ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:動物( 78 )

★キリンのように全身伸びに伸びたゾウ 進化の過程?キリンは首が短かった大昔、高い木の葉っぱを食べようと首を伸ばしていたら、進化の過程で今のような長い首になったとか。ということは、いずれゾウも二本足で立ち上がり、高い木の葉っぱを食べるというスタイルが普通になる日が来るのかも! うまくいけば二足歩行も可能? そして自慢の鼻はさらに伸びて、人間の手のようにもっと器用に物をつかめるようになっているかもしれません。 /ゾウ, ゾウ 動物学, 市原 ゾウ 国, ゾウ イラスト, ゾウ 時間 ネズミ 時間, ゾウ 国, 市原 ゾウ, ぱん ゾウ, イラスト ゾウ, き いろ い ゾウ


キリンのように
全身伸びに伸びたゾウ
進化の過程?


2010.9.19
exicite
a0028694_15404333.jpg

a0028694_1550630.jpg


一瞬、ゾウが木に鼻を括りつけられて吊るされているのでは……と誰もが仰天しそう。でも実はこれ、自らバランス良く二本足で立ちあがり、自慢の長い鼻をグイーーーーーーンと伸ばしているシーンです。よっぽど高い場所にある葉っぱが美味しそうに見えたのでしょう。単に鼻を伸ばすだけではなく、全身を使ってピーンと直立した姿は、どこか首の長いキリンを連想します。


この写真は、ザンビアにあるザンベジ国立公園で撮影されました。群れの中でも彼だけが、このような行動をするそうです。このアフリカゾウの年齢はおよそ40歳(人間に例えると50歳くらい)ですが、なぜこのゾウだけがこのような行動をするようになったかは明らかになっていないようです。



キリンは首が短かった大昔、高い木の葉っぱを食べようと首を伸ばしていたら、進化の過程で今のような長い首になったとか。ということは、いずれゾウも二本足で立ち上がり、高い木の葉っぱを食べるというスタイルが普通になる日が来るのかも! うまくいけば二足歩行も可能? そして自慢の鼻はさらに伸びて、人間の手のようにもっと器用に物をつかめるようになっているかもしれません。想像しただけでも珍妙な姿です。

※追記(訂正)
キリンの進化説には複数あり、高い場所のものを食べようとして伸びたもの(ラマルクの用不用説)、突然変異によるもの(ダーウィン進化論)、棲み分け進化説、ウィルス感染によるものなど様々な理由があげられています。


記事の中でキリンの進化について曖昧な表現をしてしまったことを心よりお詫び申し上げます。(正→キリンは進化の過程で長い首になったというラマルク説が正しければ、いずれゾウも高い場所の物が食べられるように進化していくかもしれない。)


b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事
ho
[PR]
by amor1029 | 2010-09-25 15:51 | 動物
★動物の癒し写真~和やかな日をお過ごし下さい!見ていいるだけで癒されるしまう写真ばかりです、是非御覧ください/動物, 動物 占い, 東武 動物 公園, 動物 病院, 多摩 動物 公園, 新 動物 占い, 多摩センター 動物 病院, 動物 イラスト, 野生 動物, 動物 占い 無料


