人気ブログランキング |

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

★【高速鉄道事故】:中国政府の報道規制・弾圧・やらせ?  

★【【写真+動画あり】】:中国政府はメディア封じに躍起、報道規制・弾圧・やらせまで?ついには有力紙が中国当局に「くそったれ」との罵り記事を掲載・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:中国 言論統制, 中国 報道規制, 中国政府 弾圧


a0028694_18285976.jpg

中国当局に「くそったれ」
鉄道事故めぐり中国紙 

2011.8.2
excite

【香港共同】中国浙江省の高速鉄道事故で、広東省の有力紙、南方都市報は7月31日付の紙面で当局を「くそったれ」とののしる記事を掲載した。

当局が事故をめぐり報道規制を強める中での同紙の記事に、ネット上では称賛の声が相次いでいる。記事は「このような悲惨な事故と、鉄道省のひどい処理に対しては、次の言葉しか思い付かない―『くそったれ』」と罵倒。ネットユーザーら6人の「人命をないがしろにする態度は許せない」などの声を紹介した。

当局は29日夜、中国各メディアに「プラス面や公式発表を伝えること以外の報道は認められない」と通知。多くの新聞が記事をボツにした。







中国
鉄道事故で報道規制強化
怒りの記者、ネットで暴露 

2011.7.31
47news


【香港共同】中国浙江省温州市の高速鉄道事故で、中国当局が7月29日夜、中国メディアに対し「公式発表以外、報じてはならない」などとして報道規制を強化する通知を発したことが分かった。31日付の香港各紙が報じた。

これにより、中国各紙は急きょ、30日付の記事を差し替えたりボツにするなどの処理に追われ、腹に据えかねた記者や編集に当たるデスクが元の記事や通知文を短文投稿サイト、ツイッターの中国版「微博(ウェイボ)」で公開したという。

通知は「事故後、国内外の世論は複雑になってきており、新聞、雑誌、ニュースサイトなどは沈静化に努めなければならない」との内容。








中国国営テレビ・女性キャスターの
「涙で政府批判」やらせ? 

2011.7.29
j-cast

中国高速鉄道事故の対応をめぐり国内外から批判が噴出しているなかで、中国メディアにも変化が現われている。共産党や政府の方針を伝えることが多く、党や政府のノドとか舌といわれている国営テレビの中国中央テレビで26日(2011年7月)、女性キャスターが声を詰まらせ涙ながらに異例の政府批判をしたのだ。

a0028694_9205259.gif高速鉄道事故「発展の意味見直せ」

女性キャスターは事故について、「こんな危険なシステムがなぜ運行できるのか。発展の目的と意味を見直すことを期待したい」と話し始めた。そして、2歳の女児が救助活動を打ち切ったあとに発見されたことに触れ、「鉄道省は奇跡と言いましたけど、彼女にとって耐えられない災難です。政府の長期保障制度を期待したい」と涙を流しながら訴えた。


奥田進一・拓殖大政経学部准教授はこう話す。

「これまで無表情だったアナウンサーが、アドリブで感情表現したということは、共産党のコントロールがついに及ばなくなったということではないでしょうか。そのくらい感じてもいいくらい衝撃的事件だった。インターネット上の世論を受けて、報道スタイルを変化させている。マスコミが本来の意味のマスコミになろうとしているのでしょう」

ちょっと過大評価ではないか。はたしてアドリブなのか、本来の意味のマスコミになろうとしているのか、これだけで判断するのは早すぎる。


奥田進一・拓殖大政経学部准教授はこう話す。

「これまで無表情だったアナウンサーが、アドリブで感情表現したということは、共産党のコントロールがついに及ばなくなったということではないでしょうか。そのくらい感じてもいいくらい衝撃的事件だった。インターネット上の世論を受けて、報道スタイルを変化させている。マスコミが本来の意味のマスコミになろうとしているのでしょう」

