人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

★村上春樹さん流、英語マスター法とは?

★村上春樹さん流、英語マスター法とは?好きなジャンルの本を原書で読みまくれ!村上春樹氏は英語のペーパーバックを読み漁って英語力を身につけたという。/ ビジネス 英語, 英語, 英語 翻訳, 英語 検定, 英語 学習, 英語 しゃべらナイト,
英語 教室, 英語 教材, 英語 訳

★村上春樹さん流、英語マスター法とは?_a0028694_96578.jpg

村上春樹さん流
英語マスター法とは?

2010.10.12
excite


最近も『週刊ダイヤモンド』で「非ネイティブの英語術」という特集が組まれた。グローバル化の進展に伴い、今後も英語力が益々必要になるのは間違いない。そうなると問題になってくるのは、忙しい日々の中で、「最も効率的な英語勉強法は何か」ということだ。


◆英語のペーパーバックを読み漁って英語力を身につけた、「翻訳家」村上春樹
昨年『1Q84』が大ヒットした作家の村上春樹さんといえば、アメリカの大学で文学を研究していた過去があったり、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』などアメリカの小説を多く翻訳していることでも有名だ。


そんな村上さんも高校時代は英語が苦手だったという。「当時の英語教師が、今僕が外国小説の翻訳をしているといったら驚くでしょう」というようなことをインタビューで答えていたほどだ。


村上さんは昔から、英語で書かれた原書の小説、特にペーパーバックを大量に読んでいたという。その努力は村上さんの英語力を格段にアップさせただけでなく、文学の知識や、自分で小説を書くうえでの様々なノウハウを同時に得たはずだ。


◆好きなジャンルの本を原書で読みまくれ!

軍事評論家の田岡俊次さんは、高校時代から趣味である軍事関係の書籍を原書で読み始め、おかげで英語の試験に苦労することは無かった、と著書『北朝鮮・中国はどれだけ怖いか』で書いている。

もちろん現在の仕事でも、昔培った英語力は非常に役に立っているのだろう。

これは実に効率的な方法で、ビジネス書でベストセラーを連発する本田直之さんは著書『レバレッジ英語勉強法』の中で、「完璧な英語を目指す必要は無い」「仕事に必要な分野の単語をまず覚えろ」といった英語勉強法を提唱している。

「好きこそものの上手なれ」とも言うが、自分の興味範囲・得意分野・専門領域に的を絞って勉強する方法、それが現代の語学学習で最も有効な方法なのではないだろうか。


★村上春樹さん流、英語マスター法とは?_b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

by amor1029 | 2010-10-12 09:11 | 勉強方法・記憶術