人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

なぜか世界の人々を魅了する、世界一大きい『死体花』


なぜか世界の人々を魅了する、世界一大きい『死体花』_a0028694_12141798.gif
世界1大きい、別名『死体花』


この花が咲くと必ず世界各国の話題となって紙面を飾る、世界一大きな花であり、世界一くさい花として有名だ。


学術名は
Amorphophallus titanum (ラテン語)
アモルフォファラス ティタム


1878年、スマトラ(インドネシア)で発見される。
成長すると3mの高さ、3m50cmになったことも。
数年に一度しか咲かない。(3,4年に一度くらい)
咲いている期間はたったの3日間。


食虫植物なのだ!

日本名はスマトラオオコンニャク、そうコンニャク属なのです。コンニャクの花も臭いのですが、スマトラオオコンニャクの臭さは半端ではありません。死臭に似ているそうで、別名が『死体花』(Corpse Flower)なのです。臭さのピークは開花8時間後ですが、その後も生卵や肉が腐った臭いがするとのこと。


死臭に誘われるのは
昆虫だけじゃないようだ!

食虫植物なので、その腐った臭いで昆虫を誘うのです。でも誘われてしまうのは虫だけでなく、人間も同じようで世界一の悪臭さをかぐために、この花が咲くと世界各国どこでも、人々の長い列ができるのですから・・・。




なぜか世界の人々を魅了する、世界一大きい『死体花』_b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

by amor1029 | 2004-10-09 12:18 | 植物