人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?

★【【4記事+写真+3動画あり】】:「心霊現象は解明できるか?」心霊現象は精神医学・脳科学で解明できるのでしょうか?・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:心霊 写真, 心霊 画像, 心霊 動画, 心霊 現象, 脳科学, 精神医学, 解離性障害, 統合失調症


★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_c0075492_235869.gif


★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_7103692.jpg
(スマトラ沖大地震後にタイで撮られた写真)

「心霊現象」
に潜む心の病気 

2011.8.28
excite

「蒸し暑い夏の夜は、怖い話で盛り上がりたい」という怪談好きの人は、時代や年代を問わずいるようです。上手な語り手にかかれば、恐怖や興奮でスリリングなひとときを楽しめるかもしれません。

心霊現象が純粋に超常現象として存在するのかどうかはわかりません。幽霊やお化けは、一般的に非科学的な現象として扱われています。場や人をわきまえずに、「幽霊が出た」と取り乱してしまったら、怪訝な顔をされてしまうかもしれません。幻聴や幻覚など、場合によっては、その人自身のきちんとした治療が望ましい場合もあるでしょう。ここでは、ひと夏の怖い体験ではすまない、心霊現象に関連する心の病気について解説します。


★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_9205259.gif心霊現象の大部分は、ただの錯覚?

例えば子供のころ、窓の外で何かが動いたのを見て、「お化けが出た」と騒いでしまったことはありませんか? 「そんなのは怖くもなんともない。オヤジが怒ったときが一番怖かった」と茶化せる人は、心霊現象には無縁かもしれませんが、風に吹かれた木の枝や見慣れない鳥、吹き上げられたゴミなどを、子供が幽霊と勘違いして怖がることは珍しいことではないでしょう。

大人が訴える心霊現象も、実際はこうした錯覚の延長であることが大部分ではないかと思います。錯覚とは、視覚、聴覚、嗅覚など、体の知覚器官が受けた何らかの刺激を、脳が別のものと勘違いして認識しまう現象です。

 空腹時に人の頭がスイカなどの食べ物に見えたとしたら、それは錯覚かもしれません。ただ、落ちけばすぐに正しい認識ができる「錯覚」ではなく、もう少し重度な「幻覚」となると、脳内環境に深刻な問題が生じている可能性が出てきます。


★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_9205259.gif幽霊が見えた? 心霊現象にも似た幻覚症状

幻覚は錯覚よりも深刻な精神症状です。幻覚には見えないはずのものが見える「幻視」、聞こえないはずのない声が聞こえてくる「幻聴」などがあります。もしも、お盆の夜に数年前に亡くなった故人が現われたら……? まさしく故人の霊が現われたことになり、心霊現象として語られるでしょう。

しかし、こうした心霊現象も精神医学的な解釈は可能です。脳内環境、特に脳内神経伝達物質のドーパミンの働きに問題が生じたために、知覚に異常が生じ幻を見てしまうわけです。

幻覚は心の病気の代表的症状。統合失調症などでよく見られますが、脳内に腫瘍などの器質的病変がある場合にも生じます。日常的にも寝入りばなのように、覚醒レベルが低下しているときには何かの声が聞こえてくることがあります。


★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_9205259.gif霊に取りつかれた……心霊現象にも似た解離性障害

憑依現象はホラー映画などでもよく描かれます。かわいらしい少女が急に不気味な表情になり、恐ろしい言葉を口走るようになったら……。「悪霊が取りついた」と表現されるいわゆる憑依現象は、精神医学的には「解離性障害」の範疇に入ります。

解離性障害の「解離」とは、日常的にも軽度なものが見られます。例えば、ボーッとしているときに背中を誰かにたたかれて、ハッと我にかえるような状態は誰にでもあるでしょう。このボーッとしている状態が解離です。解離の程度が大きくなると、病的な症状が出現するようになります。記憶のない時間が現われたり、俗にいう多重人格を発症することもあります。

憑依現象も心が病的に解離した結果だと解釈できます。悪霊に取りつかれたような行動をとる問題については、「憑依という現象がある」という知識が深層心理に働きかけているためと考えられます。

例えば、キツネつきなど動物の霊がつくと信じられている地域では、その文化的背景があるために実際に動物の霊がついてしまったような症状が出る人がいるのです。「キツネつき」を知らない人が「キツネつき」のような行動をとることは、精神医学的には考えにくいと思います。

憑依現象はまれなことだと思いますが、万が一起きてしまった場合は、すぐに精神科(神経科)へご相談ください。




★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_4271834.jpg

心霊現象はなぜ起きるのか?
脳科学で解明する 

2010.5.22
karapaia

普段は決してみることができない怪しい物体、光、そして音など、心霊現象と呼ばれるものはどうして起きるのか?脳科学や視覚により説明している記事があったので見てみることにしようそうしよう。


★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_9205259.gif「心霊写真」が出来上がる理由とは?

