人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

★【【 ビルダーバーグ会議 2011 闇の支配者による秘密会議 】】:スイス・サンモリッツ開会

★【【【ビルダーバーグ会議  闇の支配者」による秘密会議】】:2011年6月9日よりスイスのサンモリッツで開会、恐ろしいほど排他的かつ極秘裏に行われ、常に陰謀論とともに語られている・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:ビルダーバーグ会議, ビルダーバーグ会議 オバマ, イルミナティ ビルダーバーグ会議,

★【【 ビルダーバーグ会議 2011 闇の支配者による秘密会議 】】:スイス・サンモリッツ開会_a0028694_7192756.jpg

1954年 第一回ビルダーバーグ会議

★【【 ビルダーバーグ会議 2011 闇の支配者による秘密会議 】】:スイス・サンモリッツ開会_a0028694_7264624.jpg

★【【 ビルダーバーグ会議 2011 闇の支配者による秘密会議 】】:スイス・サンモリッツ開会_a0028694_7272745.jpg

★【【 ビルダーバーグ会議 2011 闇の支配者による秘密会議 】】:スイス・サンモリッツ開会_a0028694_7285038.jpg


闇の支配者による秘密会議 
ビルダーバーグ会議 
2011

2011年6月9日より
スイスのサンモリッツで開会

2011.6.10
excite
 

「陰のサミット」とも呼ばれる「ビルダーバーグ会議」が、6月9日よりスイスのサンモリッツで開かれている。


――ビルダーバーグ会議ーー

日本のメディアはほとんど報じることもなたいため、日本人にはあまり馴染みもなく、陰謀論よりの国際政治マニアでないと知る人も少ないかもしれない。しかし、この会議は1954年から毎年一回、欧米各国の王族や政府高官、財界の大物などを集めて、完全非公開で行われており、世界情勢に多大な影響を与えているのだ……。


なぜ「陰のサミット」などと呼ばれ、常に陰謀論とともに語られるのか?

それはこの会議が、恐ろしいほど排他的かつ極秘裏に行われているからだ。

「ビルダーバーグ会議の会場となるのは主に5つ星ホテルになります。第一回はオランダにあるビルダーバーグホテルで開かれました。それが名前の由来です。昨年はスペインのシェッチェスで開かれました。会議開催中のホテルは全館貸し切りとなり、もともとの従業員と入れ替えで専門のスタッフが入るほどの厳重さです。さらに、日本を始め、アジアや中東からの出席者はほとんどいません。かつてデビッド・ロックフェラーが、国際経済で影響力が増してきた日本の参加を打診したことがりますが、欧米貴族から却下されたといいます。日米欧三極会議が開かれるようになったのはその代替案だったといいます」(事情通)


報じ始める海外メディア

日本では陰謀論者の戯言のように揶揄されることも多いビルダーバーグ会議だが、実は欧米では毎年メディアも取り上げる話題だ。無論、欧米でも「陰謀論」的に取り上げられることが多い。しかし、ここ最近は欧米の主要メディアも、スタンスの差こそあれ、ニュースとして取り上げ始めている。


英BBCでは、8日付けの記事で「Bilderberg mystery: Why do people believe in
cabals?」(ビルダーバーグの謎 なぜ人々は秘密結社を信じるのか?)という見出しで取り上げている。陰謀論的な見方であることや、陰謀論的史観の問題点などを指摘しつつも、それでもこうした秘密会議の存在自体は見逃せない事実であることをそれとなく指摘している。


特に熱心なのは、イギリスの左派メディアである「Gurdian」紙。毎年、チャーリー・スケルトンという記者が現地入りしてその様子を報じている。 また、開催地では「ANTI BILDERBERG」や「STOP NEW WORLD
ORDER」などと書かれたプラカードや横断幕を掲げた市民団体のデモも行われるのが常となっている。



