人気ブログランキング |

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プーアール茶のリバウンド抑制効果  (*^◇^)_旦~~

a0028694_64411.jpg
食事を減らしてやせても、ちょっとした油断で体重が元に戻る、いわゆる「リバウンド」現象に対して、プーアル茶が抑制効果を持つことが、2004年5月アサヒビールとアサヒ飲料による動物実験から報告されました。  

リバウンドは、運動をしないで食事制限だけでやせると、筋肉が細って基礎的なカロリー消費が減少し、通常の食事量でもカロリーが余るため起こる。そこで脂肪の吸収を抑えるイメージが強い中国茶に着目した。脂質の多い餌で人工的に太らせたマウスに対して、通常の餌に中国茶(プーアル茶、ジャスミン茶、ウーロン茶、混合茶)の粉末を混ぜた餌を36日間与えて比較した。

その結果、ジャスミン茶入りの餌を食べたマウスだけは、いったん減った体重が11日目以降、再び増え始めたが、それ以外の茶粉末入りの餌を食べたマウスは、ほとんど体重が増えなかった。

特に、プーアル茶入りの餌を食べたマウスは順調に体重が減り、太らせた後に通常の餌に切り替えたマウスと比べ平均約8グラム、太らせずに最初から通常の餌を与え続けたマウスに比べると、平均約4グラム軽くなった。この結果で プーアル茶が抑制効果を持つことがわかったのだ。

☆プーアール茶について

プーアール茶の特徴は、後発酵という独自の製造過程にあります。茶葉を高温多湿の場所におき、チーズや納豆などの発酵食品と同様に、空気中の微生物(菌類)により発酵させるのです。この後発酵によりカフェインが減少し、黒麹菌の作用によって茶葉に含まれている抗酸化物質のカテキンが脂肪を分解する成分へと変化します。

この成分は食べた油分を吸着し、脂肪分を体外へ排泄させます。また、血管内の脂肪は脂肪分解酵素リパーゼを活性化させ、皮下脂肪分の分解を促進します。内臓に付いた脂肪を分解するだけでなく、高脂血症や動脈硬化を予防、ダイエット効果も現しています。この他の効能としては、むかつきを抑え、酒の酔いを覚まし、消化を助け体を清めるといった幾多の効能を秘めていると言われています。

プーアール茶の煎れ方はhttp://www.eutonie.net/sell/tea/howto/set/puerire.htm

(*^・ェ・)ノ ダイエット成功後はプーアール茶飲んでスリムな体の維持を!!

▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
a0028694_15483543.gif皆様の応援クリックをこの記事の評価とし、新たな記事の選択に生かしたいと思っておりますので、楽しめた記事、面白かった記事には、
クリックをよろしくお願いします!
備考:お茶 プーアール茶 ダイエット 脂肪分解酵素 リパーゼ 黒麹菌 発酵食品 酒 リバウンド
by amor1029 | 2004-07-08 06:37 | ダイエット