人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

★ファーストフード゙好きの母親の子供はアトピーになりにくい(゚゚;

★ ファーストフードを多く摂取した母から生まれた子供は、摂取しなかった母の子供に比べアトピー性皮膚炎になる頻度が低い可能性が明らかとなった。/ ファーストフード / ファーストフード 歴史 / アメリカン ファーストフード / 世界 ファーストフード/ ファーストフード 危険


ファーストフード゙好きの母親から生まれた
子供はアトピーになりにくい!! 

(medweb)

★ファーストフード゙好きの母親の子供はアトピーになりにくい(゚゚;_b0013789_2184153.jpg


妊娠後期と授乳期に揚げ物やスナック菓子、ファーストフードを多く摂取した母親から生まれた子供は、摂取しなかった母親から生まれた子供に比べアトピー性皮膚炎になる頻度が低い可能性が明らかとなった。


10月22日に盛岡市で開催された日本アレルギー学会の一般口演「疫学」のセッションで、国立成育医療センター研究所免疫アレルギー研究部アレルギー研究室室長の松本健治氏らのグループが発表したものだ。


松本氏らは広島市の全公立小学校2年生の保護者を対象としてアンケート調査を行った。アンケートの配布数は1万1163、有効回答率は89.3%で、うち女児が4776人、男児が4878人であった。


その結果・・・
アトピーの発症頻度が有意に低く
特に4歳以降の発症が少ない!!

その結果、妊娠後期と授乳期に揚げ物やスナック菓子、ファーストフードを多く摂取した母親から生まれた子供は、アトピー性皮膚炎の発症頻度が有意に低く、特に4歳以降の発症が少なかった。


ただし、食物アレルギーや喘息など他のアレルギー疾患には相関は見られなかった。また食べる頻度とアトピー性皮膚炎の間には、妊娠後期での摂取では相関関係はなかったが、授乳期の摂取では食べる頻度が高いとアトピー性皮膚炎を発症しにくい傾向があった。


松本氏はこう推測する・・・

松本氏は、「ファーストフードに含まれる脂質が、それほど悪い過酸化脂質ではないのでは」と分析するとともに、「脂質を摂取したことで子供の皮膚に保護効果を与えているのでは」と推測している。


★ファーストフード゙好きの母親の子供はアトピーになりにくい(゚゚;_a0028694_23324448.gif
◆・・関連記事・・◆
マックドナルド対自家製ポテトとバーガーの腐敗比べ(゚゚;)



(*'-'*) ヨードうがいの意外な結果に続きビックリ!!
ファーストフードを摂るといいこともあるんですねぇ~。
でも食品添加物のことを考えるとどうでしょう?


★ファーストフード゙好きの母親の子供はアトピーになりにくい(゚゚;_b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

by amor1029 | 2005-10-29 09:50 | 医学・医療