人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

犬は癌をかぎわける能力がある。

犬は癌をかぎわける能力がある。_a0028694_4334354.jpg
一番、癌に鼻がきくのはスパニエルだった。


1989年のLancet誌に飼犬が女主人の皮膚の病変部に異常なほどの関心の持ち、そのことがきっかけで病院へ行ったことで、皮膚癌が発見できたという事例が掲載され話題をなった。その後も肺や胸などの内臓をなどの類似した逸話が同誌にいくつか投稿された。

英国バッキンガムシャーの病院の研究者らは癌患者の汗や呼気には、癌細胞から発せられた揮発性の物質が含まれる可能性はあり、訓練次第で犬が膀胱癌患者をかぎ分けられるようになるかもしれないと推測した。また実験に膀胱癌を選んだのは、癌細胞が分泌した物質は尿に入りやすいからだと言う。

その実験内容とは

犬は癌をかぎわける能力がある。_a0028694_430397.jpg
期間は7ヶ月間、普通犬6匹を対象に訓練は行なわれた。犬に膀胱癌患者(36人)と、他の疾病患者または健康な人(108人)の尿の匂いをかがせ、膀胱癌患者の尿であった場合、横で腹這いになるよう指示を与えた。 最終的な試みにおいては、7検体のうち1つのみが癌患者ものという条件で行った。

その結果は
54回中ー22回の成功、その成功率は41%だった!

解析から、癌特有の臭いを認識する能力は、尿検査での科学的数値とは無関係であるという結果がでた。

また
乾燥尿の場合の成功率は22%
新鮮尿の場合の成功率は50%

このことにより、癌細胞物質は揮発性であることも示唆された。


しかし、実はこの実験前に初の科学的証明が・・・

この実験に先立ち、直前の検査で癌がないとされていた人の尿に、6匹の犬すべてが『異常』との反応を示した。その後、被験者を詳しく検査したところ、腎臓に腫瘍が見つかったのだ。ウィリス博士は「これが科学的に初証明であり、非常に興奮しました」とコメントしている。

癌研究英国のデービッド・ニール教授は癌患者の血液や尿には異常な蛋白質があり、犬は腫瘍自体ではなく炎症から蛋白質をかいでいるのではないかと推察している。これからは、同様な方法で、皮膚癌から始め、犬が他の癌を検知できるかどうかを調査するという。
British Medical Journal誌9月23日号


d(=^‥^=)b
今回の記事が面白かった方、是非応援クリックぽっちをしてね!↓
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
応援クリック↑↑よろしくお願いします!

管理人Haruの何よりの励みになります!
犬は癌をかぎわける能力がある。_b0013789_6261018.gif
備考:膀胱癌 癌
by amor1029 | 2004-09-29 04:30 | サイエンス