科学ライターの久我羅内氏によると、主に夜間、青白いものがボワっと見えてしまうのは、『プルキンエ現象』の一種なのだという。

幽霊がよく目撃されるという夕暮れ時や夜間、人の目は特殊な働きをする。視細胞には『錐体細胞(すいたいさいぼう)』と『桿体細胞(かんたいさいぼう)』があり、錐体細胞は明るいときに赤色の感度が上がり、桿体細胞は暗くなると青色の感度が上がる。つまり、黄昏時は錐体細胞の感度が鈍るため、赤は黒ずんで見えにくくなり、桿体細胞は感度が上がり青がよく見えるというのだ。

トンネルの中で車のフロントガラスに幽霊を見たというのは、この現象により、普通の人の顔が青白く見えているカラクリだ。


★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_4204337.jpg


また、自分では見たと思っていても、それが脳内で勝手に作り上げられた偽装情報である場合もあるという。これは、『輪郭誘導現象』、あるいは『シミュラクラ現象(類像現象)』と呼ばれるもので、三つ染みがあれば人の顔に見えてしまうという人間の特性みたいなもの。

壁のシミが浮かび上がってきて人のように見えたり、樹木の肌が人の顔に見える心霊写真などは、この現象によって引き起こされていることが多いのだそうだ。

また、最近の脳科学の研究によると、「心霊現象」は、磁気が関係しているという。磁気が脳にある影響を及ぼしているというのだ。


★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_9205259.gif心霊現象はなぜ起きるか?

上記サイトによると、カナダ・パーシンガー博士の研究結果で、、「人間はある種の磁気刺激により幻覚を体験することがある」ということが判明したという。

人間の脳が、磁気を受けると側頭葉の「ニューロン」が活性化し過去の記憶が無作為に呼び起こされ、実際にはその場に存在しない映像や音などが、あたかも体験しているかのように感じてしまうことがあるのだというのだ。

例えば人影を見たという現象であれば、脳へ磁気を照射することにより幻覚や記憶の中の人影を、あたかも実際に見たかのように錯覚する現象が起きるのである。

それは磁気の強い場所では顕著に現れるのだそうで、例えば墓地など、心霊現象が良く見られるスポットでは、「墓石」に含まれる「花崗岩」が何らかの現象によって強力な磁界を帯びてしまい、人間の「脳」に影響を与えている可能性が極めて高いのだそうだ。

ということで、割と身近な存在であるかもしれない心霊現象や怪奇現象なんだけど、脳のいたずらであると解決するには、まだ早計である場合もあるわけで、例えば同時に2人以上がまるで同じものを同じ時に見てしまったり心の中で思っていた言葉を不意に誰かに言われたり、昨日見た夢が現実になっていたりとか、まだまだ謎の部分が多いのが人間であり脳であるかもしれないんだ。






★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_6515494.jpg

「怪談・心霊現象」
を解明する 

中村希明

athome


★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_9205259.gif「金縛り」は入眠直後のレム期に起こる

──「心理学」とひと口に言っても非常に範囲が広いと思います。先生のご専門はどういう分野ですか。

中村:おっしゃる通り、心理学というのは、神経生理といわれる分野から精神分析の分野まで幅の広い学問です。私はもともと、脳波を記録する神経生理の方から入りまして、テンカンの診療などを行なっていました。その後180度転向して精神分析を学ぶようになりました。


──「神経生理」というのは自然科学的な分野で、心理学の中でもハードの部分と言えますね。

中村:そうですね。若い学生さんなんかは「心理学」というと人文科学の精神分析などをイメージしているようで、実際に科目をとってみてがっかりする。千葉大学の望月衛教授は皮肉混じりに「心理学という学問は知らない前には親しみを、知ってからは当惑を与える学問である」と言っていますが、まさに複雑・広範な学問であるわけです。


──ところで先生は、神経生理学的な見方から怪談や心霊現象等がある程度解明できる、証明できるとおっしゃっていますね。

中村:ええ。かなりのものが神経生理学的に説明できるようになってきています。


──今日はその辺のお話をお聞きしたいと思います。例えば「金縛りにあった」とよく聞きますが・・・。

中村:旅行なんかに行ってなかなか眠れない、うなされる、身体を動かそうとしても動けない、叫ぼうとしても声が出ない、というような状態のことですね。これはもうかなり細かくはっきり分ってきています。


