人気ブログランキング |

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029

2004年 07月 06日 ( 4 )

カラーヒーリング 

a0028694_8926.jpg
色は心身を健やかに保つ最高のヒーリングツールです。色のパワーをうまく利用してストレスや不安を減らし幸福な生活を送りましょう。

☆健康維持をするための色・・・赤・ピンク
多くの病気が血行不良が原因で起りやすく、また病気の遠因に抑圧されたネガティブな感情・怒りのエネルギーを発散させる色を選ぶ必要があります。
こうしたことから、私たちの血行を促し、攻撃的なエネルギーを外に向けて発散させる色が赤やピンクです。

☆自己免疫力を高める色・・・緑
周囲に「緑」の多い生活、太陽光を楽しむ生活、緑黄色野菜を多く食べる生活をして、自己免疫力を高めましょう。緑のカーペットにしたり、観葉植物を置いたりするだけでも、活動と睡眠のバランスや体調に自分自身で気配りするようになります。森林浴は緑の色彩浴となり、自然の中を歩くだけで免疫力が高まります。

☆りラックスさせる色・・・青
体を休ませることは消耗した生命力を回復させる事になります。体調が優れないない時は体を休ませるような色を使い、余計な緊張を取って眠りやすくするために青を使いましょう。紺の服やアイシャドーも身につけたり、青い花を浮べての入浴なども有効です。青をイメージすることや海を眺めることも青の色彩浴となり心身のりラックスになります。

☆体調を回復させる色・・・紫
紫色波動は体内で細胞をつくり変える働きをサポートする酵素に反応して回復力を助けますので、体調を回復させたい時は紫色の花を飾ったり、ナスやプル-ン、干しぶどうを食べたりしてみましょう。

(*^・ェ・)ノ 色で心身を癒しましょう!

▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
a0028694_15483543.gif皆様の応援クリックをこの記事の評価とし、新たな記事の選択に生かしたいと思っておりますので、楽しめた記事、面白かった記事には、
クリックをよろしくお願いします!
備考:カラー カラーヒーリング 癒し 波動 体調回復 緑黄色野菜 自己免疫力 リラックス 酵素 ストレス
by amor1029 | 2004-07-06 08:07 | 色・カラー・アロマ
a0028694_8133.jpg
四季が与えてくれる旬の食べ物を彩り良く豊かな食生活を心がけ、赤・黄・緑・白・黒の五色の食品を1回の食事で摂るようにします。「五色の食事」は視覚的に楽しみながら栄養の偏りを防ぐことができる「食べるカラーヒーリング」です。

活力の『赤』、消化を助ける『黄』、体調を整える『緑』、心身をすっきりさせる『白』、落ち着かせる『黒』とバランスもとれています。

『赤』・・・肉・トマト・イチゴなど見るからに活力を与えてくれます。
『黄』・・・卵の黄身、とうもろこし、レモンなどリラックスされてくれる色です。
『緑」・・・野菜の色、優しい気持ちと自然な食事を大切さを教えてくれる色です。
『白』・・・豆腐・ねぎ・白身の魚など清々しい気分を与える色です。
『黒』・・・暗い紫のプル-ンや暗い茶色の昆布、しいたけ、ごまなどビタミンやミネラルが豊富なものばかりで心の安定をさせてくれます。

('-'*)1日の中でどんな色をどんな時間帯に食べることが望ましいかについて

そこでお勧めしたいのが『虹色食事』です。長波長の赤、オレンジ、黄色は必ず朝食で食べ、昼食には中間的な波長をもつ緑色の野菜を多く食べ、夜には短波長の青や紫の食品や金色の食べ物を意識的に食べることが大切です。

「赤とオレンジと黄色の朝食」・・・活力を得てエネルギースタートするために!
「緑色の昼食」・・・午前中の疲れを取りながらリフレッシュために!
「青と紫と金色の夕食」・・・精神と肉体の休息を取りながら気力と体力を回復させるために!

最後に金色は小麦や粟などの色を食べると良いそうです。また、カリフラワーや豆腐は、すべての色を含むフルスペトルの食事なので毎日食べることを勧めています。同じ白でも「砂糖を除く、白い食品」であることがポイントです。

(*^・ェ・)ノ 五色の食事でもっと元気になろう!

▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
a0028694_15483543.gif皆様の応援クリックをこの記事の評価とし、新たな記事の選択に生かしたいと思っておりますので、楽しめた記事、面白かった記事には、
クリックをよろしくお願いします!
備考:カラー カラーヒーリング 白い食品 砂糖 食事 食事管理 カラーコーディネイト フルスペトル
by amor1029 | 2004-07-06 08:02 | 色・カラー・アロマ
a0028694_135728.jpg
『赤』・・・積極的に行動をしようとする時
積極的な行動にかりたてるアドレナリンの分泌を促進し、交感神経に作用して心身の緊張度を高めるのも、血圧を上昇させるのも『赤』です。「忙しい日」ほど『赤いものを食べたり、身につけたりしましょう。

『ピンク』・・・優しく和やかに過ごしたい時
穏やかで満ちたりた気分をつくり、快感を感じさせるβ-エンドルフィンやドーパーミンが分泌されやすくなる色です。なので病人、子供、疲れた人に『ピンク』が必要です。御見舞いの花にもピンクを、パジャマやシーツ、カーテンなどを『ピンク』にして包んであげるのも介護です。イライラした時はピンクの服に着替え、ピンクの花を見つめましょう。