ちょっと過大評価ではないか。はたしてアドリブなのか、本来の意味のマスコミになろうとしているのか、これだけで判断するのは早すぎる。



a0028694_9205259.gif党中央が狙う「鉄道省に責任押しつけ」

毎日新聞論説副委員長の与良正男は「政府機関を批判するのは異例かもしれないが、彼女の判断だけではできないこと。気になるのは、(事故責任で)鉄道省をかなり強調しており、党中枢ではないというのが透けて見えません?」と慎重な見方をする。

中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰は、「今回、党中枢の価値観と地方政府や鉄道省とは違うことを示す必要が生じて、地方政府や鉄道省のワルを罰したいという構図が見える」という。さらに、富坂は「秋後算帳」という言葉を解説した。

「秋は祭りで、算帳は清算のこと。つまり、祭り最中は火に油を注ぐことをせず、祭りの後、世間の関心が冷めた時にもう1度、失地回復を図る中国式の動きが出てくる」
聞いていた司会のみのもんたが、「この女性キャスターも粛清されちゃうかも。1か月後に電話してみたら」







a0028694_18211938.jpg

高速鉄道事故で
外国メディアが中国叩きに躍起 

2011.7.29
japanese.china


中国概念株に続き、中国の高速鉄道も海外からの批判の的となっている。甬温線(浙江省寧波市-温州市)で23日に発生した高速列車追突事故を受け、英フィナンシャル・タイムズ紙、米ブルームバーグ社、韓国の東亜日報を含む海外メディアが、中国の高速鉄道輸出に対して懸念を表明している。国際金融報が報じた。

アナリストは「発生した事故を忘れてはならないが、西側諸国による高速鉄道批判の真の目的をおろそかにしてはならない。これにより中国に圧力をかけ、中国経済の発展を抑制する狙いがある。ゆえに、関連部門は中国高速鉄道の発展ペースを公正・理性的に見極めなければならないが、海外の非難に対しても警戒を強める必要がある」と指摘した。


a0028694_9205259.gif中国の高速鉄道を批判

米ブルームバーグ社は日系某社の総裁の言葉を引き、「中国は高速鉄道を売り込むチャンスが消えた。彼らが自信を取り戻すことは不可能だろう」と称した。米国および一部の投資銀行は以前から、中国の高速鉄道の発展ペースに対して疑問を表明しており、日本にいたっては中国が新幹線技術を「盗んだ」とする論調であった。

韓国もこのほど、中国高速鉄道をおとしめる報道をした。東亜日報は社説で、「一筋の稲光が、中国の発展をどん底に突き落とした」と称した。また海外メディアの報道によると、日・独・仏等の国家は、タイ及びロシア等の高速鉄道市場の競争から、中国を追い出そうとしているという。

高速鉄道に関する「批判」は、さらに多岐に渡っている。クレディ・スイス証券は「23日の高速列車追突事故、京滬高速鉄道の度重なる故障は短期的に、新鉄道の沿線都市に対する投資意欲に影響するだろう」とする報告を発表した。

資本市場において中国概念株が空売りされ株価が急落し、A株市場にも影響が波及し、投資家の損失を招いた。27日の情報によると、高速鉄道概念株がIPO(新規株式公開)で高額をつけ続ける可能性はほぼなくなり、すでに出回っている高速鉄道概念株の見通しも暗いという。



a0028694_9205259.gif真の狙いは中国叩き

私募に詳しい孫偉強氏は、西側諸国の上述した「批判」の背後には、明らかな利益目的が存在すると指摘した。「ドイツの高速鉄道、米国ボーイング、欧州エアバスでも重大事故が生じているが、今回の中国高速鉄道事故はとりわけ世界的な注目を集めている。

また今回の事故は高速鉄道ではなく”動車”(時速200~250キロで走行する在来線の高速列車。国際基準では、営業最高速度が250キロを超えると高速鉄道と定義される)で生じたが、西側メディアは高速鉄道の一点張りだ」。