──分りやすく説明していただけますか。

中村:まず、人間には睡眠のリズムを調整している「体内時計」というものがありまして、たとえ真っ暗なトンネルの中で生活していても、夜になればだいたい決った時間に眠気が来て朝方には覚醒するようになっています。つまり睡眠は、この体内時計の内部リズムと、昼夜の明暗がつくる外部リズムとの調整によって正確に維持されているわけです。

「レム期」という言葉をお聞きになったことがあると思いますが、正常な状態での睡眠では、入眠してから90分以後にレム期が現れ、ノンレム期とレム期を何度か繰り返すわけです。また、明け方になるにつれレム期の持続時間は長くなります。


──「レム期」というのは、どういう状態を言うんでしょう。

中村:レム(REM)というのは「Rapid Eye Movement」の頭文字をとった言葉です。レム期には、言葉の通り「急激な眼球運動」が起こり、同時に筋緊張が落ち、心臓の鼓動が高まり、呼吸曲線が乱れるなどの複雑な自律神経系の変化が起こるんです。夢はこのレム期に見ているということが実験等で明確になっています。

普通、このレム期というのは、入眠して90分以上たたないと来ない、つまり寝入りばなには来ません。しかし、海外旅行や出張などで時差があったり、夜ふかし・朝寝型の生活をしていたり、また寝苦しい夏など、レムの出現しやすい朝方に就寝すると、いきなりレムが現れることがあります。これをS・O・REM(スリープ・オンセット・レム=入眠直後に現れるレム期)と言いまして、先ほど申しましたように、筋緊張は極端に落ちてコントロールはきかないのですが、意識の方はまだ完全に寝入ってませんから「金縛り」の状態になるわけです。



★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_9205259.gif科学では解明できない、乃木将軍の体験

──金縛りの時、幽霊を見たという人もいますが・・・。

中村:睡眠リズムの乱れに過労や不安、緊張、恐怖心等が加わって、幻覚を見るものと思われます。


──なるほど。分ってくるとほっとしますね。

中村:ところが、ちょっと例外もあるんです。これはあの有名な乃木将軍が体験した話ですが、彼がまだ二十代の頃金沢に出張をしたのだそうです。その時宿泊したのが、当時としては珍しい木造3階建ての旧家で、見晴らしがいいだろうと思い、老女中に3階に床をとるよう命じたのですが、なぜか2階にしかとらない。たぶんふとんを引っ張り上げるのが面倒臭いからやらないんだろうと思い、ある晩強く命じたら、女中はしぶしぶ3階に床をとったんですが、乃木将軍が寝ようと思うと何者かが部屋に入って来る気配がするんだそうです。

女の人の声がして蚊帳の上から将軍の耳のあたりに顔を近づけようとするので、はね起きて見ると誰もいない。また寝つこうとすると同じ事が起こり、一晩中眠れなかった。次の晩もそうだった。そしてその次の晩になると、何も言わないのに女中が2階に床をとり「3階ではお休みになれないようですから2階にとりました」と見透かしたような顔をして言ったそうです。その時は、不思議なこともあるものだと思って、特にいわくを尋ねたりもしなかったのだけれど、ずっと後になって、例の3階の部屋が、先代の頃不義を働いた妾を柱にくくり付けて干ぼしにして殺した部屋であるとわかったそうです。

この話の場合、乃木将軍は事前にこの宿にまつわる話を全く知らなかったわけですから、度胸試しに「開かずの間」に泊まるような予期不安はなかったわけですし、また旅先の睡眠の乱れからS・O・REMを起こしたものと解釈しようとしても、2階では何でもないのに、なぜ3階だけで2晩続けて起こったのかが、説明できないんです。

──必ずしも科学だけで解明できない部分もあるということですね。



★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_9205259.gif刺激の少ない運転が招く「高速道路催眠現象」

──そうすると、よく車を運転していてトンネルで幽霊を見たとか聞きますが、ああいうのは何なんでしょう。

中村:「高速道路催眠現象(ハイウェイ・ヒプノーシス)」と言えると思います。これは、車という狭い空間に一人閉じ込められて行動が制限される環境で、行けども行けども変化のないハイウェイの景色が目の前に展開する、という視覚刺激の単調さが長時間繰り返されるような環境で起こるのです。ハンドル操作のまったくいらない、だだっ広いハイウェイを運転していると、その単調さ、刺激の少なさからドライバーは眠気を催してくる。

そのまま運転を続けていると、人間の大脳は慣性化(慣れ)を起こして、入力する感覚刺激量の低下を招き、大脳を覚醒状態に保っておくことが次第に困難になってくる。次第に注意力が低下し、意識できる範囲が狭まる。方向や時間の感覚が失われて夢の中にいるような感じになり、頭の中にはしきりに空想がわき上がり、それが現実のイメージとなって鮮やかに見えてくる、といった特異な精神状態、一種の催眠状態に陥る。そして幻覚、すなわち幽霊を見るというわけです。これがさらに進むと、ドライバーはついに睡魔に負けて眠り込み大事故を起こすのです。