動物の癒し写真

~和やかな1日をお過ごし下さい~


a0028694_10285861.jpg

a0028694_10293675.jpg
a0028694_10373868.jpg

a0028694_10301830.jpg

a0028694_10304251.jpg

a0028694_10312319.jpg

a0028694_1032578.jpg

a0028694_10335438.jpg

a0028694_10344624.jpg
a0028694_10363449.jpg

a0028694_10355015.jpg

a0028694_10384770.jpg



b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2010-09-25 10:22 | 動物
★生きたまま粉砕される雄のヒヨコ、愛護団体が映像を公開 動物愛護団体マーシー・フォー・アニマルズ(Mercy For Animals)は2日、雄のヒヨコ数千羽が生きたままシュレッダーにかけられる様子を映した動画を公開し、鶏卵業界で日常的に行われている残酷な処置だと非難した。/鳥, 巨 鳥 サンダーバード アメリカ, 鳥 インフルエンザ, 鳥 図鑑, 鳥 料理, 赤い 鳥, 鳥 ハム, 鳥 唐揚げ, 鳥 歌, 串 鳥, ひよこ クラブ, 夢 ひよこ, こばやし ひよこ, ひよこ イラスト, ひよこ 豆, ひよこ 豆 レシピ, ひよこ まんじゅう, ひよこ ランド, ひよこ まめ

a0028694_5123330.jpg


生きたまま粉砕される雄のヒヨコ、

愛護団体が映像を公開


2009.9.3
(afp)


動物愛護団体マーシー・フォー・アニマルズ(Mercy For Animals)は2日、雄のヒヨコ数千羽が生きたままシュレッダーにかけられる様子を映した動画を公開し、鶏卵業界で日常的に行われている残酷な処置だと非難した。



マーシーによるとこの映像は、米アイオワ(Iowa)州スペンサー(Spencer)にあるハイライン・インターナショナル(Hy-Line International)のふ化場を極秘調査した際に撮影したもの。24時間ごとにふ化する雄のヒヨコ約15万匹は、雌のヒヨコと分けられ、シュレッダーにかけられ処分されるという。卵を産まない雄のヒヨコは不要だからだ。



さらにマーシーは、雌のヒヨコについても、くちばしは割れ、1箱に100匹が詰め込まれた状態で出荷されるなど、何週間にもわたる残虐行為と監禁状態に耐えていると主張した。 これに対し、ハイライン側は直ちにふ化場全体の調査を開始したと発表した。



マーシーは米国の食料品チェーンに対し、「警告――雄のヒヨコは生きたまま粉砕されています」とのラベルを卵のパッケージにはって販売するよう呼びかけている。



【参考】動物愛護団体マーシー・フォー・アニマルズのホームページ(問題のビデオが自動再生されます)



b0013789_6261018.gif

TOP最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2009-09-05 05:23 | 動物
★動物の母性愛はそれは人間の考えたある種の幻想?動物学者の日高敏隆先生は「動物行動学では母性愛というのは否定的である」と語る。要するに自分の血のつながった子孫をとにかくたくさん残したいから一生懸命育ているだけ、母性愛でなくそれは『母親のエゴ』であり、人間の考えたある種の幻想に過ぎないと日高先生は強調されています / うさぎ, ウサギ, 猫 , ネコ, 犬, イヌ, 馬, 金魚, ブタ, リス, 世界一, ギネス, ギネス記録, 動物, 動物 占い, 東武 動物 公園, 動物 病院, 多摩 動物 公園, パンダ 動物園, 動物 占い, 動物 イラスト, 野生 動物, 多摩センター 動物 病院, 動物 占い 無料


a0028694_12173663.jpg

動物の母性愛はそれは
人間の考えたある種の幻想?



動物学者の日高敏隆先生は「動物行動学では母性愛というのは否定的である」と言う。要するに自分の血のつながった子孫をとにかくたくさん残したいから一生懸命育ているだけ、母性愛でなくそれは『母親のエゴ』であると。


例えばネコが4匹ぐらい子を産み、その中で1匹だけ虚弱だったりすると、たいてい母ネコは虚弱な子ネコには乳をやるどころか、与えずに飢死させ、その子ネコを食べてしまったりする。それは育たないであろう子にミルクを与え続けることは無駄であり、餓死させ食べることで栄養を摂り戻し、丈夫な子ネコを育てる、子孫繁栄のための本能であり、母性のかけらもみられない。動物の母性愛など人間の考えたある種の幻想に過ぎないと日高先生は著書で語っています。



