人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

★【画像つき】;被災地の噂話 それって嘘? ホント?

★【画像つき】:「被災地の噂話 それって嘘? ホント?」現地で語られる噂話の検証、仮設住宅の備品はクーラー以外は持って出てよい?など ・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:東日本大震災 仮設住宅, 被災者 支援, 被災地 復興, 災害ボランティア, 震災から3カ月


★【画像つき】;被災地の噂話 それって嘘? ホント?_a0028694_9583263.jpg

被災地の噂話 
それって嘘? ホント?    

2011.6.17
spa

震災から3か月。被災地にもようやく落ち着きが戻りつつある。特に仙台市内は、仮設住宅建築のために多くの作業員やボランティアスタッフの拠点となっているため、連日大勢の人で賑わっている。そんな仙台に先週行ってきたのであるが、噂で聞いた以上の活況ぶりに正直驚いてしまった。

津波の被害が甚大だった名取の閖上、そして東北一の歓楽街である国分町を中心に取材を行ったのだが、どうにもこうにも話が違う。話が違うというのは、こちらにいて漏れ伝わってくる話と現地で聞いた話が微妙に異なるのである。また、現地でまことしなやかに語られる噂話も興味深いものが多かった。


そこで今回は被災地や仙台市内で聞いた噂話を検証してみた。

★【画像つき】;被災地の噂話 それって嘘? ホント?_a0028694_9205259.gif信憑度はで評価。の数はMAXで5。多いほど信頼度が高くなります。


★【画像つき】;被災地の噂話 それって嘘? ホント?_a0028694_1004151.jpg

072.gif 噂その1 072.gif
仮設住宅には人気の物件と不人気物件がある?
★★★★

一口に仮設住宅と言っても、建てられる場所や間取り、バリアフリーなどは微妙に異なる。名取の仮設住宅におじゃましたのだが「NTTのとこの仮設住宅はあんまり人気がない」とか「飯塚は人気だった」などの声が聞かれた。

また、仙台駅の一つ隣の長町にも仮設住宅があるのだが、コチラは立地的には素晴らしいのになぜか不人気。入居率も低いという。ほかにも行政が家賃補助を出すケースもあり、仮設住宅を建てたからといって被災者は皆移り住むわけではないようだ。




★【画像つき】;被災地の噂話 それって嘘? ホント?_a0028694_1012381.jpg

072.gif 噂その2 072.gif
仮設住宅の備品はクーラー以外は持って出てよい?

★★★☆☆

仮設住宅内にはテレビ、冷蔵庫、炊飯器に毛布、机や鍋、そしてある程度の食料が備え付けてあり、入居者は着の身着のままで入居をしても暮らせるようになっている。こうした生活用品は、入居者が仮設住宅を出る際に持って出て行ってもよいという。ただし、備え付けのクーラーはダメなんだとか。

仙台市内のタクシー運転手に話を聞くと、「入居した方は入居してすぐにアパート見つけて、クーラー以外の物を持って出ちゃうんだわ。アパートに入っても6万円くらいまでは補助金が出るからね」とのこと。そのため、入居率が入居開始から3日ほどで激減した仮設住宅もあるという。




★【画像つき】;被災地の噂話 それって嘘? ホント?_a0028694_1021550.jpg

072.gif 噂その3 072.gif
仙台市内、国分町でも略奪騒動が起きた?

★★★★★

震災後、被災地ではコンビニや中には銀行や被災した家を狙った不届き者が数多くいたというが、それはあくまでも警察や住民の目が届かなくなった被災地でのことと思われていたのだが、繁華街の国分町でもコンビニが略奪騒ぎにあったという。

国分町の飲食店を経営する男性によれば、「震災後に店を開けたら、集団で万引きに遭い、しばらく閉店するハメになった」とのこと。国分町で働く女性も「まさか仙台市内、国分町であんなコトが起きるなんて……」と、衝撃を受けたという。




★【画像つき】;被災地の噂話 それって嘘? ホント?_a0028694_103191.jpg

072.gif 噂その4 072.gif
バールを持った外国人がキャバ嬢を襲っていた?

☆☆☆☆

国分町でも集団万引き騒ぎが起きたほど、震災後は混乱を極めた。そのため、多くのデマが飛び交うことになったという。国分町のキャバクラで働く女性によると「外国人がバールを持ってキャバ嬢を襲ってるって店長から聞いて、まさか……と思ったんだけど、停電したりで待ちも暗いし危ないなぁって。で、店長が念のためにってことで一緒に帰ってくれたりしました」。結局、実際に被害に遭った方も見た方もなく、デマの可能性が大。震災の混乱ぶり如実に表すエピソードである。



072.gif 噂その5 072.gif
仙台のバブルは8月まで?

★★★☆☆

仙台市内は今、皮肉にも震災後の復興景気に沸いている。その理由としては県外からの仮設住宅建築業者、ボランティアのスタッフが多く流入してきている。被災地の被害が甚大で、被災地に直接宿泊することが難しいので、どうしても拠点を仙台市内にしなければならないという事情がある。ホテル関係者に話を聞けば、「どこもホテルは連日満室です。建築業者の方が数室から中には10室単位で借り上げていただいているケースも珍しくないです」との返答。

だが、こうしたホテルの客室がない状況は8月までだというのが、地元の見方である。先のホテル関係者によれば「仮設住宅の建設が8月いっぱいで完了すると言われています。実は仮設住宅の建築は県外の業者への発注が8割以上と言われ、地元建築業界から大ブーイングが出ています。復興のための建築ラッシュは地元業者が受けると見られてますので、今の活況は8月いっぱいでしょうね」。実際、ホテルの予約も8月までが満室の状況だという。



072.gif 噂その6 072.gif
震災後、国分町の風俗関係者は東京に集団移転しようとしていた?

★★☆☆☆

「停電、断水、おまけに余震もひどい。津波の被害もすごいでしょ。同業者とも話してて、こりゃもう、女のコ連れて東京に逃げるかって話になったんです」と、語るのは国分町のキャバクラ経営者。彼によれば、震災による壊滅的被害を悲観して東京の風俗店やキャバクラに集団で移籍を画策したという。地元風俗誌記者も言う。「風俗やキャバがなくなれば僕らの仕事もおしまいです。つてを頼って東京の風俗誌に潜り込もうと思ってたんですが……」。しかし、状況は一変する。

震災から一週間ほどして水道などのインフラが正常になり、放っておくわけにもいかないと店を開けてみると、客がわんさとやってきたというのだ。先のキャバクラ経営者に聞く。「震災から一週間ほどすると、県外から親族の安否を心配する方やボランティアの方が大量にやってきたんです。いきなり景気が好転して驚きました」。そのため、彼の店では急遽、東京の店に移籍しようとしていた女のコの引き留めに奔走することになったという。こうして今では彼は2軒目を出そうか頭を悩ますほどになっている。「こうも流行れば2軒目を出したくなるんですが、すでに物件がない状況なんです。それに8月以降のことを考えると腰が引けますね」以上はあくまでも現地で聞いた噂話。

まだまだ混乱している被災地も多いのだが、中心となる仙台はかなり平静を取り戻している。東北一の都市、仙台を中心に力強く復興してもらいたい。




★【画像つき】;被災地の噂話 それって嘘? ホント?_b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

by amor1029 | 2011-06-18 10:07 | 原発・放射能・政府