人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

(続)実はかなり深刻ひじきの無機ひ素問題

(続)実はかなり深刻ひじきの無機ひ素問題_a0028694_23431167.gif
(続)実はかなり深刻ひじきの無機ひ素問題_a0028694_23433226.jpg
英国食品規格庁が発表した日本のひじきの無機ひ素問題(前回ー7月30日に記事を下方に再度載せてますので読んで下さい)は、先日の厚生労働省の発表よりもかなり深刻であり、すでに健康被害をもたらしている可能性もあるそうです。

ひ素に精通している聖マリアンナ医科大学予防医学講座助教授の山内博氏は、「妊娠女性と3歳未満の幼児はヒジキを食べるべきではない」と断言しています。無機ひ素は胎盤を通過し易いので、妊娠女性が摂取すれば速やかに胎児に摂取されることになり、また3歳未満の幼児についても脳血管関門が未成熟なため、ヒジキの摂取が成人とは比較にならないほどの影響を与えしまうと山内助教授は危惧しておられる。その影響とは催奇形性や胎児の脳障害の可能性なのです。

厚生労働省の発表では、体重50kgの人なら、1日当たり4.7g以上を連続して食べなければ、世界保健機関が規定する15μg/kg体重/週(体重50kgでは1日当たり107μg)を超えることはないとしていますが、例えばよく食卓にのる、ヒジキの煮つけ1人前は、乾燥ヒジキを5~15gが用いられ、水に戻すと30~90gくらいになるのです。これは厚労省の基準値0.9gの30~100倍もの分量になってしまうのです。

さらに恐い事には、英国食品基準庁が調査した日本産ヒジキのうち、最も無機ひ素を高濃度に含んでいたものは、水に戻した状態で1kg当たり22.7mgの無機ひ素を含有しており、仮に50gを食べた場合、約1.1mgの無機ひ素を摂取したことになります。これは中国など慢性的なひ素中毒多発地帯に暮らす住民が汚染井戸から1日に摂取するひ素量は匹敵してしまうのです。

では、妊婦や幼児以外はどのくらいのひじきを食べるのなら大丈夫かというと、週1回それも小鉢で1杯程度です。無機ひ素の人間体内での半減期は、およそ28時間なので、連日摂取すれば体内に蓄積してしまうのです。なので数日以上間をあけれることによって、こうした影響を回避できるのです。

(*^・ェ・)ノ 自分の身は自分で守ろう!

▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
(続)実はかなり深刻ひじきの無機ひ素問題_a0028694_15483543.gif皆様の応援クリックをこの記事の評価とし、新たな記事の選択に生かしたいと思っておりますので、楽しめた記事、知って良かった記事には
クリックをよろしくお願いします!


厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/
FAS     http://www.food.gov.uk/news/pressreleases/2004/jul/hijikipr
Medweb  http://medwave.nikkeibp.co.jp/MED/備考: ひじき 無機ひ素 妊婦 催奇形性 英国食品基準庁 世界保健機関
by amor1029 | 2004-08-03 23:43 | 健康