人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

★(写真つき)【マリリン・モンロー】:若かりしモンローの未発表写真を公開

★(写真つき)【【マリリン・モンロー】】:「若かりしモンローの未発表写真を公開」フューリー氏は1980年、ガレージセールでネガを購入現像してみると・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:マリリンモンロー 死因, マリリンモンロー 画像, マリリンモンロー 整形, マリリンモンロー 名言, マリリンモンロー 映画, マリリンモンロー 墓, マリリンモンロー 暗殺



若かりしモンローの
未発表写真を公開 

2011.6.14
cnn

フォトグラファーのアントン・フューリー氏は1980年、ガレージセールで写真のネガを購入した。2ドルで入手したそのネガを現像してみると、そこにはマリリン・モンローとジェーン・マンスフィールドが写っていた。

写真は1950年頃に撮影されたもの、フューリー氏は写真を公開し、販売する可能性もあるが、60年たった今でも著作権法の保護対象となる可能性があるこの写真について、権利を主張する人物が現れるリスクもあるという。

★(写真つき)【マリリン・モンロー】:若かりしモンローの未発表写真を公開_a0028694_15291937.jpg
★(写真つき)【マリリン・モンロー】:若かりしモンローの未発表写真を公開_a0028694_152939100.jpg
★(写真つき)【マリリン・モンロー】:若かりしモンローの未発表写真を公開_a0028694_153037.jpg
★(写真つき)【マリリン・モンロー】:若かりしモンローの未発表写真を公開_a0028694_15302565.jpg
★(写真つき)【マリリン・モンロー】:若かりしモンローの未発表写真を公開_a0028694_15304893.jpg
★(写真つき)【マリリン・モンロー】:若かりしモンローの未発表写真を公開_a0028694_15311074.jpg
★(写真つき)【マリリン・モンロー】:若かりしモンローの未発表写真を公開_a0028694_15313018.jpg
★(写真つき)【マリリン・モンロー】:若かりしモンローの未発表写真を公開_a0028694_15314996.jpg




016.gif
マリリン・モンロー
本名ノーマ・ジーン・モーテンセン
Norma Jeane Mortensen
ノーマ・ジーン・ベイカー
Norma Jeane Baker
生年月日  1926年6月1日
没年月日  1962年8月5日(満36歳没)
出生地   カリフォルニア州ロサンゼルス
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルスブレントウッド
国籍 アメリカ合衆国
職業 女優
活動期間 1947年 - 1962年
配偶者 ジム・ドハティ/ ジョー・ディマジオ/ アーサー・ミラー


Marilyn Monroe、1926年6月1日 - 1962年8月5日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の女優。旧名、ノーマ・ジーン・モーテンセン(Norma Jeane Mortensen)。本名、ノーマ・ジーン・ベイカー(Norma Jeane Baker)。1950年代中盤から現在に至るまで「アメリカのセックスシンボル」と称される。モンローというステージネームは彼女の母親の姓である。

身長166.4cm、体重53.5kg。スリーサイズはB94 W61 H86。トレードマークは、真っ赤に塗られた唇、口元のホクロ、モンロー・ウォークと呼ばれた独特な歩き方。フェラガモに作らせた靴のサイズは、24.5cm。ノルウェー人の血を引いているといわれるが、本当の髪の色はブロンドではなく褐色(ブルネット)であった。

マリリン・モンローはお尻を通常よりも大きく左右に振ってセクシーに見える歩き方をすることで有名で、これを指して「モンロー・ウォーク」と呼ぶ。この独特な歩き方の秘密は、彼女が意図的に左右のヒールの長さを変えていることにあると言われている。おおよそ、左のヒールよりも右のヒールを4分の1インチ(6mm強)程度短くしているとされる。このことは、彼女の友人である女優が証言している。



072.gif生い立ち072.gif
ノーマは片親家庭に生まれた。アメリカ合衆国には戸籍がないので、出産直後に医者が書く出生証明書が法的な意味をもつことになっている。彼女の出生証明書には、父:エドワード・モーテンセン、母:グラディス・モンロー・ベイカー、氏名:ノーマ・ジーン・モーテンセンと記載されていることから、彼女の本名はノーマ・ジーン・モーテンセンであることに異論はない。しかし本当の父がモーテンセンであるかどうかは疑わしい。一説には、母と同じアパートに住んでいたスタンリー・ギフォードという男性ではないかと考えられている。