(=∩_∩=)
たとえそれが幻想だとしても、写真から母性愛を感じ、あたたかな気持ちに、優しい気持ちになれたりすることって素晴らしいと・・・。





b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2009-08-29 12:25 | 動物
★クマさんの猛反撃、どうなる動物保護官の運命は?(-_-;) 恐ろしい結末が・・・是非を写真を見て下さいね!/ クマ, くま, 熊, ヒグマ, ツキノワグマ, ジャイアントパンダ, レッサーパンダ, ハイイログマ,アメリカグマ, アメリカクロクマ, ホッキョクグマ, ツキノワグマ, ホラアナグマ, ナマケグマ, マレーグマ, メガネグマ, 哺乳類 クマ, 哺乳類 くま, 哺乳類 熊


クマさんの猛反撃!!

動物保護官の運命やいかに?? 


a0028694_0473792.jpg



a0028694_0484753.jpg



a0028694_0504163.jpg



a0028694_051309.jpg



a0028694_0531387.jpg



a0028694_1341265.jpg



a0028694_1353887.jpg



a0028694_1362986.jpg



a0028694_138242.jpg




(*'-'*)

生きていたなんて奇跡!!
日本のようにとうがらし成分配合のクマスプレーで
人間は恐ろしいものと学ばせ逃がさなくては・・・


b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2008-07-29 01:44 | 動物
★ビックサイズの動物たち~是非見てね! / うさぎ, ウサギ, 猫 , ネコ, 犬, イヌ, 馬, 金魚, ブタ, リス, 世界一, ギネス, ギネス記録, 動物, 動物 占い, 東武 動物 公園, 動物 病院, 多摩 動物 公園, パンダ 動物園, 動物 占い, 動物 イラスト, 野生 動物, 多摩センター 動物 病院, 動物 占い 無料



ビッグサイズの動物たち

~見てビックリ<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!~


a0028694_18264640.jpg



a0028694_18272399.jpg



a0028694_1828230.jpg



a0028694_18283592.jpg



a0028694_18291870.jpg






a0028694_18303054.jpg



a0028694_1831947.jpg



a0028694_18315920.jpg



a0028694_23324448.gif
◆・・関連記事・・◆
世界一小さな動物とは?さて、どの動物かな?(゚ロ゚;)エェッ



b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2008-06-20 18:41 | 動物
★やはりネコにはネズミ? アレルギーワクチンの実験成功!!ネコアレルギーに対するワクチンを開発中のスイスの科学者らが「敵の敵は友」の格言を生かし、ネコのライバルであるネズミを使った試験に成功した。 /ねずみ, ネズミ, ねずみ 駆除, ねずみ 退治, ねずみ っ子 クラブ, はり ねずみ, ねずみ 小僧, ねずみ 男, ねずみ イラスト, ネズミ 駆除, ネズミ 捕り, ネズミ イラスト, ネズミ 退治, ネズミ 帝国, ネズミ 動物学, ゾウ 時間 ネズミ 時間, ハロー 張り ネズミ, ねこ, こま ねこ, ねこ きもち, ねこ こ ばん, ねこ ぢる, ねこ たま, こ ねこ, なめ ねこ, こん ねこ, ねこ たまご, 猫, 猫 画像, 猫 村, 猫 里親, 猫 病気, ペット 猫,


a0028694_9495223.jpg


やはりネコにはネズミ?
アレルギーワクチンのマウス実験成功!!


2008.1.5
(afpbb)


ネコアレルギーに対するワクチンを開発中のスイスの科学者らが「敵の敵は友」の格言を生かし、ネコのライバルであるネズミを使った試験に成功した。


マンガの「トムとジェリー」ではないが、Swiss asthma and allergies research institute(SIAF)の研究チームは、タンパク分子に基づいたネコアレルギーのワクチンをまずマウスに投与して成功した。その結果、監督機関から臨床試験の認可を得ることができた。