『オレンジ』・・・明るく行動的に動きたい時
『オレンジ』は見る人も明るく行動的にします。『オレンジ』を身につけた人は明るく積極的なチームのムードメーカーになり、仕事でもリーダーシップを発揮しやすくなります。人見知りを直したい時、食欲不振の時、くよくよしている時、オレンジを食べて、オレンジの服を来て出かけましょう。

『黄』・・・明るく論理的さが必要の時
黄色は視覚的な感度が高まる色、私たちは黄色に注意を向けやすく、黄色の刺激によって脳が活性化されます。黄色を見るだけで思考力、判断力、創造力が高まり、言葉を組み立てやすくなります。結果としてアイデアに溢れ、ユーモアのセンスも冴えてきます。企画書が書けない、アイデアがひらめかない時には黄色の文具がお勧めです。

『緑』・・・穏やかに人とのバランスをうまくとりたい時
緑の多い環境にすると人は穏やかになります。緑色は中間的な波長をもつ色で、人のコンディションを『ニュートラル』に戻す働きがあり、心の均衡を取り戻させる際にも役立ちます。カッカしてしまったら、緑を見て心を静めましょう。落ち込んでしまった時にも緑の服で森や公園を散歩すると心のテンションが上がります。ただし、周囲に緑が多過ぎると誰もの行動がスローになるのでご注意!

『青』・・・静かな心で知的に集中力を高めたい時
短波長の『青』は心身を鎮めます。副交感神経に作用してリラックスさせ、ストレスや疲れを和らげます、このため疲れやすい人ほど青に惹かれ、無意識に『青』を使い疲れを軽減させています。『青』を見ると集中力が高まり、脳波もアルファー波に変わりやすくなり、「りラックスしているのに、集中している」が状態を作りだしやすくなります。

『紺』・・・知的で誠実な行動が必要な時
『青』による倫理的思考と冷静さがつくられ、『ダークグレー』により落ち着きをもたらされるため、ビジネスシーンでは信頼を集めることができます。

『紫』・・・美しさや上品さをかもし出したい時
精神的なストレスを最もよく軽減してくれる色なので最高のヒーリングカラーです。肉体よりも精神に働きをかけ、より理想的に最もバランスのとれた美しさを求めて、生きてゆく事を仕向ける色なので、『紫』を身につけたり、紫のインテリアの中に身をおくと誰でも美しく上品になれます。アーティストやカリスマ指導者にとっては自分のテンションを高めつつ疲れを取り、直観的なインスピレーションを繊細に表現する力を与えてくれる色です。

『白』・・・心身を強く清らかに保ちたい時
心を浄化し、嫌なことを忘れさせる色であり、自分の欲に負けずに目標を達成したい時に白を見つめてください。また『白』はスポーツをする人や忙しく体を動かさなくてはならない仕事をしている人に、体を軽く感じるようにして動かしやすくし、疲れを半減させてくれます。

『黒』・・・威厳と自信を取り戻したい時
『黒』は第三者から見ると自信や威厳がありそうに見えます。実際、自信のない人でも黒を使うことで落ち着き、不安を感じなくなるので、自信ありそうに見せたい時に着るべきです。また刺激が少ない色なので、人を疲れさせません。

(*^・ェ・)ノ 行動やその状況に応じて色を選ぶことが大切です。

▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
a0028694_15483543.gif皆様の応援クリックをこの記事の評価とし、新たな記事の選択に生かしたいと思っておりますので、楽しめた記事、面白かった記事には、
クリックをよろしくお願いします!
備考:カラー カラーヒーリング 癒し ストレス 自信回復 疲労回復 
by amor1029 | 2004-07-06 07:55 | 色・カラー・アロマ
a0028694_0275051.jpg
カラーOリングテストをすることで今、自分に必要としているヒーリングカラーが分かります。例えば、黄色と青色の服が合って、その日にどちらの色を身につければ癒されるのか、コンディションに合った活力が得られるのかが分かるのです。

Oリングテストはとても簡単です。効き手の親指と人差し指と中指の3本でチェックしたい色の服や雑貨をつまみ、力を入れてみるだけなのです。

力を入れていると後からもっと力が沸いて来たり、さらに力が加わる感じがする色が、その日にその人に活力を与えてくれるヒーリングカラーなのです。その色を身につけたり、使うことで気力が充実し、もっている能力を充分に発揮することができます。

また逆さに、いくら力を入れても力がすり抜けていくような色は自分のパワーを体の外に逃がしてしまいます。その色を使うと気力が失われたり、判断力が鈍ったりしますので、会議や商談には使わないようにしてください。

(*^・ェ・)ノ お出かけの前にカラーOリングテストで必要な色を見つけよう!

▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
a0028694_15483543.gif皆様の応援クリックをこの記事の評価とし、新たな記事の選択に生かしたいと思っておりますので、楽しめた記事、面白かった記事には、
クリックをよろしくお願いします!
備考:カラー ヒーリング 癒し Oリングテスト 活力カラー 服装 ヒーリングカラー
by amor1029 | 2004-07-06 07:53 | 色・カラー・アロマ