ノーマ自身も、後年大人になってから、ギフォードに電話したことがあるが、会うことは拒否されている。モンローは、正式な書類にサインするときはモーテンセンの姓を使ったが、そうでないときは母親の姓を使ってノーマ・ジーン・ベイカーと名乗ることが多かった。

ノーマという本名の由来は、母グラディスが映画好きで、当時好きだった女優ノーマ・タルマッジからとったとされる。ジーンは、1930年代のセックス・シンボル、ジーン・ハーロウに由来する。母グラディス・ベイカー(旧姓モンロー)は、「モンロー宣言」で知られるジェームズ・モンロー大統領が先祖であると周囲にもらしていたが、娘のモンロー自身は一笑に付したとされる。

日本語訳されている評伝のなかには、モンローは孤児だったと書いているが、母親がいたのだから日本語では孤児と呼ぶことは出来ない。これは彼女が孤児院(orphanage)や養子として育てられたために受けた誤解である。もっとも、英語での孤児(orphan)という単語は片親の場合にも使えるので、誤訳とはいえない。また、モンローには父親違いの7つ年上の姉が居る。姉のことは後年、女優になってからも気にかけていたという。

手紙をやりとりし、互いに訪ね合うほど親交があった。その姉はモンローの葬儀に参列している。ジョー・ディマジオと共に葬儀の準備にあたり、マリリンの死装束を選んだのも、他ならぬこの姉であった。モンローの母親は大手映画製作会社のRKOでフィルムカッターの仕事をしていたが、精神病を患っていた。職場の同僚グレース・マッキー(後に結婚してGoddard「ゴダード」)が、彼女の保護者になった。

マッキーが1935年に結婚した後で、モンローはロサンゼルスの孤児院へ、その後伝えられるところでは性的虐待及びネグレクトで支配された養家へ連続して送られ、そのことに起因してか、吃音症を患うようになってしまった。当時の大統領の政策で、里親にはいくらかの補助金が支給されたため、金目当てで子供を引き取る家もあったとされ、モンローもいくつもの家をたらい回しにされたり、大事に扱われなかったりした。


072.gif最初の結婚072.gif
第二次世界大戦下の1942年、16歳のときに半年で高校を中退し、グレース・ゴダードの叔母で母の友人アナ・ロウアーのすすめで、母の家の近所に住むジム・ドハティと最初の結婚をする。ジムはロッキード航空機製造会社に整備工として勤務していたが、その後海軍に徴兵され輸送船団に乗り組むことになった。独りになったノーマは、航空機部品工場レイディオ・プレーン社に就職し、自活の道を歩き始めた。


072.gif芸能界へ072.gif
第二次世界大戦末期の1945年、19歳の誕生日を迎えて間もなくのこと、工場で働いていると、陸軍から取材に派遣された報道部員デビッド・コノバー一等兵に見出され、写真を撮られる。この写真が陸軍の機関誌『ヤンク』に掲載された。これを機に芸能界への道をたどることになる。

コノバーはそのネガを商業写真家のポッター・ヒューズに見せた。ヒューズからカバーガールになることをすすめられ、工場を辞め、ハリウッドのモデルクラブ「ブルーブックス・モデルズ・エージェンシー」の専属モデルに応募した。モデルの基礎教程を終えたノーマの初仕事は、ロサンゼルス博覧会場でのイベントコンパニオンであった。

やがて新進の写真家アンドレ・ド・ディーンズと知り合い、モデルとしての才能を発見される。この年、二人で長い撮影旅行に出かけている。ド・ディーンズは、マリリンがモンローになる前のノーマ・ジーンの初々しい姿をカメラに収めた。その後、髪をゴールデン・ブロンドに染めた。このときからセクシーなピンナップが売りものの雑誌に写真が掲載されるようになる。


