ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:魚類( 43 )

★キモカワ深海生物~センジュナマコ(通称=海のブタ)見た目が豚を連想させるために名付けられたようだ。身体の前方には10本の触手を持ち、エサを口に運ぶ役目をしている。体長は約12センチ、12本の足で海底を這いずるように移動し、ときには角のように見える足で立ち泳ぎもするそうだ。/ ナマコ, ナマコ 料理, 乾燥 ナマコ, 干し ナマコ, ナマコ 種類, 黒 ナマコ, ナマコ 食べ方, ナマコ 壁, ナマコ 飼育, ナマコ レシピ


a0028694_1143315.jpg


a0028694_11434862.jpg


a0028694_11442775.jpg


a0028694_11445760.jpg


a0028694_1145294.jpg


キモカワ深海生物
センジュナマコ
(通称=海のブタ)


『センジュナマコ』はプックリとした身体つきから、通称『シー・ピッグ』(SeaPig)とも呼ばれている。見た目が豚を連想させるために名付けられたようだ。身体の前方には10本の触手を持ち、エサを口に運ぶ役目をしている。


体長は約12センチ、12本の足で海底を這(は)いずるように移動し、ときには角のように見える足で立ち泳ぎもするそうだ。彼らは太平洋、大西洋、インド洋など世界中の海に生息しており、海底のサンゴ礁に生息している。


日本近海ではあまり見られないが、深海ではメジャーな存在だという。ニュージーランドの海洋学者が深海を調査したときには、『センジュナマコ』を含む3万匹もの深海生物に遭遇したという。


底引き網で漁をすると、大量に網にかかることもあるそうだ。しかし一度に大量に水揚げすると、その地域の深海生物に大きな影響を与えてしまうため、海外では底引き網漁を禁止している地域もあるという。 (searchina)


b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2010-10-13 12:02 | 魚類
★「男前メダカ」って何で“男前”なの!? 答えは簡単、それは“男前”だから。普通のメダカは目が黒目ですが、「男前メダカ」は黒目が薄れていてブルーがかった目やシルバーブルーの目が特徴。さらに、他のメダカはかわいらしい目をしているのに比べ、クールな目をしているそうです。だから男前!/メダカ, メダカ 飼育, メダカ 飼い方, メダカ 産卵, メダカ 販売, ペット ショップ メダカ, メダカ 卵, 光る メダカ, メダカ 病気, 卵生 メダカ

a0028694_12233272.jpg

(上)「男前メダカ(ブルー系)」1匹3000円
(下)10万円のメダカ「超男前ヒカリダルマメダカ(墨黒)」


「男前メダカ」って
何で“男前”なの!?
excite


「男前メダカ」。メダカが男前? 男前のメダカ? どっちでもいいが、正直、「メダカ」と「男前」という言葉の結びつきがわからない。なぜこのメダカたちは男前と呼ばれているのか? ということで熱帯魚探しはしばし休憩、男前メダカについて販売元の『めだか本舗』さんに聞いてみました。


実はこの「男前メダカ」、「めだか本舗」さんが独自に名づけた商品名との事。なぜ男前という言葉がつけられたというと、答えは簡単、それは“男前”だから。普通のメダカは目が黒目ですが、「男前メダカ」は黒目が薄れていてブルーがかった目やシルバーブルーの目が特徴。


さらに、他のメダカはかわいらしい目をしているのに比べ、「男前メダカ」はキリッとしたクールな目をしているそうです。だから男前! そのネーミングのおかげか、数あるメダカ品種の中でも売れ筋の商品だとか。
 

気になるお値段を聞いてみると「一匹20円から10万円ですね」とサラリ。じゅ、10万円!? その名も「超男前メダカ」。
それは、男前メダカの中でも、体の色が墨黒で、背中にイワシやサバのような光が入っているもの、さらに体がコロコロしたダルマバージョンと呼ばれる希少な品種。飼育も繁殖も難しいため、これだけのお値段がついているのです。ちなみに現在、完売中だとか。


奥深きメダカの世界。男前の上に超男前がいて、男前なほど価値がある。なんか人間の世界と似ている。この男前メダカ、特に女性から人気らしい。

b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2010-10-05 12:27 | 魚類
★魚の切り身がゾンビに! 「ゾンビ・フィッシュ」の正体とは!?何の変哲も無い魚の切り身が、生きている魚のように台所の上をビチビチと跳ね回ります。仕掛けは ” レモン ” にあるらしい。続きは記事をどうぞ!/魚, 淡水 魚, 魚 図鑑, 半 魚 人 未確認 生物, 観賞 魚 ベッド ショップ, 魚 釣, 旬 魚, 魚 イラスト, 観賞 魚, 古代 魚



魚の切り身がゾンビに!
 
