ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【写真・経歴詳細あり】:コロッケ 本物のニセモノになるための極意

★【【写真+経歴詳細あり】】:「コロッケ 本物のニセモノになるための極意 」 コロッケが今まで明かさなかった、ものまね芸人としての秘訣の数々を語った・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:コロッケ タレント, コロッケ ものまね, コロッケ 芸人


a0028694_0274896.jpg

コロッケ 
本物のニセモノに
なるための極意 

2011.7.18
blogos

7月11日の『ディープピープル』(NHK総合)でコージー富田とミラクルひかるを交えて深くて濃いモノマネ談義をしたかと思えば、17日の『ソロモン流』(テレビ東京)ではモノマネの「賢人」として密着取材を受けたコロッケ。

「ニセモノだから小回りが利くっていう利点はあったかもね。マイク一本あればなんでもやりますよっていう強さはある」と胸を張り被災地でチャリティーライブを繰り返すコロッケ。

芸歴30年を迎えますます魅力的になっていく職人の、これまでなかなか明かされなかったものまね芸人としての秘訣の数々が両番組で語られた。


072.gifコピーとパロディー072.gif

『ディープピープル』でミラクルひかるが自分の声質が変わってきて以前より微妙に似ていなくなったという悩みを打ち明けるとコロッケは自身のものまね芸の本質をつくようなことを語る。

俺は似せようって思ってないからね(笑)。「聞けば聞くほど発見が多いから後から似てくる」のだと。

モノマネを大きく分けるととコピー派とパロディー派に分かれる。どっちを目指すかだよね。ただ長年いろんな方を見てると、コピー派を目指してしまうと、ある時、ちょっと似てなかったりすると、周りのお客さんって勝手に「あれ?似てないな」「あ、他のも似てないんじゃない?」とか凄いね、恐ろしい状況に陥る。

ただそのかわりパロディ派っていうのは最初っから似てないと、最初っからけられる場合があるんだよね。「ふざけすぎ」「何やってんの?」「気に食わない」とかね。

でも声はね、ずっと練習すれば出るよ。諦めなければね。コージーも「自分の声を知ったほうがいいね」と追随する。「自分の声を覚えて、自分の声を消す」

自分の声に似てる人のモノマネが多分一番得意になるんだけど、そこを排除しないとダメなのよ。(モノマネしてて)自分で気がついちゃう。「あ、今、自分の声だ」って。そして選んだのが「パロディー」だった。

そっくりすぎるとホンモノの歌手の人たちもツッコミようがない。「おい!」って言えない。「お前いいかげんにしろよ」とも言えない。あと、絡みようがない。それは本人が言わないようなギャグとか歌わないような歌い方をすることで「それは違うわー」とか「そんなのやってないし」とか(言える)。

そこはモノマネをする芸人としてどっちが正しいかっていうのはこれ、永遠のテーマで分かんないんだけど俺はどっちかっていうと、正統なほうじゃなくズレたほうで(やっている)。

『ソロモン流』でも「コピーとパロディー」について触れている。そして自分がパロディーを選んだことの意味を語る。

パロディーのほうは本物がやらないことをやることでそっちに興味を持ってもらえる。五木さんでロボットをやる必要性は全くないじゃないですか(笑)。だから、必要性のないところがみなさんが楽しんでいただける所かもしれないですね。



072.gifコロッケの技術論072.gif

『ディープピープル』では「ネタ帳なんて書いたことない」というコロッケのモノマネの具体的な技術論にも話は及ぶ。

a0028694_9205259.gif内面を似せる

基本的に内面的なことを先に大事にしなきゃいけない。たとえば、美川さんは何でもいいから不機嫌ではないけど不機嫌なような気がする。いつも何かに疑問をいだいてるようなイメージ。
さらに、美川は日本舞踊の経験がある。だから、所作にそれが現れる。それを表現しなければいけないのだ、と。


a0028694_9205259.gif顔芸

コロッケといえば顔芸。それはどのように生まれたのか。昔はホント、ぬるま湯につけて、顔を動かして練習してた時期もあるの。一回ぬるま湯につけて、顔をひと通り動かしていくのよ。そうするとすっごい動くようになるの。