同氏はまた、「真の目的は、中国叩きにより高速鉄道の輸出を牽制することにあるのかもしれない。実際、中国の高速鉄道には優秀な点も存在する。軌道スラブ、鉄道橋、機体、コントロール等のシステムは、世界的にも高い水準に達している」と続けた。

中国高速鉄道の、世界レール交通建設市場におけるシェアが、年々高まりつつある。中国南車の年次報告によると、同社の2008年-2010年の世界市場における営業収入は年平均51%増となり、2010年の営業収入は44億8600万元(約5600億円)に達し、世界全体の7.22%を占めた。中国南車は現在、サウジアラビアのメッカ巡礼用地下鉄、タイのBTS地下鉄、香港の地下鉄、イランのマシャド高架鉄道等の5つのプロジェクトに関して、試作を完了している。

中国鉄道省が公開したデータによると、2010年末現在、中国の鉄道関連企業が海外で請け負った鉄道工事契約金額は260億ドル(約2兆700億円)に達した。鉄道技術設備は、アジア、アフリカ、オセアニア、アメリカ大陸の30を超える国と地域に輸出されている。これらの成績は多くの鉄道先進国を上回るものだ。

孫偉強氏は、「中国の高速鉄道は豊富な資金力を持っている。日増しに高まる中国の金融面の実力もまた、高速鉄道の輸出を力強く下支えしている。米国カリフォルニア州の高速鉄道工事に関して言えば、中国高速鉄道のコスト優勢がないがしろにされた場合、独・仏・日・韓等の競争相手は同プロジェクトに対して巨額の資金を融資できなければ、契約締結が困難となる」と指摘した。








a0028694_18184968.jpg

016.gif
中国の人権問題
(wikipedia)

中国の人権問題(ちゅうごくのじんけんもんだい)では、中華人民共和国における人権問題について説明する。中華人民共和国は中国共産党による一党独裁制国家であり、中国人民解放軍も党の軍隊である。そのため党にとって好ましくない人物の人権は、軍隊まで動員されて蹂躙されている。特に近年は、中国の急速な経済発展とともに人権の保護を求める国民と政府との間の紛争が各地で急増している(以下、特記なき場合は「中国」とは中華人民共和国を指す)。



a0028694_9205259.gif言論の自由、報道の自由

072.gif「言論の自由」および「報道の自由」も参照

中国の報道機関としては、新華社通信、『人民日報』、中国中央電視台などが世界的に知られているが、改革開放以後、新聞はタブロイド紙が爆発的に増え、テレビは地方局が多数開設された(キー局は中央電視台だけである)。

そのため、御用報道機関である上記の3大報道機関の影響力は相対的に低下している。しかし、新興報道機関は中小多数で熾烈な報道合戦を展開しているため大衆の好奇心を刺激するような論評で大衆の関心の高い事柄を報道するが、そのうち政府への批判的な報道は当局から「整頓」と呼ばれる修正を命じられることが多い。

このため、「上と下を見つつ報道」しているといわれている。また、体制批判ができないためその矛先を日本を始めとする外国に対する批判に向けているともいわれている。中国政府は検閲による情報操作(香港・マカオは除く)を行っており、政府にとって不利益があると認識した報道を規制している。検閲システム(金盾)を利用しウェブページで、反政府や同盟国の朝鮮民主主義人民共和国を中傷するページを閉鎖、または回線を切断させたりしていることがある。

2004年11月には検閲されていない違法なインターネットカフェ1600店あまりを摘発し、更にはネット上で政府を非難する自国人を逮捕しメールの文章も検閲内容として規制されている。GoogleやYahoo!、Microsoftなどの企業も政府の検閲に協力している。こうした企業に対しては、人権団体や国際的に多くの人々が、中国国内での言論の自由を奪っていると非難している。

こうしたネット文化の進展にともない、中国政府はネット規制システム金盾をバージョンアップさせた。非常に巧妙化されたシステムであり、一見、巧妙に規制されているとは考えづらい構成となっている。その一方で、そうした検閲、規制を回避するためのシステムも一部で配布されているとみられ、傲游などがその典型である。