「ゾンビ・フィッシュ」

の正体とは?

excite

a0028694_8435170.jpg

a0028694_961240.jpg


イギリスの家庭で一般的に食べられている「ドッグフィッシュ」。揚げ物にしたり、焼いても美味しい小型のサメのような魚だそうですが、なんと今回この「ドッグフィッシュ」が、幸せな家庭に恐怖をもたらすのです……。


今海外のインターネットユーザーで話題になっているこの動画、再生直後からショッキングな映像が流れます! 閲覧にご注意下さい。一見何の変哲も無い魚の切り身が、生きている魚のように台所の上をビチビチと跳ね回ります。


その見た目はまるで ” ゾンビ ” のよう。魚なので「ゾンビ・フィッシュ」と言ったところでしょうか。顔がまだあったら、飛び掛ってきそうな活きの良さ。お母さんも「オォゥ……」と怖がって家族を呼んでいる様子が伺えます。


この動画を見たインターネットユーザーによると、仕掛けは ” レモン ” にあるらしい。筋肉の細胞が生きていれば、レモン汁や塩や醤油など、電気的刺激を発生しやすい調味料をかければ、一瞬収縮する。すると、収縮した細胞から電気信号が発生・周辺の筋肉細胞がその信号を受けて収縮・電気信号が発生という連鎖がおこるので、切り身でもピクピク動く。」(引用)


本当にゾンビになってしまったわけではないようなので、きっとこの後「ゾンビ・フィッシュ」は美味しく調理されたのでしょう。新鮮な魚でしか起こらない現象のようですが、何も知らずにこんな場面に出くわしたら腰を抜かしてしまいますね。


b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2010-09-26 09:14 | 魚類
★温暖化で南極の氷が溶解、未知の生物が多数発見された!! 新種と見られる生き物も見つかったという。是非、写真も見てね!/ 生物 新種, 地球 温暖化,新種 生物, 新種 生物 画像, 新種 海洋 生物地球 温暖化 原因, 環境 問題 地球 温暖化, 地球 温暖化 影響, 地球 温暖化 対策


温暖化で南極の氷が溶解
未知の生物が多数発見される!


2007.02.27
(CNN)


a0028694_3333296.jpg
↑腕が12本あるヒトデ

a0028694_3352522.jpg
↑血液に赤血球を持たない種類の魚

a0028694_336366.jpg
↑新種と見られるエビの仲間

a0028694_3365956.jpg
↑海底を動くナマコの仲間



ワシントン──地球温暖化の影響により南極大陸を覆っていた棚氷が溶解した結果、氷の下に生存している多くの生物が新たに見つかった。ベルギー国際極地財団の研究チームが25日、報告した。新種と見られる生き物も見つかったという。


研究チームによると、南極大陸の南極半島からウェッデル海にかけての沿岸部では、1974年以来、1万3500平方キロに及ぶ氷原の氷が溶解。


特に、過去10数年の間で、5000年以上にわたって凍っていた氷が大きく分裂した結果、より広い範囲で生物の探査が可能になったという。


14カ国から参加した研究者が10週間かけて、南極半島の各地を調査。その結果、これまで知られていない南極の海に生息する生物が見つかった。


腕の長いヒトデの仲間や、海底で一方向に一斉に動くナマコ、クラゲ、ホヤ、サンゴの仲間、イソギンチャクなど、様々な生き物が報告された。研究者らは今後、これらの生物が新種かどうかを、詳しく調査する予定。




b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2007-03-02 03:51 | 魚類
★世界初ーメス→オス、メダカの性転換に成功する!! 雄性を決定づける遺伝子DMYを導入し、雌から雄に転換。/ めだか, メダカ, 遺伝子, 遺伝子 研究, 遺伝子 組替食品, 遺伝子 組換, 遺伝子 組換 作物, 遺伝子 組換え 食物 生物学


a0028694_685442.jpg
体色が白い雌メダカ(写真上)、赤い雄メダカ(中)
雄性を決定づける遺伝子DMYを導入し、雌から雄に
転換したメダカ(下)、体色は白いが背と尻のひれが
大きいのは雄の特徴



世界初
メス→オス、メダカの性転換に成功する!!