単なる「トンデモ」とはひと括りにできない

「確かに、欧米でも陰謀論の枠組みで見られることは多い。しかし、昨年の参加者を見ても、米政府の大番頭とも言われたヘンリー・キッシンジャーやFRB議長やオバマ政権下の経済諮問会議議長も務めたことがあるポール・ヴォルカー、世界銀行総裁のロバート・ゼーリック、ゴールドマンサックス社長のピーター・サザーランド、Google社長のエリック・シュミット、ビル・ゲイツなど世界経済に多大な影響を与えるメンバーが顔を連ねている。そのため、欧米のビジネスマンであれば、ビルダーバーグ会議と言われてまったく知らない人は少ない。また、有力なジャーナリストも参加しているにも関わらず、"何がそこで話されたか"、"誰が出席したか"については公式の発表はおろか、参加ジャーナリストによる報道も一切ない。こうしたことに対して問題視したり、影響力を恐れる人も多いのもまた事実です」


最近、福島第一原発の事故支援で駆けつけた、フランス原子力発電大手アレバの社長、アンヌ・ローベルジョンもまた、2010年のビルダーバーグ会議出席者なのもまた興味深い。


今年も「Guardian」紙を始め、欧米のブログメディアなどがビルダーバーグ会議の様子を報じ、反ビルダーバーグ会議団体やゲリラ的ジャーナリストの取材による"参加者名簿"も明らかになるだろう。その錚々たる参加者を見てもなお、「陰謀論者の戯言」と一笑に付すか否かはあなた次第……である。




056.gif 関連056.gif
【【【 ビルダーバーグ会議 2011年 出席国・出席者名 一覧 】】】 





★【【 ビルダーバーグ会議 2011 闇の支配者による秘密会議 】】:スイス・サンモリッツ開会_a0028694_7241066.jpg

016.gif
ビルダーバーグ会議
The Bilderberg Group, Bilderberg conference, Bilderberg Club, Bilderberg
Society



ビルダーバーグ会議(ビルダーバーグかいぎ、英語:The Bilderberg Group,
Bilderberg conference, Bilderberg Club, Bilderberg Society)は、1954年から毎年1回、欧米各国で影響力を持つ王室関係者・欧州の貴族や政財界・官僚の代表者など約130人が、北米や欧州の各地で会合を開き、政治経済や環境問題等の多様な国際問題について討議する完全非公開の会議である。ビルダーバーグ・クラブ、ビルダーバーグ・ソサエティとも呼ばれる。「陰のサミット」と呼ばれることもある。出席者リスト、議題は公表され、欧米のジャーナリストも招待されるが、会議での討議内容は非公開であり記事になることはない。また、日本を含めて、非欧米諸国からの参加者は中東、イスラエルを除きほとんど存在しない。


歴史
ジョセフ・レティンガー(Joseph Retinger)、オランダのベルンハルト王配らの働きによって創設された。冷戦中に、欧州の北大西洋条約機構(NATO)加盟国と米国の橋渡しを目指したとされる。第1回は1954年5月29日から31日にオランダのオーステルベーク(Oosterbeek)のビルダーバーグ・ホテル(the Hotel de Bilderberg)で開かれた。1970年代頃からその存在を一般
に知られるようになった。


ビルダーバーグ会議についての諸説
ビルダーバーグ会議は欧米の王族、貴族、企業家などの代表者による会議であり、非欧米諸国からの出席者は少なく、日本人の出席者が確認されたことは無い。
出席者のおよそ2/3が多国籍企業ないし多国籍金融機関の経営者、国際メディア、およそ1/3が各国の政治家と言われている。毎年、アメリカから30人、欧州各国から80人、国際機関などから10人とも言われている。また、著名な大企業であっても自薦では参加者を送ることができないと言われている。

第二次世界大戦後の大西洋関係の再構築にビルダーバーク会議は極めて重要な役割を果たしたとする見解がある。王立国際問題研究所、外交問題評議会、三極委員会とも関係がある。ビルダーバーグ会議出席者とこれらの組織のメンバーには重複が認められる。