そのことがあってか、中国の農村の民衆は、諸外国が政府に対してどのような見解を持っているか把握出来ない状況となっている。しかし、ネットやメディアが発展した都会では、諸外国からの批判を見ることがある程度できるようになっている。

2006年6月、中国のインターネット人口は1億2300万人に達した。諸外国からの批判に接した都会の人々の反応は様々である。諸外国の批判に同調するケースもあれば、逆に愛国心に火をつけられるケースもある。

2004年には韓国人の議員らが脱北者に関する記者会見を中国国内で行おうとした際、中国政府により強引に記者会見を解散させられることがあった。諸外国の報道機関は、中国政府に対して「報道の自由が保証されていない」として非難しているが、中国政府は「これが中国の文化である」と主張している。しかし現在は中華民国においてはこの様な言論、報道弾圧は行われていないことから、この様な姿勢については世界各国から非難が寄せられている。

反日活動(さらに、チベット問題や北京五輪に対するフランスの姿勢に抗議する2008年の反仏運動や、1999年の中国大使館誤爆事件の際の反米運動)など中国人の民族主義・排外主義的な活動への中国政府の関与については見解が別れる。西側諸国においては中国政府が情報操作、もしくは一時的に故意に報道管制や言論の自由を緩めることで「排外活動を事実上行わせている」との見解が多い。

こうした中国政府による検閲での情報操作は日中間の「歴史教育問題」にも大きな影響を与えていると言われる。この見解とは逆に、中国政府が日中関係への影響や国際的イメージの悪化を懸念し、反日活動の過激化を扱いかねているとの見解もある。

そういった意味では、民間における反日活動は、社会に不満があっても政府を公然と批判できない民衆の不満が溜まっているところに、過剰な反日的報道が日本に不満を向けさせている結果であり、中国政府はその暴発については懸念を抱いていると言える。

現在においても中国政府は取り締まりを日々強化しており、毛沢東や鄧小平の時代のような報道規制・情報規制、言論統制を目指していると見られている。

2011年6月、天安門事件から22年になるのを前に、王丹は讀賣新聞のインタビューに応じ、「民主化、人権を巡る状況は、天安門事件当時より悪い。事件以前、政府批判や民主化、人権の議論が出来た。いまや人々は当局の弾圧を恐れて何も出来ず、何も言えない」と語っている[3]。


a0028694_9205259.gif表現の自由


072.gif「表現の自由」も参照


中国政府批判や北朝鮮批判の本も取り締まりの対象となる。(ユンチアンの書籍(ワイルドスワン、マオ)が発売されていないのはそのため)さらにオカルトも日本の作品(例:DEATH NOTE)も含めて規制の対象となっている。


a0028694_9205259.gif信仰の自由

072.gif「信仰の自由」も参照

憲法には「公民は宗教信仰の自由を持つ」と規定されている。ただし、共産党の指導に従わないものは邪教となり当局に弾圧される上、未成年者への宗教教育は禁止されており、チベット仏教、キリスト教やその「地下教会」、新興気功集団「法輪功」などの弾圧事件はよく報道されている。 特に文化大革命の時期には宗教が徹底的に否定され、教会や寺院・宗教的な文化財が破壊された。チベットでは仏像が溶かされたり僧侶が投獄・殺害されたりしたと言われる。

中国共産党は「三自愛国委員会」を通じて全国の宗教団体を統制し、これらの宗教団体の「長」の任命は党の認可が必要であり、現在多くの宗教団体のトップが党員である。



072.gifチベット仏教
チベット仏教は文化大革命の時期に徹底的な弾圧を受けた。現在ではかなり復興したとはいえ、まだ最盛期の頃の状態にはほど遠い。

また、現在も中国政府の抑圧は続いている。僧院には中華人民共和国当局の「工作隊」が駐在し、強制的に僧や尼僧に政治的・宗教的信念の「愛国再教育」を行っている。1996年から1998年の間に、中華人民共和国当局による「厳打」キャンペーンにより約500名の僧尼が逮捕され、約1万人が僧籍を剥奪されたと言われる。