072.gif女優になる072.gif
1946年、20世紀フォックスのスクリーン・テストに合格。女優として契約を交わす。芸名を「マリリン・モンロー」と名付けられた。マリリンの名は、1920年代のブロードウェイの美貌の舞台女優マリリン・ミラーに由来している。この間、夫のジムはモデル業に理解を示さなかったため、結婚から4年で離婚した。

1947年に20世紀フォックスの『嵐の園』という映画に端役で初出演するが、あまりぱっとせずに契約を切られてしまう。しかし女優への夢を諦めきれなかった彼女はコロムビア映画に移籍、『コーラスのレディたち』で準主役となる。しかしコロムビア映画とはその映画一本のみで終わってしまう。その後は再びヌードモデルなどをしながら演技の勉強をし、エージェント(交渉代理業者)を探す日々が始まる。生活が苦しく家賃や車の月賦が払えず、カレンダーのヌードモデルになった(写真家トム・ケリー撮影の「ゴールデン・ドリーム」と呼ばれる作品で有名)。しかしこのことが後にスキャンダルを巻き起こすことになる。


072.gifトップスターになる072.gif
1951年にエージェントのジョニー・ハイドの尽力で『アスファルト・ジャングル』、『イヴの総て』に出演、注目される。以後、数本の映画に脇役で出、1952年の『ノックは無用』で準主役。1953年『ナイアガラ』では不倫相手と夫の殺害を計画する悪女を主演し、腰を振って歩く仕草(モンロー・ウォーク)で世の男性の注目を集める。続く『紳士は金髪がお好き』、『百万長者と結婚する方法』や『七年目の浮気』が大ヒットして一躍トップスターとなった。

1954年1月14日、野球選手のジョー・ディマジオとサンフランシスコ市庁舎で結婚。2月1日、読売ジャイアンツの招きもあり、新婚旅行を兼ねてパンアメリカン航空のボーイング377で日本を訪れ、東京国際空港で大歓迎を受けた。野球の仕事を兼ねていたディマジオは、滞在中忙しく外へ出かけることが多かった。野球に興味のなかったモンローは宿泊先の帝国ホテルで待つ日々が続いた。

そんな折、朝鮮戦争で駐留していた在韓米軍を慰問してほしいという依頼が舞い込む。暇を持て余していたモンローに断る理由はなかった。行くなと反対するディマジオと喧嘩するようにして韓国へ向かった。モンローはヘリコプターに乗り、ジープや戦車を乗り継いで駐屯地を回り、多くの兵士たちを前にして歌った。

1955年に、関係が悪化していたディマジオと離婚した。結婚生活は9か月しか続かなかった。その後、セックスシンボルを脱したかった彼女は、ニューヨークに移りリー・ストラスバーグが主催するアクターズ・スタジオで演技の指導を受けている。『アンナ・クリスティ』、『欲望という名の電車』を演じ好評を博したことは彼女に自信を取り戻させた。

1956年には劇作家のアーサー・ミラーと結婚するが、1957年頃から不安定な状態が続き、睡眠薬を飲み過ぎたりして、精神病院に入ったりもした。UCLA教授のラルフ・グリーンソンによる精神分析を受け続けた。また、アンナ・フロイト(ジークムント・フロイトの娘)には境界性人格障害と診断されたが、正確なところは分からない。この頃流産を経験した。


072.gifケネディー兄弟との情事072.gif
1961年にミラーと離婚。この前後から、ケネディの妹の夫のピーター・ローフォードやフランク・シナトラの紹介で前年に大統領となったジョン・F・ケネディと不倫の関係にあったことが、ローフォードやモンローの家の家政婦のレナ・ペピートーンなどにより証言されている[3]。 また、ジョンの弟で司法長官を務めていたロバート・ケネディとも関係があったとも囁かれたことがある。

同年に封切られた映画『荒馬と女』の評判が悪く、また共演したクラーク・ゲイブルが撮影終了後に急死したことも重なり、不安定になり再び精神病院に入院。この時、よりを戻した元夫ディマジオが彼女を支えた。翌1962年に、映画『女房は生きていた』の主演になるが、たびたび撮影をすっぽかすため制作はほとんど進まなかった。『女房は生きていた』の主役は結局降ろされた(のちにドリス・デイ主演で公開)。