今だから話すけどね、耳動かそうと思ったら頭が動いちゃったんだよね(笑)。へ?頭動いたほうが面白いかも!って(笑)。で、どこに力をいれれば頭が動くんだろうってのを(やって)見つけた。


a0028694_9205259.gifリニューアル

一般的にリニューアルモノマネっていうか、エコタレントっていう言い方をあえてすると、自分の中で新しく覚るものは覚えていきながらも、持ってるものを膨らませることによってまたすごく便利になっていくじゃん。

だから、持ってるものをどう変えるか、みたいなね。あと、最近の人はどういうふうなモノマネが好きなのか、とかね。だから、モノマネが得なのはいろんな曲をいろんな人で歌うことができるから、最近の曲を誰かで歌うことで新しく聞こえる。森山直太朗さんがEXILEの曲を歌うとどうなるか、とかさ。

そういうことでいくつかやっていくと、あ、こんな感じもあるなとか(発見がある)。コージーも「違う人の曲でやるほうが似て感じる」と同調する。

だから徳永英明さんの曲を歌うより、徳永さんで「ぞうさん」を歌ったほうが余計似て聞こえる、とか。「そこだね、特徴は」っていうところで歌うから。


a0028694_9205259.gifフェイント

『ソロモン流』でも「一番自分の秘密を明かすとしたら、フェイント」と芸の真髄を明かす。たとえばカメラがここにあるとして、直接見るより、そのまま(1回)通りすぎてこう来た(目線を戻した)ほうが、見てるお客さんは「おお」ってなる。

それは僕、最初に覚えたのがゲイの人たちと一緒に働いていて、女装家の人たちってそういう余計な動きが多いんですよ。そういうのに気付いて僕はちあきなおみさんをやるときも通りすぎてから戻ってくるようにしたんですよ。それをやるようになってからだいぶ変わりましたね。



072.gifコロッケ家家訓072.gif

母親の強い反対を押し切って上京したコロッケ。『ソロモン流』の船越英一郎との対談では「辞めたい」と思ったことは「一切無い」と言い切る。「ものすごくプラス思考なんですよ」と。

(その原点は)母親かもしれないですね。すっごい貧乏で大変だったんですね、小さい時。普通、お米がないって言うと落ち込むじゃないですか。でもうちの母は笑ってましたからね。コロッケの実家には子供の頃から「あ・お・い・く・ま」という家訓が貼られていたのだという。

「あ」 焦るな 
「お」 怒るな 
「い」 威張るな 
「く」 腐るな 
「ま」 負けるな


子供の頃はその真の意味は分からなかったが「初めて噛み締めたのが、モノマネ番組で優勝した時」だった。

人に対して「負けるな」じゃなくて自分なんだ、と。自分が、威張るな、焦るな、怒るな、というと全面的にってことになりますよね、自分以外の皆さんに対して。そうなってからすごい気が楽になって穏やかになりましたね。

芸歴30年、年齢も50を過ぎたコロッケ。これから大人として男としてどんどん楽しくなっていくなって。だから今まで以上にふざけ出すと思いますね。

そんな真剣にやることじゃないと思うんです。極めるってことは真剣にやると極められないんじゃないかって思うんですよ。楽しんでないと。





a0028694_0292263.jpg
016.gif
コロッケ




本名    瀧川 広志
     (たきがわ ひろし)
生年月日  1960年3月13日(51歳)
出身地   日本・熊本県熊本市
血液型 B型
身長 171cm
方言 共通語
最終学歴 熊本第一工業高等学校
出身 お笑いスター誕生!!
芸風 ものまね
活動時期 1980年 -
同期 とんねるず 等
過去代表番組 『ものまね王座決定戦』『ものまねバトル』 等
親族 加藤晴彦(遠戚)
弟子 三又又三・木原恵一・まっちゃま(付き人)
公式サイト コロッケ 公式ホームページ 『 コロッケワールド 』
ブログ コロッケのブログ


コロッケ(1960年3月13日 - )は、日本のお笑いタレント、ものまねタレント。 本名、瀧川 広志(たきがわ ひろし)。熊本県熊本市出身。熊本第一工業高等学校(現・開新高等学校)卒業。


