人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

男性は鈍感と実証される?

男性は鈍感と実証される?_a0028694_9265257.jpg
痛みに関して、男性は女性よりも鈍感であリ、男性ホルモンのテストステロンが痛みを鈍らせることが、今年の2月、米国とベルギーの研究者たちによって発表されました。この研究論文の主著者は、プリンストン大学の動物生理学・行動学者Michaela Hau氏です。(*Hau, M., Dominguez, O. A. & Evrard, H. C. Horm. Behav. doi:10.1016/j.yhbeh.2004 .02.007 (2004). )

Hau氏ら研究チームは、雄のスズメにテストステロンを与えてから、スズメの片方の脚を湯につけ、湯の温度を変えては、痛みに対する反応時間を測定する実験を行ないました。

湯の温度が51度Cよりも低いとスズメの反応には時間がかかリ、もっと高い温度ではスズメは脚をすばやく引っ込め、熱い湯でスズメが苦痛を感じていることが示唆されました。

52度Cの湯では、テストステロンを投与されたスズメは、投与されていないスズメよりも3 倍の時間、脚を湯の中につけたままにしていられました。このことから、テストステロンを投与されたスズメは痛みに対する耐性が高まったことが実証されたのです。

さらに研究チームは、テストステロンの効果を妨げる薬の効果を試しました。この薬を与えられたスズメは、48度Cの湯に脚をつけていられる時間が半分になリ、薬を投与されていないスズメは、48 度Cではほとんど痛みを示さなかったのです。

これらの実験結果を、フロリダ大学で人間の痛みを研究しているRoger Fillingim氏は、「テストステロンと痛みとの関係は人間でも同じかもしれない。テストステロンが、痛みの感度に何らかの影響を、およぼしていることは間違いなく、慢性的に痛みを感じている男性に、テストステロンを補充してやると効果があるかもしれない」とコメントしています。

▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
男性は鈍感と実証される?_a0028694_15483543.gif皆様の応援クリックをこの記事の評価とし、新たな記事の選択に生かしたいと思っておりますので、楽しめた記事、面白かった記事には、
クリックをよろしくお願いします!
備考:鈍感 男性 女性 テストステロン 動物生理学 痛み
by amor1029 | 2004-08-10 09:30 | サイエンス