ビルダーバーグ会議の情報は重複するメンバーによって下部組織に伝達されると見る説がある。 ビルダーバーグ会議が日本の受け入れを拒否したため、1973年に日米欧委員
会(2000年より三極委員会)が設立されたと言われている。

リップルウッド(ティモシー・コリンズ)の背後にはビルダーバーグ会議が存在すると言う。1991年の会議には、当時アーカンソー州知事だったビル・クリントンが招待された。クリントンは会議の1年半後の1993年1月にアメリカ大統領に就任した。1993年の会議にはイギリス労働党のトニー・ブレアが招待された。ブレアは会議の4年後の1997年5月にイギリス首相に就任した。

メンバーの中心は、デイヴィッド・ロックフェラーやキッシンジャーなどの中道派(国際協調主義)である。ネオコンと呼ばれる人々にも会議の常連が存在する。G8、NATO等の首脳会議の決定に会議で話し合われたことが影響を与えるという指摘や、メンバーが外交問題評議会とかなり重複しているという指摘があると言う。

デイヴィッド・ロックフェラーは自叙伝及び盛田昭夫との対談でビルダーバーグ会議について述べている。アレックス・ジョーンズはドキュメンタリー「Endgame: Blueprint for Global Enslavement」でビル
ダーバーグ会議を扱っている。

ダニエル・エスチューリン(Daniel Estulin)は以下のように主張している。

●各年のビルダーバーグ会議の決定に従って、各国政府、財界への工作、メディアを通じた世論操作が発動される。
●その都度、議論されるトピックは国際政治経済状況による異なるが、最終目標は、あくまでも欧米による世界統一権力の樹立である。そのための手段として、メディアおよびネットの国際的支配、国民総背番号制と「人体埋め込みチップ」、GPSによる大衆監視、電子通貨システムを通じた国際通貨統合、人口抑制といったサブ・テーマが継続的に取り扱われている。
● 9.11以降、米国・ネオコン派に対して米国・非ネオコン派および欧州派の意見対立がある。
●1997年の会議でビルダーバーグでは、カナダからケベック州を分離した残部をアメリカに統合する計画を検討する予定であったが、ダニエル・エスチューリン、ジェームス・P・タッカー(Jim P.Tucker,Jr)[らの活動に
より、「トロント・スター」紙をはじめとするカナダのマスコミが大々的にビルダーバーグ会議について報道するに至った。それが国際世論の注目を集めたことにより、計画は頓挫した。その結果、ダニエル・エスチューリンは暗殺されかけた。