072.gifプロフィール072.gif

そもそも物真似を始めたきっかけとして、本人はピーターの影響を挙げている。コロッケがまだ学生だった頃、テレビのものまね番組などで、ピーターがちあきなおみなどの歌真似を披露していたことが後のコロッケに大きな影響を与えており、ピーターとは現在も親交が深い。

当初はショーパブやゲイバーなどを中心に活動[1]。熊本での素人時代、あまりの面白さに、「瀧ちゃんよか!」と繁華街から声援が飛ぶほどの人気ぶりであった。その後、上京し、日本テレビの『お笑いスター誕生!!』に出演し、グランプリ獲得はならなかったが(6週勝ち抜きで銀賞獲得)、以降テレビなどでも活躍するようになる。

『お笑いスター誕生!!』出演の頃は、おねえ風の外見や芸風もあって、本物のゲイと誤解され、楽屋で他の出演者が寄り付かず、コロッケの周りには空間ができていた(下記、文化放送出演時の本人談)

1985年、フジテレビ『ものまね王座決定戦』の出演で一躍人気芸人となり、ものまねタレントの代名詞的存在となる。ものまね四天王の一人としてフジテレビの『ものまね珍坊』にレギュラー出演。またTBSにて自身の冠番組『そんなコロッケな!?』→『コロッケ!!噂の芸能界』も持つようになった。

しかし、当時『ものまね王座決定戦』のプロデューサーだった木村忠寛との対立や事務所独立を巡る軋轢等から(1992年3月31日放送の第11回爆笑!スターものまね王座決定戦スペシャルが最後の番組出演)、1993年より日本テレビ『史上最高そっくり大賞』(後の『ものまねバトル』)』に移ることとなった。同じく『ものまね王座決定戦』のレギュラー出演者であった岩本恭生や篠塚満由美、さらに司会の研ナオコまでも日本テレビに移動したのはこの時の騒動のためである

(これにより『ものまね王座決定戦』は勢いを失う事になり、『ものまねバトル』に視聴率争いで敗れ、打ち切りとなった)。グッチ裕三は、コロッケがフジに出なくなった理由を尋ねられると、「言えねー!」とコメントしていた。

ただし、映像は現在でもフジテレビで使われており、かつ2010年頃から『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に頻繁に出演しており、そこでモノマネを披露する事が多く、遂には同年6月14日放送分で、芸能生活30周年と題して、松山千春の『長い夜』を往年のパフォーマンスを交えながら熱唱した。

1980年代後半、美川憲一のものまねが茶の間に大受けした。美川は1970年代後半以後から人気が低迷し、1984年に大麻事件を起こしてからは表舞台から消えていたが、1989年の『ものまね王座』にご本人として登場したことから奇跡的に人気が復活。

以来、コロッケを「芸能界に帰してくれた恩人」として感謝しており、再び売れっ子となった現在でも芸能界の後輩としてコロッケを可愛がっている。また1991年、『第42回NHK紅白歌合戦』(NHK)に美川が復活出演した際にもコロッケはものまねで登場し、一緒に「さそり座の女」を歌った。

また、NHK総合テレビの『にっぽん愉快家族』で司会共演していた華原朋美と朋ちゃん&コロッケとしてデュエットシングル『ありがとね!』を2003年10月22日に発売し、この年の『第54回NHK紅白歌合戦』にも「華原朋美w/コロッケ」として出場した。

10年以上、『NHK紅白歌合戦』には美川憲一のものまね(応援ゲストとして)で毎年出場しているほか、事前番組にも出演している。紅白には縁の深い芸人である。

1980年代、本名の瀧川広志で芸能活動を行っていた事がある。中日劇場や新宿コマ劇場などの大劇場での座長公演を定期的にこなし、喜劇役者として円熟度を増している。

2007年1月27日より新宿コマ劇場にて5回目の座長公演を行う。俳優の加藤晴彦とは父方の遠い親戚に当たる。(2008年11月20日放送の秘密のケンミンSHOWより)

2009年7月29日の舞台座長公演の記者会見で、中学生のころから真珠腫性中耳炎による聴力障害で右耳の聴力をほぼ失っていることを告白。

両親の離婚で母と姉の3人家族となり、生活が厳しくなる。7歳の頃にプールで耳に水が入り中耳炎となるが、病院で治療した。だが中耳炎が再発した際、生活が厳しかった事もあって母に言い出せずにそのまま放置、さらに膿んでしまって耳から悪臭が漂い、学校でいじめられてしまうが、母に迷惑を掛けまいと黙っていた。だが7年後の14歳に耳に激痛が走り、前述の事へ繋がる。