2007.2.20
(yomiuri)

自然科学研究機構・基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)と新潟大大学院の研究グループが、遺伝子を操作して人工的にメダカのメスをオスに性転換させ、その精子を使って子メダカを誕生させる実験に成功した。


世界初の成果で、米国科学アカデミー紀要電子版に20日掲載された。同研究所の長浜嘉孝教授と新潟大大学院の酒泉満教授らは、メダカの性決定遺伝子を2002年に発見している。


今回、オスの性決定遺伝子をメスになるはずの受精卵に入れたところ、孵化(ふか)した58匹のうち13匹に精巣ができた。うち8匹は受精可能な精巣で、受精させると、多くの子メダカが誕生した。


性決定遺伝子は、人間とマウスでも見つかっている。メダカの性決定遺伝子の構造や働きを詳しく調べることが、哺乳(ほにゅう)類の性決定の仕組みの研究にも役立つという。




b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

26
[PR]
by amor1029 | 2007-02-26 06:25 | 魚類
★世界最大級の重さ450kgのダイオウホウズキイを釣る(゚゚; ニュージーランドの漁師がこのほど、世界最大級と見られる体長は約10メートルで重さ約450キロのイカを釣り上げた。地元メディアによると、吸盤の大きさは車のタイヤほどという。/ ダイオウイカ, イカ, 大王イカ, 巨大イカ, イカ, ダイオウイカ動画, ダイオウホウズキイカ


a0028694_16122236.jpg

a0028694_1684971.jpg

a0028694_2045793.gif


世界最大級の重さ450kgの
ダイオウホウズキイを釣る(゚゚; 


2007.02.22
CNN

ウェリントン──ニュージーランドの漁師がこのほど、世界最大級と見られるイカを釣り上げた。同国のアンダートン農業省が22日、発表した。地元メディアによると、体長は約10メートルで重さ約450キロ。吸盤の大きさは車のタイヤほどだという。


南極大陸沖合で深海魚のスズキ目のマジェランアイナメ(通称メロ)漁をしていた漁師が釣り上げたもの。針にかかっていたマジェランアイナメを食べていたという。漁師らは釣り上げた後、船の冷凍設備で保存し、科学的な調査のためにニュージーランドへ持ち帰った。


体長12─14メートルにも達するとされるダイオウホウズキイカだが、深海に生息するため、詳しいことは分かっていない。これまでに見つかった個体には体長12メートルのものがあるが、重さは今回の個体の方が150キロ重く、世界最大級と見られる。



(*'-'*) 刺身で何人前だろう?


b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2007-02-24 16:21 | 魚類
★金色の琵琶湖大ナマズ、琵琶湖で発見される!!もともとは青みがかった黒っぽい色だが、突然変異でメラニン色素が合成できないため黄色くなったとみられる。現在治療中ですが、琵琶博物館展示水槽にお目見えするとのこと。/ ナマズ, 琵琶湖大ナマズ, ナマズ 魚類, ナマズ 釣, ナマズ 飼育, 日本 ナマズ, サカナ ナマズ, アメリカ ナマズ, ナマズ 飼い方, 熱帯魚 ナマズ, 地震 ナマズ 関係



金色の琵琶湖大ナマズ発見される!! 

2006.1.19
(yahoo news)

b0013789_19335.jpg
琵琶湖で見つかった金色のビワコオオナマズ。もともとは青みがかった黒っぽい色だが、突然変異でメラニン色素が合成できないため黄色くなったとみられる。



b0013789_19323617.jpg

琵琶湖博物館Newsより

1月11日の早朝、滋賀県高島市沖で刺網操業中の漁師さんによって捕獲された黄色いビワコオオナマズが、当館にやってきました。

このような黄色いビワコオオナマズは、昔から竹生島の弁天様のお使いとして「ベンテンナマズ」と呼ばれ、漁師さんの間でも大切に扱われてきました。

とくにベンテンナマズの多くはイワトコナマズで、ビワコオオナマズのこのような黄色い個体は、当館が確認したものでは3例目と、きわめて珍しいものだといえます。

現在、漁獲時の傷のため、水族展示室裏で、治療中ですが、傷が治り次第、展示水槽にデビューする予定です。



琵琶湖大ナマズ
(ビワコオオナマズ)
(魚類図鑑
科名・・・・・・・・・・ナマズ科
学名 Silurus biwaensis
体長・・・・・・・ 90~120cm