ビルダーバーグ会議の開催地
ビルダーバーグ会議は年に1回開かれる。
●1954年 (5月29日-31日) オランダ・オーステルベーク、ビルダーバーグホテル
●1955年 (3月18日-20日) フランス・バルビゾン
●1955年 (9月23日-25日) 西ドイツ・ガルミッシュ=パルテンキルヒェン
●1956年 (5月11日-13日) デンマーク
●1957年 (2月15日-17日) アメリカ合衆国・ジョージア州セントサイモン島
●1957年 (10月4日-6日) イタリア・ラツィオ州フィウッジ
●1958年 (9月13日-15日) イギリス・ダービーシャーバクストン
●1959年 (9月18日-20日) トルコ・イスタンブル
●1960年 (5月28日-29日) スイス・ニトヴァルデン準州ビュルゲンシュトック、パレスホテル
●1961年 (4月21日-23日) カナダ・ケベック州
●1962年 (5月18日-20日) スウェーデン・ザルツヨバーデン
●1963年 (5月29日-31日) フランス・カンヌ
●1964年 (3月20日-22日) アメリカ合衆国・バージニア州ウィリアムズバーグ
●1965年 (4月2日-4日) イタリア・ロンバルディア州チェルノッビオ
●1966年 (3月25日-27日) 西ドイツ・ヴィースバーデン
●1967年 (3月31日-4月2日) イギリス・ケンブリッジ
●1968年 (4月26日-28日) カナダ・ケベック州モントランブラン
●1969年 (5月9日-11日) デンマーク・ヘルシンゲル
●1970年 (4月17日-19日) スイス
●1971年 (4月23日-25日) アメリカ合衆国・バーモント州ウッドストック
●1972年 (4月21日-23日) ベルギー・クノック
●1973年 (5月11日-13日) スウェーデン
●1974年 (4月19日-21日) フランス・オート=サヴォワ県メジェーヴ
●1975年 (4月22日-24日) トルコ・イズミル
●1976年 (ロッキード事件のため中止[11])
●1977年 (4月22日-24日) イギリス・デヴォン州トーキー
●1978年 (4月21日-23日) アメリカ合衆国・ニュージャージー州プリンストン
●1979年 (4月27日-29日) オーストリア・バーデン・バイ・ウィーン
●1980年 (4月18日-20日) 西ドイツ・アーヘン
●1981年 (5月15日-17日) スイス・ニトヴァルデン準州ビュルゲンシュトック、パレスホテル
●1982年 (5月14日-16日) ノルウェー・ヴェストフォル県サンデフィヨルド
●1983年 (5月13日-15日) カナダ・ケベック州モンテベロ
●1984年 (5月11日-13日) スウェーデン・ザルツヨバーデン
●1985年 (5月10日-12日) アメリカ合衆国・ニューヨーク
●1986年 (4月25日-27日) イギリス・スコットランド、グレンイーグルス
●1987年 (4月24日-26日) イタリア・ロンバルディア州チェルノッビオ
●1988年 (6月3日-5日) オーストリア
●1989年 (5月12日-14日) スペイン
●1990年 (5月11日-13日) アメリカ合衆国・ニューヨーク州グレンコーヴ
●1991年 (6月6日-9日) ドイツ・バーデン・バーデン
●1992年 (5月21日-24日) フランス・エヴィアン=レ=バン
●1993年 (4月22日-25日) ギリシア・ブリアグメニ
●1994年 (6月2日-5日) フィンランド・ヘルシンキ
●1995年 (6月8日-11日) スイス・ニトヴァルデン準州ビュルゲンシュトック、パレスホテル
●1996年 (5月30日-6月2日) カナダ・オンタリオ州キングシティー
●1997年 (6月12日-15日) アメリカ合衆国・ジョージア州レイク・レイニエ
●1998年 (5月14日-17日) イギリス・スコットランド、ターンベリー
●1999年 (6月3日-6日) ポルトガル、シントラ
●2000年 (6月1日-4日) ベルギー、ブリュッセル郊外
●2001年 (5月24日-27日) スウェーデン
●2002年 (5月30日-6月2日) アメリカ合衆国・バージニア州チャンティリー
●2003年 (5月15日-18日) フランス・ベルサイユ
●2004年 (6月3日-6日) イタリア・ピエモンテ州ストレーザ
●2005年 (5月5日-8日) ドイツ・ロッタッハエゲルン
●2006年 (6月8日-11日) カナダ・オンタリオ州オタワ郊外カナタ、ブルックストリートホテル
●2007年 (5月31日-6月3日) トルコ・イスタンブール、リッツ・カールトンホテル
●2008年 (6月5日-8日) アメリカ合衆国・バージニア州チャンティリー
●2009年 (5月14日-16日) ギリシア・アテネ
●2010年 (6月) スペイン・シッチェス
●2011年 (6月9日-12日) スイス・サンモリッツ、ケンピンスキー・グランド・ホテル・デ・バン








★【【 ビルダーバーグ会議 2011 闇の支配者による秘密会議 】】:スイス・サンモリッツ開会_b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事

by amor1029 | 2011-06-14 07:41 | 冤罪・暗殺・陰謀