人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

★たこ焼きに相性抜群のシャンパンとは?

★たこ焼きに相性抜群のシャンパンとは? この“たこシャン”、09年ものは今年6月に販売。3000本が大阪各所の飲食店に卸されるなりすぐ売りきれた。味わいはさっぱりとした辛口の飲み口で、「フルーティーでフレッシュな柑橘系の香り」/ シャンパン, シャンパン グラス, シャンパン ゴールド, シャンパン ゴールド 1000 cg - プレート, シャンパン タワー, シャンパン コール, シャンパン ブランチ, モエ シャンパン,
シャンパン モエ, シャンパン サーベル

★たこ焼きに相性抜群のシャンパンとは?_a0028694_1374446.jpg

たこ焼きに相性抜群の
シャンパンとは?

2010.10.12
excite


秋の味覚であるブドウの産地と言えば、山梨県や長野県などが有名。しかし一見、農地が少なく見える大阪もブドウの生産量全国7位。デラウェアにいたっては3位の健闘ぶりで、大正時代の終わり~昭和の初め頃には全国1位だったこともあるそう。そんな大阪産ブドウにこだわるワイナリーがある。


それだけでも珍しいというのに、さらに大阪名物、たこ焼きに合うように作られたシャンパン“たこシャン”まで生み出した。作っているのは、ブドウ園広がる大阪柏原市のカタシモワイナリーさん。まさに地産池消のワインである。


この“たこシャン”、09年ものは今年6月に販売。3000本が大阪各所の飲食店に卸されるなりすぐ売りきれた。味わいはさっぱりとした辛口の飲み口で、「フルーティーでフレッシュな柑橘系の香り」。この口当たりが「こってりとしたたこ焼きにピッタリ」だそう。


10年度ものも今年のブドウを使い来春発売予定。目標は1万本だ。なぜ本数少なめかといえば、「原材料や手作業、設備等の関係から、現在の最大量が約1万本なんです」。


作り方は一本一本瓶内発酵。澱を除くために瓶を回すデゴルジュマンも手作業と、大変な手間がかけられている。サイズが250ミリと小さめなのも、多くの人に飲んでもらえるように。もちろん小さくすることで手間も余分にかかる。


使われているブドウは大阪産デラウェア100%。しかし今後は100%に保てるか不明だそうで、「最低でも50%は大阪産ブドウを使いたい」と言う。理由は農作物である以上、栽培状況が読めないということ。そして大阪ブドウ園の後継者不足による農園の撤退、それによるブドウ生産量の低下だ。


農園の後継者不足の波は、言うまでもなく大阪でも顕著。現在、柏原市にあるブドウ園の中で後継者が決まっているのは、たった10数軒。現在の農園主の平均年齢は70~80歳で、大阪の土地は売価が高いため農地を売ってしまうケースも多い。


それもこれも見栄えを良くしなければ売れない、果物作りの大変さのせい。そこでこちらのワイナリーでは、ワイン用に“見た目が悪くても味の良い”ブドウ作りにチャレンジ。生食では嫌われる種もワインに使うなら問題無い。農薬を減らし手間を減らした栽培方法で、美味しいブドウが完成。このブドウを使ったスパークリングワインで2年前、賞も獲得したそうだ。


このやり方が広がれば、お年寄りや経験の少ない後継者でもブドウを作ることができる。
すぐには難しいかもしれない。しかし成功すれば大阪のブドウを守り、結果的にワインの味もあげられる。というのがワイナリーの考えだ。


来年作られる“たこシャン”は手間暇かけた1万本。卸されるのはリカーショップではなく「大阪のブドウ畑を守りたい」という想いに賛同したお店さん中心。
ワインだからといってチーズやフレンチ&イタリアンだけじゃない。粉もん×シャンパンなんて、意外な組み合わせで新しい可能性が開けてくる。


★たこ焼きに相性抜群のシャンパンとは?_b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

by amor1029 | 2010-10-13 01:43 | お酒に関すること