2008年には、中国チベット自治区のラサにて、抑圧されている怒りからチベット人の暴動が起きたが、中国政府によって弾圧された。チベット亡命政府によると確認されただけで死者は少なくとも80人はいると発表された。それと同時に世界各国の中国大使館前では中国政府への抗議活動が繰り広げられた。


072.gifキリスト教
「中国のキリスト教」も参照

キリスト教の内、カトリック系の中国天主教愛国会は、1958年からは本来ローマ教皇だけに認められている司教ら聖職者任命を独自に行っている。信徒は350万人。 聖職者が4000人、教会・礼拝堂が4600余カ所といわれる。プロテスタントは、信徒は約1000万人、聖職者が1万8000人おり、教会堂が1万2000カ所、簡素な宗教活動の場所(会所)が2万5000カ所ある。

上記は中国政府の統制下にある教会で登録しているキリスト教徒であるが、その他に中華人民共和国政府に統制されていない、未登録の「地下教会」(「家庭教会」ともいう)のメンバー数は8千万から1億人に上るとも言われる。中国共産党の支配を拒否する地下教会は共産党によって、教会の破壊、信者や聖職者の投獄・処刑などの迫害を受けている。


072.gif法輪功
「法輪功」も参照
1999年7月、気功で知られる「法輪功」に対し、中華人民共和国政府は「迷信や邪説を流布して民衆をだまし、騒ぎを起こして社会の安定を破壊した」と断定、違法組織と認定し、一切の活動を事実上禁止した。

明慧ネットによると、法輪功は仏教的要素を取り入れた気功集団で、創始者の李洪志が1992年から活動を始め、日本など約20か国に学習者がいる。学習者数は1999年の迫害当時、中国政府の発表で1億人に達したとされている。

中国内の法輪功学習者の迫害による死者は2005年末現在、3千人近くに上るという。現在でも秋葉原など都内各地の街頭や東京の中国大使館や各都市の中国領事館 で迫害事実を訴える法輪功の学習者らが見かけられる。

中国共産党宣伝部は、「日本でいうオウム真理教のような存在」という表現で法輪功に対してレッテルを貼っている。


a0028694_9205259.gif居住移転の自由

「居住移転の自由」も参照

原則として中国では戸籍のある場所にしか住めず、移動の自由は存在しない。これは1958年にできた中華人民共和国戸口登記条例による中国の戸籍(戸口)制度の根幹である。元々配給制なども存在した計画経済時代に確立した制度である。21世紀に入ってから戸籍にまつわる制限は緩和されたが、現在も全人口の3/4である農村戸籍と、1/4を占める都市戸籍との間での移行は極めて困難である。

これら2つの戸籍の間では今でも教育・就職・医療・社会保障などの条件が異なる。都市戸籍は産児制限を課せられているため老後の保障として年金制度が整備されている。この一方農村戸籍は農地の使用の権利を有するなど、個々に長短があり一概にどちらが有利とは言えない。

近年、都市部と農村との経済格差が顕著となると共に、都市部への人口流入が問題となっている。合法的な出稼ぎにおいても、農村戸籍の人間が出稼ぎに行く時には暫定居住証を発行してもらい、外来人口管理費などを納めなければならないといった制約が存在する。したがって違法な人口流入も相当数に上ると考えられている。

これとは逆に大規模開発においては、不十分な移転補償の下で農民などが強制的に移動させられる場合も多い。中国の現在の高度成長は農村部から流入する低賃金の労働者に負っている側面が高い。したがって嘗て「盲流」と呼ばれる農村の労働力の流入を一概に禁止してはいないが、農村戸籍の子弟の都市の小中学校への入学を制限するなど、世帯単位での都市への流入を制限する政策を実施している。





b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事

by amor1029 | 2011-08-02 20:59 | 中国 偽物・危険食材