人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!

ガン, 癌, ガン 治療ーペットのガンが急増しているという。犬の死亡の25%はガン。10歳以上の犬だと50%という報告もある。ペットのガンの最新治療とその手術・治療費について。是非読んでね!/ リンパ腫, 骨肉腫, 血管肉腫, 乳腺腫瘍,肥満細胞腫, ボクサー, エアデール, ゴールデンレトリバー,ジャーマンシュパード,スコッティッシュテリア, ボクサー, グレートデン, ラブラドールレトリバー



ペットのガンの急増
最前線の治療とその費用?

ペットのガンが急増しているという。犬の死亡原因の25%はガン。10歳以上だと50%という報告もあるという。
★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!_b0013789_1804770.jpg


犬・猫に多く見られるガンは?

リンパ腫
骨肉腫(こつにくしゅ)
血管肉腫(けっかんにくしゅ)
乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)
肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)




ガンにかかりやすい犬種・猫種とは?

犬種

ボクサー
エアデール
ゴールデンレトリバー
ジャーマンシュパード
スコッティッシュテリア


猫種

シャム系
上記の犬猫を飼っている方は注意が必要であると日本獣医畜産大学鷲巣助教授は語る。




ガンの兆候とは?

しこり、腫れ(はれ)、なかなか治らない傷、皮膚病、慢性的な下痢、便秘、散歩途中で座り込む、はこう(脚を引きずる)、極端な性格の変化がみられる時は専門家の診察を受けるべきだという。



★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!_a0028694_23324448.gif
ガンの発生率と悪性度
同じガンでもメスとオス、犬と猫とでは発生率、悪性度が異なるそうだ。

★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!_b0013789_20204761.jpg

乳腺腫瘍
(にゅうせんしゅよう)

メス犬に多く発生
その半数は良性

オス犬に発生した場合
悪性度が高い

乳腺腫瘍はメス犬に多く発生するが、その半数は良性。発情期を迎える前に避妊手術をすれば、乳腺腫瘍になる確率は減少する。逆にオス犬の乳腺腫瘍は悪性度が高い。


★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!_b0013789_20293886.jpg

猫の乳腺腫瘍は?
80%以上が悪性
その上、再発率は90%以上


猫のガンでは最も多いのが
リンパ系腫瘍

全体の約3分の1
ほとんどが悪性

猫の乳腺腫瘍は80%が悪性で再発率は90%以上だという。猫のガンで最も多いのがリンパ系腫瘍で、全体の約3分の1を占めている。ほとんどが悪性で発生年齢は若年期と7~8歳がピークだそうだ。


★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!_b0013789_2074714.jpg

犬の皮膚に出来る腫瘍で最も多いのが
肥満細胞腫瘍

発生率の高い犬種は

ボクサー
シュナウザー
ボストンテリア
ビーグル老犬
ラブラブドールレトリバー

病名のネーミングから太っている動物というイメージを受けるが、肥満とは関係がない。肥満細胞はアレルギーとの関係の深い細胞で、肥満細胞腫瘍はボクサー、ボストンテリア、ラブラドールレトリバー、シュナウザー、ビーグルの老犬に発生する事が多い。猫もリンパ腫に次いで多く、脾臓(ひぞう)や肝臓などにも転移する。


★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!_b0013789_2026560.jpg

血管肉腫
オス犬に発生率が高い

発生率の高い犬種は?


ジャーマンシェパード
ラブラドールレトリバー
ゴールデンレトリバー

血管肉腫(けっかんにくしゅ)はオス犬に発生率が高く、脾臓(ひぞう)に発生するガンの3分の2を占めている。このガンはジャーマンシェパード、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバーなどに多いのが特徴である。


★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!_b0013789_201293.jpg

骨肉腫
犬の骨に発生する悪性腫瘍の85%
全体の4分の3は四肢(しし)に発生

発生率の高い犬種

セントバーナード
グレートデン
ドーベルマン

骨肉腫は強い痛みを伴う。セントバーナード、グレートデン、ドーベルマンなどの大型犬に多くみられる。



★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!_b0013789_2015726.jpg


手術・治療にかかる費用は?

手術は数万~数十万円
抗がん剤は1回投与2~3万円
放射線治療は1回1~5万円


乳腺腫瘍

手術

リンパ腫

抗がん剤投与の化学療法

肥満細胞腫

手術と放射線治療

骨肉腫

基本的には断脚手術

(手術後の抗がん剤投与で生存日数が
約2倍延びると鷲見助教授は言う)

病院などによって治療費も千差万別だが、手術の場合、数万~数十万が一般的でさうr。抗がん剤は人と同じものを投与する。保険適用外のため、1回の投与で2~3万円かかる。


手術後の治療に数回の投与されることが標準的であるがリンパ腫だけは長期に渡って抗がん剤の投与が推奨(すいしょう)されている。


放射線治療は1回約1~5万、平均でも週5回の4週間、計20回が目安になっている。


★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!_b0013789_2031678.jpg
ペットロスに悩む方は
「Pet Lovers Meeting」

3ヶ月に1回、ミーティングが開かれ、全国からペットをなくした家族がやってくるという。



★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!!_b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

yomiuri weekly 2005.10から

by amor1029 | 2006-01-06 20:45 | 犬 ヘU^ェ^U オテ!