会見では「この障害で骨伝導で音を聴くことになったことが逆に音に対する感覚が敏感となり、現在の芸風確立につながっている。またこのことが芸人を目指すきっかけとなった」と語っている。
「自分の顔がでかい」と自虐ネタにしている。

2010年芸能生活30周年記念イベントで全モノマネレパートリーの本人が総出演するサプライズが起きた。



072.gifものまね芸072.gif

姉の影響でものまねを始めた。かつては、現在のはるな愛のように形態模写のみ(顔、表情、振り付け、態度のまね)で、声は本人のレコードなどを流しており、ステージ上では全く声を出さなかった。

歌手のまねでありながら声を出さず、形態のみをまねするというコロッケの芸風(ビジュアルものまね)は、テレビ時代に即した革命的なもので、以後のものまね芸に大きな影響を与えることになった。

その後に声帯模写の技術も身に付け、現在は形態模写と声帯模写の両方を行っている。
昔、形態模写の特訓のため、半分にした割り箸を口に入れて、顔面を矯正するという一見すると無謀とも思えることを行っていた。

しかし、これが、形態模写に発揮され、現在では、「顔面ブレイクダンス」といった芸に生かされることとなっている。一般的に言われる「ものまね」ではなく、模写する人物の中でも、コロッケ自身が特徴的だと思いこんだ一部分を強調したものまねを披露する。

極端なデフォルメのあまり、本人とは全く違う別物になってしまう事が多く、他の人から「何故ああいう風になったのか?」と聞かれても説明出来ないとの事。

その代表的なものが、

072.gif森信一:「ヴェ~!」と言いながら頭を開く森信一

072.gif五木ひろし:ロボットのような動作をする五木ひろし(美川憲一になる事もある)

072.gifちあきなおみ:睨みを効かせて歌うちあきなおみ

072.gif野口五郎:極端に足が短く、鼻くそをほじって食べる野口五郎

072.gif岩崎宏美:顎を突き出し、笑いながら歌う岩崎宏美

072.gif美川憲一:右の口角を上げ、「アァン!」と変な声を入れる美川憲一

072.gif八代亜紀:目を閉じ、まぶたに目を描いた状態で、舌をベロベロと出しながら、語尾を「り」にして歌う八代亜紀

072.gif田原俊彦:脳天気で音程と滑舌が悪く、大股で動きながらマイクの向きが上を向いている、「ハハッ」や「ウォ~!」等の声を入れる田原俊彦

072.gif近藤真彦:歌の途中で「アッ!」や、「ウワッ!」等の声を入れる近藤真彦

072.gif島倉千代子:頭が重い島倉千代子

072.gif瀬川瑛子:牛の鳴き声を上げる瀬川瑛子

072.gif中森明菜:歌いながら「アァァァァ~!」と叫ぶ中森明菜

072.gif郷ひろみ:「フハハハハ!」とけたたましく笑う郷ひろみ

072.gif河村隆一:床を転げ乱れ狂う河村隆一

072.gif工藤静香:顔が崩れた工藤静香

072.gif中居正広:調子外れのダミ声で歌う中居正広

072.gif堀内孝雄:ハエを追いかけて捕まえるように歌う堀内孝雄

072.gif千昌夫:やたら動きながら大げさな田舎訛りで、歌の伸ばし方と区切りが変な千昌夫


その「芸の深さ」は、同業者でも恐れ入る部分が多いという。ちなみに、野口五郎本人の前で披露したところ、野口本人に「大事な曲なんだよ!」と怒られ、以後お歳暮を毎年野口に贈っているらしい。

最近では「まだ野口さんとは連絡が付かない」と発言している。作曲した野口の実兄の佐藤寛からもクレームがきたという。

このように、ものまねで大物達からクレームをたびたび受けていたが、北島三郎が物真似の芸を認めてから以降は、他の芸能人からのクレームが来なくなったという。

その他、誰かと誰かを組み合わせた「合体ものまね」(沢田研二と志村けんを組み合わせた「沢田けん」、北島三郎と野口五郎を組み合わせた「北島五郎」、GLAYと岩崎宏美を組み合わせた「岩崎テル」、森進一と武田鉄矢を組み合わせた「森鉄矢」、ちあきなおみと田村正和を組み合わせた「ちあき正和」など)や、観客に「やってほしいものまね」のアンケートを取る「即興ものまね」、5倍速の速さで顔の動きを表現する「早送りバージョン」なども得意としている。