口ひげは4本。稚魚期までは6本。成魚の下顎のひげは著しく短い。腹部が白い。琵琶湖固有種。琵琶湖の全域を活動範囲としている。


夜行性で魚食性。餌となる魚類の範囲は広く、ホンモロコなどの小魚からゲンゴロウブナなど比較的大きなものまで捕食している。


琵琶湖の深所でも生活しているためか、冬季でもあまり食欲は減退しない(琵琶湖は水深20mを超えると年間水温が10℃前後と一定)。


飼育環境下では、比較的嗜好が見られ、マス類、ウグイを好むが、コイやニゴイ、ナマズ、フナ類などほとんどの魚種を食べる。


体長1mあまりのビワコオオナマズが40cm前後のコイを食べることもまれではなく、飼育する場合、他魚種との混養には適さない。


琵琶湖では、生態系の頂点に立つ魚種と考えられる。そのためか、縄張り意識が強く同種で激しく争う。成長が早く寿命は長い。




b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2006-01-23 19:47 | 魚類
★エチゼンクラゲの生態は?古名は「若狭クラゲ」?学名・・Stomolophus nomurai、重さ・・100~200kg、分布・・東シナ海、朝鮮半島沿岸、傘の直径・・40~100cm、体色・・淡褐色・灰色・薄桃色 / エチゼンクラゲ / エチゼンクラゲ 料理 / エチゼンクラゲ 対策 / エチゼンクラゲ 生態 / エチゼンクラゲ 大量 発生



b0013789_17151645.jpg
傘径が1m以上、触手は3m以上のエチゼンクラゲ

エチゼンクラゲって?

日本最大のクラゲ
学名・・Stomolophus nomurai
英名・・・・・・Nomura's jellyfish
重さ・・・・・・・・・・・100~200kg
分布・・・東シナ海、朝鮮半島沿岸
傘の直径・・・・・・・・・40~100cm
体色・・・・・・淡褐色・灰色・薄桃色


日本近海に発生する最大のクラゲ。東シナ海で生まれると考えられており、対馬海流に乗り日本海を北上し、一部は津軽海峡を抜けて太平洋でも見られる。


外観はグロテスクで、傘の直径が2m以上の大きなものもいる。傘下に多数の口腕を持ち、体色は灰色・褐色・薄桃色等の変異がある。


刺胞(しほう)は弱いのか、人が刺されたという話はほとんど聞かないが、船上でクラゲを処理した職員から「アカクラゲほどではないけれど、肌が赤くなって痛くなったり、かゆくなったりした」という報告もあるので注意が必要だ。


ここ数年、温暖化の影響で海水温度の上昇、エチゼンクラゲが大発生。一隻あたり100匹以上のエチゼンクラゲが掛かり、網が破れたり、クラゲの毒で魚が変色、重みでつぶれるなどの被害が相次でいる。



b0013789_17144212.jpg

エチゼンクラゲと呼ばないで!!
(Yomiuri news)

名前の由来は1920年に福井県水産試験場長の野村貫一さんが新種のクラゲを採集したのがきっかけ。発見場所は現在の福井県高浜町沖で、実際の古名では「越前」ではなく「若狭」だが、なぜか「エチゼンクラゲ」と命名された。


今月、福井県水産課は「福井が発生地と誤解され、イメージダウンにつながる」と魚協などの関係機関に対し、「大型クラゲ」と呼び換えるよう、要望している。


水産庁などの文書では呼び換えを開始したが、マスコミでは相変わらず、「エチゼン」が主流のまま、ありがたくない“冠名(かんむりめい)”に苦労する日が続いていると言う。



(*'-'*) エチゼンクラゲは「若狭クラゲ」だったのですね!!



b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2005-10-28 18:01 | 魚類
★エチゼンクラゲは珍味としては最高級?。 味やにおいはなく、コリコリとした触感、中華料理の食材として用いられる。高級品なら1キロ3~4,000円もする。市立加茂水族館では、「クラゲアイス」「クラゲ饅頭」「クラゲ羊羹」も販売されている。 / エチゼンクラゲ / エチゼンクラゲ 料理 / エチゼンクラゲ 対策 / エチゼンクラゲ 生態 / エチゼンクラゲ 大量 発生



b0013789_15525025.jpg
↑クラゲ寿司
京都府立海洋センター

エチゼンクラゲは珍味としては最高級?