なおジョン・F・ケネディとモンローとの関係は、ケネディがサム・ジアンカーナらマフィアと関係の深いシナトラを介してモンローと知り合った上に、ジアンカーナが2人の関係を知っており、このことをマフィアの取り締まりを強化しようとしていたケネディ政権に対する取引に使おうとしていたことを憂慮したFBIのジョン・エドガー・フーヴァー長官が、ロバートに忠告したことでこの年に終焉を迎えた。

しかしながらモンローは、その関係が終焉を迎えた直後の1962年5月19日に、ニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデンで行われたケネディの45歳の誕生日パーティ(司会はローフォード)に、体の線が露わになったドレス姿で赴き、『ハッピーバースデートゥーユー』を歌い、「いつ引退しても悔いはない」とケネディに言わしめた(ハッピーバースデー・ミスタープレジデントも参照。なお、ケネディは翌年凶弾に倒れている)。なお、この際にケネディとモンローの関係を快く思っていなかったジャクリーン夫人は、パーティーにモンローが来ると知ってあえて欠席した。


072.gif死と波紋072.gif
1962年8月5日、自宅の寝室で全裸で死んでいるのが発見された。没年36歳。死の直後、マスコミでは「死因は睡眠薬の大量服用による急性バルビツール中毒で、自殺の模様」と大々的に報道され、世界に多大な衝撃・悲嘆が駆け巡った。

ただのドラッグ・オーバードースであるとの声もある[6]上、「『女房は生きていた』の主役を降ろされたことを悲観して」との根拠に欠ける仮説も唱えられたが、2000年代に入りFOXニュースが20世紀フォックスの倉庫から発見した資料によると、FOX首脳部との会談で、モンローとそりの合わなかった監督を降板させ、モンローを復帰させる契約が交わされていたことが分かった。

さらに、「何という行き方!」というミュージカル大作への出演も決まっており、「モンローが配給会社から見捨てられ、失意の中で死んでいった」という仮説は成立しなくなることが分かった。

なお、モンローが死亡した前日と死亡した夜の電話の通話記録がFBIに押収されていたことが明らかになっているため、電話の通話記録の改ざん・隠蔽を行うことができる政治力の持ち主がモンローの死に関わっていたとする主張がある。

実際に、1980年前後以降は自殺説は影を潜め、何者かによる謀殺説が根強く叫ばれ続けている(謀殺説はモンローの死後間もない時期から存在していた)。現場からは自殺に使うはずのコップは発見されておらず、また彼女が遺体で発見されたとき、手には受話器が握られていたものの、電話局からは同時刻の通話記録はなく(「急性バルビツール中毒による体の不調を受けて救急車を自ら呼ぶために受話器を取ったものの、ダイヤルする前にこと切れた」という説もある)、部屋からは彼女の日記(赤い手帳)が消えていた。UFOの情報を公表しようとしたため殺されたとの説もある。

なお、ケネディ大統領と1950年代より不倫関係にあったことが、上記のように死後複数の証言から暴露された上、お互いを紹介したのが、ケネディの大統領選挙の際の支援者でマフィアの大ボスのサム・ジアンカーナと関係の深いシナトラであったことが、この謀殺説を後押ししている。また、ケネディ大統領の弟であり当時の司法長官だったロバートとも不倫関係にあったこともあきらかになっており、これらの不倫の事実が死後に公にならないように、モンローが常に会話の内容をメモしていた赤い手帳が表に出るのを避けたという話もある。


072.gif葬儀072.gif
モンローを司法解剖した監察医は、トーマス野口こと野口恒富である。葬儀は元夫ジョー・ディマジオが取り仕切った。映画界からの参列はすべて固辞された。その墓所は故郷ロサンゼルスのウエストウッド・メモリアルパークにある。彼女の死後、ディマジオの計らいで、定期的に赤いバラ(品種:アメリカン・ビューティー)が供えられていた。ディマジオの亡き後は、ファンクラブなどのボランティアの手で続けられている。

(wikipedia)










★(写真つき)【マリリン・モンロー】:若かりしモンローの未発表写真を公開_b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事

by amor1029 | 2011-06-16 15:42 | 海外有名人・政治家