──幽霊が幻覚だとして、何で出てくるのはいつも若い女性なんでしょう。

中村:そこだけは分らないんですが、同じ見るなら年寄りより若い女性の方がいい、という願望かもしれませんね。(笑)



★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_9205259.gif濃霧の幻覚の中でひき逃げをしてしまった医師

中村:この高速道路催眠現象では怖い話がありまして、20年くらい前にK氏という婦人科医が自身の体験をある医師会誌に投稿しているんです。ダッジの出物を100万円で買ったK氏は、ある朝早くその車で往診に出かけます。K氏の文によれば「ごたごたした町中を出て野原の真中をまっすぐに突き抜けているバイパスを走っていった。

途中は対向車1台だけというすいた道で、この世はまるで私のためだけにあるような朝であった。しばらく行くと急に霧が立ちこめだし、みるみる濃くなって視界が10メートルくらいになってしまった。速度を落として走って行くとやがてその霧も晴れ、再びもとの清々しい朝に返った」というストーリーなんですが、実はK氏はこの間に農婦をはねている。

──本人は気付いてないんですか。

中村:そうなんです。しかし、目撃者もおり、車にも血痕、凹みなど証拠が残っていたわけで、結局は本人もひき逃げを認めざるを得なかったんです。

──これも高速道路催眠現象というわけですね。

中村:ええ。どういうことかと申しますと、まず、早朝まだ身体が完全な覚醒状態になっていない時に対向車もないまっすぐな道を走っていたため、感覚刺激量の低下から意識水準の低下が進んでいった。「霧が立ちこめだし、すぐ濃霧になってしまった」というのは、すでにこの時催眠状態に陥っていたのです。ちなみにその朝はこの地域では霧は発生していない。

「速度を落として走っていたら、霧が晴れてきた」というくだりは、まさに眠りに入る寸前、道路にいた農婦をはねた衝撃で「再びもとの清々しい朝に返った」、すなわちK氏の意識が次第にはっきりとしたということにほかなりません。車が重量の重い外車だったこともあり、衝突のショックも比較的軽くて事故を認識できなかったんです。

──不幸な事故ですね。

先生はそういう事例も含めて怪談や心霊現象なんかをたくさん収集・研究していらっしゃると思うんですが、やはり疲れ、寝不足の人にそうした体験が多いんでしょうか。

中村:そうですね。やはり過労、不規則な生活、飲み過ぎなどが原因でしょうね。芸能人がわりと金縛りにあうのも当然なことで、夜ふかし、朝寝の不規則な生活、それに旅も多いですからね。12時頃までに寝れば、まあだいたい大丈夫ですよ。お酒もある程度は気分転換とか、頭休めになりますけど、度が過ぎれば精神的にも肉体的にも有害です。

──分りました。気をつけます(笑)。本日は楽しいお話をありがとうございました。






★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_a0028694_640323.jpg

イギリスの博物館で
撮影された幽霊の姿 

2009.5.20
10e

こちらの写真はイギリスのグロースターシャーのバークレーってところにあるEdward Jenner博物館ってところで撮影されたもので、撮影したのはBBCのジャーナリストの30歳のSandysさんって人。

彼は「それ(幽霊)は戸口に見える謎の光の姿です。日光やチリなどが原因ではないと確信しています。私は再びドアの中を確認しましたが、何も見ることは出来ませんでした。」っと話しているそうです。

更に彼は「自分はBBCの一員として写真に手をくわえる勇気はありません。そんなことをしたら仕事を失ってしまいます。」っと言っており、写真に何らかの改竄などは一切していないそうです。

この博物館の責任者であるSarah Parkerさんはとてもこの写真に驚いており、この博物館の屋根裏部屋には19~20世紀にかけて描いたと思われる軍人さんが描いた落書きがあるそうで、それはこの博物館の元のあるじであったジェンナー博士の使用人の1人であったと思われているそうです。
博物館の人も内心は幽霊の存在について考えることがあったそうですが、今回の写真は再びそのことを考える必要があるでしょうとのこと。

この写真もその屋根裏部屋で撮影されたもので、この場所は一般には公開されていない場所らしい。
博物館はEdward Jenner博士専門の博物館で、1785~1823年にここに住んでいたそうです。この人は天然痘ワクチン接種の世界的開拓に貢献した科学者なんだそうです。この幽霊が誰なのか?ってのはわからないようです。




















★【【写真・動画あり】】:心霊現象は科学で解明できるか?_b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事

by amor1029 | 2011-08-29 07:58 | 神秘・オカルト・心霊