Reto Crameri主任研究員はスイス通信(ATS)に対し、新ワクチンは現在の天然抽出物を使用した治療法より100倍以上も効果的だと述べた。


現在の治療法では3か月で20-30回の皮下注射を行う上、その後も3-5年間にわたり毎月の接種を要するのに比べ、新ワクチンはわずか3回の接種で効果を発するという。


人体に対する新ワクチンの試験は3-4か月後には開始される予定で、チューリヒ大学(University of Zurich)と独ハノーバー(Hannover)のImVisioN社が共同で行う。




b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2008-01-09 09:53 | 動物
★米カリフォルニア州にすむリスが、脱皮後に残されたヘビの皮を細かくかみ砕いては自分の体につけて体臭を天敵のヘビに「擬装」し、襲撃を受けにくくして身を守っていることがわかった。/ リス, リス 株式会社, 町田 リス 園, リス 飼い方, ペット リス, 栗 リス, リス 園, リス 森, 手 リス, リス イラスト, 動物, 東武 動物 公園, 動物 病院, 多摩 動物 公園, 新 動物 占い, 動物 イラスト, 野生 動物, アニマル, 哺乳類


アメリカのリス、蛇に「擬装」?
脱皮の皮でにおいつけ護身 


2007.12.24
(asahinews)


a0028694_9242183.jpg

脱皮後のヘビの皮をかむリス


a0028694_9253100.jpg

ヘビの皮をかんで、自分の体をなめる
ことでにおいをつける


米カリフォルニア州にすむリスが、脱皮後に残されたヘビの皮を細かくかみ砕いては自分の体につけて体臭を天敵のヘビに「擬装」し、襲撃を受けにくくして身を守っていることがわかった。体の見かけを他の生き物などに似せる「擬態」はよく知られているが、「擬臭」の例は珍しい。


カリフォルニア大デービス校の大学院生バーバラ・クラカスさんらが見つけ、動物行動学の専門誌に発表した。


クラカスさんによると、ジリスと呼ばれるリスの仲間などが、ガラガラヘビの皮をかんでから自分の毛皮をなめ、においをつけていることが観察された。


自分のにおいを消し、「他のヘビがいる」とヘビに誤解させるための行動らしい。より狙われやすいメスの大人や子どもは、オスの大人に比べ、この行動が頻繁に見られるという。





b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2008-01-09 09:37 | 動物
★クヌートが1歳の誕生日を迎えた!! ベルリン動物園の人気者となっているホッキョクグマ「クヌート」が5日、1歳の誕生日を迎えた(excite) 写真で見る1年 /シロクマ, クヌート シロクマ, シロクマ クヌート, クマ, くま, 熊, ヒグマ, ツキノワグマ, ジャイアントパンダ, レッサーパンダ, ハイイログマ,アメリカグマ, アメリカクロクマ, ホッキョクグマ, ツキノワグマ, ホラアナグマ, ナマケグマ, マレーグマ, メガネグマ, 哺乳類 クマ, 哺乳類 くま, 哺乳類 熊, 絶滅 危機 動物, 絶滅 しそうな 動物, 絶滅 動物, 野生 動物 絶滅


a0028694_7223376.jpg

クヌートが1歳の誕生日を迎えた!!

2007.12.5
(excite)


[ベルリン 5日 ロイター] ベルリン動物園の人気者となっているホッキョクグマ「クヌート」が5日、1歳の誕生日を迎えた。飼育係が、レタスの台に魚や果物、野菜、米を盛り付けた誕生日ケーキを囲いの中に運び込むと、クヌートは穴から飛び出してそれを食べ、その後、ろうそくに見立てた棒をかんで遊び始めた。