日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話』に出演した際、ものまねをするのは「自分が好きな人だけ」と話した。

努力家としても知られる。「フラフープが上手な淡谷のり子」というネタでは、三日三晩フラフープを練習したというエピソードがある。また、松山千春のものまねをするタレントは多いが、松山と同じキーで歌真似が出来るタレントというのは殆どいない。

コロッケはボイストレーニングを積むことで同じキーで歌えるようになり、本人からもお墨付きを貰った。

研究熱心であり、同じ低音でも美川憲一の低音とピーターの低音は全然違うと言い、美川の低音(圧力釜みたいな声)とピーターの低音(井戸の底から聞こえてくるような声)を足して2で割るとフランク永井の声になるという成果を発表している。

また「徹子の部屋」出演時、ジャイアント馬場のくぐもった低い声を高くしていくと淡谷のり子の声になる、という例を実演したこともある。

1980年代、岩崎宏美のものまねを毎回「シンデレラ・ハネムーン」に乗せて歌っていたが、宏美があるコンサートで同曲を歌おうとすると、イントロが流れた瞬間に何度も会場から失笑が聴こえたという。

以降宏美はこの曲を歌うのが嫌になり、後年その事について「あの曲は、コロッケにあげました(笑)」と冗談交じりに語っていた。

長らく「シンデレラ・ハネムーン」は、コロッケの持ち歌のような状態となっていたが、現在では宏美自身歌番組やコンサートなどでも再び歌唱している。

また、岩崎宏美の実妹である岩崎良美と、テレビ局の入り口で偶然バッタリ鉢合わせとなった時に、良美から「お姉ちゃんあんな顔してないから!」と怒鳴られたという。

しかも良美と出会った際のコロッケはネタの練習中で、丁度宏美の顔まねをしていた時だったらしい。

1980年代後半からの四天王ブーム期では、千昌夫のネタを十八番としていた。千とジョーン・シェパードとの悲惨な結婚生活ネタ、金髪ネタ、「おら金持ってんどー」に代表されるビル所有ネタなど、ほぼ漫談と化していた。

ただし声帯模写も若かりしころの千に酷似している。また、額につけるホクロは、我修院達也が伝授したものである。

現在、千本人はレーザー手術によりホクロは除去済だが、コロッケはホクロがあった時の千を今でもネタにしている。

ライブでは藤沢一賀が司会を務め、主に音楽家・門司肇とタッグを組んでいる。相性は抜群である。
映画などに用いられているモーフィングを応用して表情を次々に変化させ、複数の有名人のモノマネをする事が出来る(2008年(平成20年)9月16日放送の笑っていいとも!のテレフォンショッキングより)。

これを使い、SMAPの「世界に一つだけの花」を口パク=エアボーカルしながら次々に表情を変える「ものまね33面相」を得意とする。最後には、同曲のメロディにのせて、高速で一気に33人連続で顔を変える。

(46面相バージョンもあるが、こちらは少し違い、1つの歌を歌いながら次々に変えていくものではなく、その人の歌を少しずつ歌いながら、順番にモノマネしていくものだった。ただし、最後の46人連続モノマネは、「世界に一つだけの花」のメロディにのせて行った)

長年、モノマネを「する側」として活動してきたがコージー冨田に「色々なモノマネをするコロッケのモノマネ」を目の前でされた時には「(モノマネをされる本人は)こういう気持ちなんでしょうねえ」と苦笑していた。

松本人志は、「どんぐりころころ」を歌う長渕剛のネタが大好きで、披露した際は松本や浜田雅功に「はい(長渕に)怒られた」と言いながら爆笑、更には松本に「絶対年末の笑ってはいけない(のオファーが)来たら断って下さいね!!」と言われた。

(wikipedia) 























b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2011-07-22 00:44 | 芸能人 ウラ・オモテ話