人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

☆ヒキガエル / 民間療法⇒本当に効く『がまの蛙の油』(゚゚;)

★ヒキガエル / 民間療法⇒本当に効く『がまの蛙の油』★ヒキガエルの毒には塩酸エピレナミン、ブファリンやデスアセチノールブファタリンなど有効成分が含まれいる。/ ヒキガエル/ ヒキガエル 毒/ アズマ ヒキガエル/ 日本 ヒキガエル



☆ヒキガエル / 民間療法⇒本当に効く『がまの蛙の油』(゚゚;)_a0028694_234318.gif

『がまの油売り』とは?

『がまの油売り』の口上は光誉上人の没後70~80年たった頃、今の茨城県新治郡の百姓が考案し、江戸に広めたということです。


光誉上人の陣中救急薬「陣中膏」がよく効く傷薬として評判になり、上人の顔が「がま蛙」(ヒキガエル)に似ていたので『がまの油』と人々に呼ばれておりました。


その傷薬にはがまの白い毒液は入っており、その効能によりよく効いたのです。



がま蛙の毒の有効成分
塩酸エピレナミン
ブファリン
デスアセチノールブファタリン

中国では、がま蛙(ヒキガエル)の毒液は『せんそ』と呼ばれ、昔から強心剤して使われ、民間薬用として重用されたのだそうです。


ヒキガエルの毒には血管収縮作用のある塩酸エピレナミン、コカインの90倍の麻酔作用のあるブファリンや強心作用のあるデスアセチノールブファタリンなど有効成分が含まれていたので効いたのです。



(*^・ェ・)ノ あなどるなかれ、がまの油!


☆ヒキガエル / 民間療法⇒本当に効く『がまの蛙の油』(゚゚;)_b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

by amor1029 | 2004-06-17 08:06 | 亀・蛙・カニ・両性類