人気ブログランキング |

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

内気な人は外向的な人より短命?

a0028694_73857.jpg
内気な人は外向的な人と比べて短命なのかもしれないとする見解を示した研究をシカゴ大学のSonia CavigelliとMartha McClintock、両研究員によって、2003年に発表された。研究論文によると『新奇恐怖症のラットの寿命が外向的なラットより平均して約3ヶ月短かった』のだ。これは人間に換算すると10年に相当するのである。

新奇恐怖症(新しいもの嫌い)とは、例えば初対面の人と会ったり、部屋に初めて入ることなど生命に危険が及ばない程度の新たな事態にも怖がるのが特徴です。また体内でのグルココルチコイドというストレスホルモンのレベルも高く、約15%の人間の子供にもある症状なのだ。

両研究員は「一生の間、体内のストレスホルモンのレベルが高い状態にあると、命を縮めることになるのかもしれない」と推察している。疲れ果てた労働者が風邪で倒れることがあるように、免疫系は特にストレスに弱いのかもしれない。それは「何らかの形での消耗があるからだ」とCavigelli氏は言う。

人間の場合にも内気な人の寿命が短いかどうかはラット実験の段階なので明らかにはなっておらず、結論を出すのは、まだ早いと両氏も語ってる。また新しいもの嫌いや内気であることはデメリットだけでなく、例えば動物の場合には、命にかかわるような状況を避ける上で役立つとCavigelli氏 は付け加えている。

(*^・ェ・)ノ 内気な人はストレスを発散させる方法を見つけようね!

▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
a0028694_15483543.gif皆様の応援クリックをこの記事の評価とし、新たな記事の選択に生かしたいと思っておりますので、楽しめた記事、面白かった記事には、
クリックをよろしくお願いします!
備考:内気 心理 免疫 寿命 ストレス 新奇恐怖症 ストレスホルモン デメリット メリット ラット ラット実験
by amor1029 | 2004-07-13 07:40 | 心理・深層心理(゚゚;)