クヌートは生後間もなく母親が育児を放棄。賛否両論ある中、動物園で飼育係により育てられることになった。体重800グラムの赤ちゃんだったクヌートは現在、100キロを超えるまでに成長した。


a0028694_782824.jpg

2007.3.2



a0028694_755538.jpg

2007.3.2



a0028694_793957.jpg

2007.3.2



a0028694_728682.jpg

2007.3.23



a0028694_7291910.jpg

2007.3.23



a0028694_7312150.jpg

2007.4.15



a0028694_7322175.jpg

2007.4.17



a0028694_7343337.jpg

2007.6.1



a0028694_7415953.jpg

2007.7.5



a0028694_7433059.jpg

2007.10.2



a0028694_75699.jpg


2007.11.21



a0028694_757566.jpg


2007.12.4



a0028694_757473.jpg


2007.12.4



a0028694_7583319.jpg


2007.12.4




(*'-'*)

動物の成長って早いですね!
大きくなってもクヌートはかわいい!!



b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2007-12-13 08:02 | 動物
★クマが木で背中をこするのは実は「怖い」から??、「かゆみを取るため」の行為だと考えられてきたが最近の研究で、雄グマのライバルに対する威嚇行動であることが明らかに。/ クマ, くま, 熊, ヒグマ, ツキノワグマ, ジャイアントパンダ, レッサーパンダ, ハイイログマ,アメリカグマ, アメリカクロクマ, ホッキョクグマ, ツキノワグマ, ホラアナグマ, ナマケグマ, マレーグマ, メガネグマ, 哺乳類 クマ, 哺乳類 くま, 哺乳類 熊, 絶滅 危機 動物, 絶滅 しそうな 動物, 絶滅 動物, 野生 動物 絶滅


a0028694_1351084.jpg


a0028694_1351375.jpg


クマが木で背中をこするのは 

「かゆい」からではなく「怖い」から?


2007.9
(afpbb)


ハイイログマ(grizzly bear、グリズリー)が自分の背中を松の木の幹にこすりつけるという習性は、一般によく知られている。従来、これは「かゆみを取るため」の行為だと考えられてきた。ところが最近の研究で、この習性が雄グマのライバルに対する威嚇行動であることが明らかになった。


クマが「こすりつけ」を行う理由については、求愛行動のため、寄生虫を振り落とすため、あるいは虫除けのために松の樹液を体につけるためといった諸説があった。


環境活動家として著名な英カンブリア大学(Cumbria University)オーウェン・ネビンOwen Nevin)教授(動物保護学)が、カナダのブリティッシュコロンビア(British Columbia)州に生息するハイイログマを2年間観察した結果、松の木に体をこすりつけて臭いを残すのは雄だけだと判明。これにより自分の縄張りを示し、他の雄がやってきて「決闘」となる事態を避けているのだという。


ネビン教授は松の木の前にデジタルカメラを設置し、幹に体をこすりつけにやって来るクマの生態観察を行った。その結果、こすりつけを行う姿が撮影されたのは、雄だけだった。さらにGPS(全地球測位システム)の発信機をクマに取り付け、追跡観測したところ、雄グマはパートナーとなる雌グマを探して谷から谷を巡り歩いては、あちらこちらの木に「マーキング」をしていることが分かった。


雄クマ同士が遭遇して争う場合、双方が瀕死の重傷、時には殺し合いになることさえある。臭いによるマーキングは、こうした争いを避けるための知恵となっているようだ。「自分が臭いをつけようとした木に他の雄グマの臭いがついていた場合、その雄グマは自分が他のクマの『縄張り』を侵している、つまり激しい争いが起きる可能性があると察するのだ」とネビン教授は言う。


観察の結果、幼い子グマもマーキングを行うことが判明した。雄グマは子グマのいる母親グマとつがいになろうとする場合、その子グマを殺すことがある。こうした事態を避けるため、子グマ自身がマーキングを行い、雄グマを威嚇しているのだろうと、ネビン教授は推測している。

 
ネビン教授は、この研究結果をイギリス生態学会(British Ecological Society)の4日付け報告書で発表。次週スコットランドのグラスゴー大学(University of Glasgow)で開かれる同学会の年次大会で、研究報告を行う予定。




b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2007-12-12 13:57 | 動物