水はすぐに吸い取られる仕組みになっている。

ただしシャワーを使う時は、水泳用ゴーグルをかけ、鼻をクリップでつまみ浴びていたそうだ。しかし、それでもおぼれかかった宇宙飛行士がいたという話もある。命がけのシャワーだ。

・歯磨きする毛利さんの写真
・シャンプーする向井さんの写真


宇宙では歯磨きも難しい

向井さんは、練り歯みがきを食べたり、口をゆすいだあとの水を飲むことに抵抗があったため、最初は、ゆすいだ水をタオルに向かってはき出していたという。これはかなり難しく、勢いを誤ると水は飛び散り、空中を漂い機器の故障になってしまうし、勢いが弱ければタオルが吸い取ってくれず、どちらの場合も水は空中に漂ってしまう。そのため、そのまま飲み込んでしまう宇宙飛行士もいるそうだ。

宇宙でのトイレ

a0028694_19173569.jpg

奥行き(おくゆき)1m、幅(はば)約1mの広さで、男女共同です。形は地上の洋式トイレと似ていますが、色々な仕かけがあります。体をうかないようにベルトで固定して、そうじ機のような機械で吸いこみ、排泄物は真空にし乾燥させ、宇宙に捨てることなく持ち返りますす。
トイレにドアはなくカーテンで仕切られていますが、スペースシャトルの中は空調ファンやトイレのモーターがうるさいので音が外に聞こえることはありません。

宇宙での特殊なトイレの使用のために、地上で訓練が行われます。体がういてしまう状態で直径10cmくらいのトイレの吸いこみ口に正確に座るために、地上ではカメラ付きの訓練装置でトイレを使う感覚を訓練するとのことです。

・地上での練習用トイレ内部の写真
・宇宙でのトイレ内部写真


宇宙ベットの写真
a0028694_19255727.jpg


無重力でおならをするとどうなるか?

a0028694_19185550.jpg

無重力空間でおならをすることは、地上とは違い大問題となってしまう。おならの匂いが消えるのは空気に混じり拡散するからであり、宇宙では空気と混じリ合わないため、おならのガスは固まりあたりを漂うこととなる。このガスの固まりが鼻にあたったら、強烈な臭気に目もくらむだろう。

さらに怖いのは強烈な臭気でなく、おならが水素やメタンガスを含んでおり、火をつけると燃えたりもあるわけで、その可能性は低いかもしれないが、宇宙船内の電気系統から引火してガス爆発なんてことも考えられる。そのため、宇宙船内でおならをすることは禁止され、必ずトイレですることになっている。おなら1つで命取りにもなるのだから怖い。

この記事、面白かった方
ぜひ、ぜひ管理人の何よりも励げみとなる、応援のクリックをお願いします!
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
b0013789_6261018.gif


Moreー以前書いた宇宙の記事を見る
by amor1029 | 2004-11-24 19:30 | サイエンス
a0028694_1951719.jpg


宇宙でのおトイレ事情
(スチュアート ヘンリ著『トイレと文化考』文春文庫)
(『世界史なんてこわくない』より)


アポロ計画当時の宇宙船の中には便所がなく、小便や大便はそれ専用の袋に入れ、消毒剤とともに密封して地球に持ち帰っていた。大便の場合は、幅が20センチくらいで、縁にはオシリにピタッと貼りつけるための接着剤がついている大便回収袋をあてがい、ひり出すのだそうだが、重力がないということはしゃがみ式も腰掛け式も関係なく、どこに力を入れてふんばっていいのかわからずに相当やりにくいのだそうだ。

この回収袋は所定の場所に置いておくことになっていたのだが。読者の中にはよからぬことを思い描いた方もいることだろうが、そう、そのとおり、排泄したあとの始末が悪くて回収袋の口があいてしまい、無重力の船内をフワフワと漂いはじめたときもあったというから悲惨である。

振り向いたところが、目の前を大便が漂っていたなんてことになったら。第三者だから笑える話である。このときの宇宙船は1965年12月4日に史上初のランデブーに成功したジェミニ7号。飛行士たちはどうすることもできなくて、地上に帰り着くまでウンコとごいっしょしたそうだが、船内でのすさまじい会話内容はオフレコだとか。

小用のほうは、いまのスペース・シャトルでもそうなのだが、袋にするなり、吸い取るなりして処理するものの、溜まってくると宇宙空間に捨てていた。はじめて地球をまわる軌道を3周したマーキュリー宇宙船の乗務員ジョン・グレンは宇宙船のまわりにキラキラと輝く無数の宇宙ボタルのようなものが飛んでいると報告して、地上の宇宙センターの人たちを驚かせたことがあったが、実はこれ、宇宙船から捨てたオシッコだったのである。

真空で零下の宇宙空間では尿は細かな氷のつぶになって飛び散り、それに太陽光線があたってダイヤモンド・ダストのように輝いていたことが、あとになってわかった。しかし、考えようによっては宇宙空間では水分というのは貴重な物質である。たとえ宇宙であろうと、人が生活する限りいろいろなものが汚水という形で出るのだから、少しの無駄もないようそれらを完全に浄化してきれいな水をつくる研究が進められている。

宇宙には汚物を分解してくれる空気も微生物もないのだから、尿は尿のまま永遠に宇宙空間に漂い、汚物のままであることに変りはない。すでにイオン交換法などによって、尿を飲料水に浄化するということは実現しているのだが、問題なのは、たとえ清浄な水とはいえ、もとは尿だったということに抵抗感をもたないかどうかということなのだそうだ。

現在のスペース・シャトルには中ほどのデッキにユニセックス用(男女兼用)のトイレが備えられている。トイレという名の機械といったほうがいいかもしれない。宇宙ではすべての物体が浮遊し、「もの」はあたったときの力そのままではね返るという作用反作用の関係が成り立ち、小便が出るときの勢い、大便をひるときの勢いがすべて人体に返ってくるために体のほうが飛び上がってしまうという苦労がある。

そこでまず、所定の位置に腰掛けたならシートベルトで体を固定しなくてはいけない。 大便のほうは、所定の位置に腰掛けたならスイッチを入れて待機。いざ出た途端に下に吸い込まれ、高速回転をする電動カッターによってこなごなに砕かれて乾燥、貯蔵される。小便は便座の前方のほうにある尿回収装置から出ているホースに個人個人のカバーキャップをかぶせてから排泄器官に装着し、スイッチを入れる。

キュッと軽くひっぱられる感触があって、実際に排尿がはじまると自動的に吸引力が高まり一滴残さず、汚水タンクに溜められる。前に書いたように、このタンクがいっぱいになると中身を船外に捨てるわけだ。 現在のカバーキャップはどうなっているか知らないが、 ところで、
宇宙トイレは連続しては使えない。以前は一人が使うと15分近くも、最近のものでも数分は待たねばならず、お腹でもこわそうものなら大変なことになってしまう。

これも余談だが、最近は女性宇宙飛行士も活躍しているが、彼女らはDACT(ダクト)とよばれる液体回収用のトランクス(早い話がオムツ)を身につけるとか。女性は膀胱からの尿管が短いために遊園地のジェット・コースターなどに乗ってもオシッコを漏らしやすいというが、それは宇宙船でも同じこと。発射時や宇宙からの帰還の途上で大気圏突入の際には、強烈なG(重力)で漏らしそうになるのだそうだ。

この記事も参考になった方
管理人の何よりも励げみとなる、応援のクリックをお願いします!
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
b0013789_6261018.gif

by amor1029 | 2004-11-24 19:19 | サイエンス
雨、走る、速度、雨量、Discovery Channel 都市伝説
a0028694_772087.jpg

★雨の中は走った方が濡れないか?走っても同じか?
Part-2

(11月21日掲載「知識の泉 Haru's トリビア」)

2004年10月3日、米国・Discovery Channel でも
都市伝説等を検証するで取り上げています。

それを含めた逆トラバックの記事を紹介します。
とても興味深い記事ばかりです。
是非読んで下さい。


逆トラバックも参考になった方
管理人の何よりも励げみとなる、応援のクリックをお願いします!
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
b0013789_6261018.gif


More←続きはここをクリック
by amor1029 | 2004-11-24 07:10 | サイエンス
うに、粒うに、コンビーフ、缶詰、瓶詰
a0028694_043676.jpg


「(゜ペ)うに瓶はなぜ瓶が分厚いか?

うに瓶はなぜ、あんなに厚いのかと疑問に思ったことありませんでしたか?私など瓶のあまりの分厚さが詐欺的に思えたりして・・・。

その理由がわかりました。うになどの製造業関係者によると・・・
分厚い瓶を通してみると、拡大鏡のレンズのような効果が働き、うにが分厚く見えるからで、中には貧相な肉薄のうにも混じっており、それを拡大レンズの働きでわからないようにするためなのだそうです。

また、うにがより肉厚に見えることで高級感が増し、消費者が満足するだろうという思惑から瓶が厚くなったという関係者もいます。


a0028694_0461877.jpg


「(゜ペ)なぜコンビーフ缶は角錐台形なのか?


缶詰はたいてい円筒型なのに、コンビーフ缶は角錐台形で胴の部分をネジを巻くようにして開けるようになっている。なぜコンビーフ缶は角錐台形なんだろうと疑問に思ったことありませんでしたか?

コンビーフ用の角錐台形の缶は『CB缶』と呼ばれ、19世紀の中ごろアメリカで考案された。当時は肉を手作業で詰めていたので、円筒型だとどうしても肉と肉との間に空気が入りやすかった。

空気が入ると酸化して傷みやすくなるので、ぎっしりと詰め込むのに、あの角錐台形が考案されたのです。角錐台形の狭くなった方を下にして肉を詰めると、ぎっしりと詰めやすく、また形を崩さず出しやすい。

機械で肉を詰めるようになった今も、レトルト殺菌の時に、肉が少し収縮するので、ぎっしり詰めるためにも、あの型のままにしているそうです。

へぇ~そうだったのと思えた方
管理人の何よりも励げみとなる、応援のクリックをお願いします!
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
b0013789_6261018.gif

by amor1029 | 2004-11-24 00:47 | 面白トリビア(一般)