珍味の専門業者は「エチゼンクラゲは食材としては最高級だ!」と言う。 味やにおいはなく、コリコリとした触感、中華料理の食材として用いられている。高級品なら1キロ3~4,000円もする。



京都魚連ではきざみ塩くらげ」という試作品を作り、水産加工品の求評会に出品した。同連では、観光資源として利用出来ないかと考えているそうだ。


b0013789_16531393.jpg
↑クラゲアイス
鶴岡市立加茂水族館

山形県鶴岡市の市立加茂水族館では、「クラゲアイス」(1本200円)が販売されている。低カロリーで、コラーゲンが豊富と好評だ。


使用しているクラゲはエチゼンクラゲやスナイロクラゲ。塩とみょうばんで漬け、塩抜きをしてゆでたものを約5ミリに刻んで、アイスに練り込んでいる。


また新作として「くらげ入り羊羹(ようかん)」「くらげ入り饅頭(まんじゅう)」を発売、全国発送も行っている。申込・問合せは直接加茂水族館へTEL 0235-33-3036 (メールでのご注文は受け付けていないとのこと)




エチゼンクラゲの加工法とは?
新潟県水産海洋研究所

1.クラゲの体の97%は水分なのでまず脱水。

2.冷水に8~10時間浸して外側の粘液を取り除く。

3.さらに水洗いし、すのこに載せて水切りをする。

4.ミョウバン5%を混ぜた食塩(食塩2に対してミョウバン100g)をすり込んで樽につけ込む。

5.2~3日脱水させると半透明の黄白色になる。

6.3~5を3回繰り返すとできあがり。2回目はミョウバンの量は始めの20%減、3回目はさらに2回目の20%減とする。



(*'-'*) クラゲアイスが食べたいな!!


b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2005-10-28 17:55 | 魚類
★エチゼンクラゲ除去網が開発される!!京都府立海洋センターはエチゼンクラゲの混獲を防ぎ、海底の松葉ガニ(ズワイガニ)やカレイのみを漁獲する底引き網を開発した。/ エチゼンクラゲ / エチゼンクラゲ 料理 / エチゼンクラゲ 対策 / エチゼンクラゲ 生態 / エチゼンクラゲ 大量 発生


エチゼンクラゲ除去網が開発される!!
(Yahoo news)

b0013789_1133667.jpg

b0013789_11412688.jpg


京都府宮津市小田宿野の府立海洋センターは、日本沿岸に大量発生しているエチゼンクラゲの混獲を防ぎ、海底の松葉ガニ(ズワイガニ)やカレイのみを漁獲する底引き網を開発した。


今夏開発した方式を改良、体制を整えてカニ漁解禁(11月6日)に臨む。底引き網漁は、先の長い袋状の網を漁船が引っ張り、漁獲する。


一昨年のズワイガニ漁では、大量発生したエチゼンクラゲの影響で網が引き揚げられなかったり、網の破損、クラゲの毒でカニが死亡するなどの被害が相次いだ。


開発した網は、中ほどに一辺が40センチほどのひし形の大きな網目がある「選択網」を設置。網に入った大きなエチゼンクラゲが途中の選択網を通過できず、「排出口」から網の外に出て行く仕組み。


8月に開発した網に工夫を加え、今回、排出口を下向きに取り付けることで、カニは逃がさず捕獲できるようにした。


同センターの調査では、カニはほぼ100%、カレイは約90%漁獲でき、エチゼンクラゲは約40%を排出。体長1メートル近いクラゲの排出率はほぼ100%という。


クラゲとの接触によるカニの鮮度低下を防止する効果も期待され、11月6日のズワイガニ漁解禁時には、数隻の漁船が使用する予定。



(*'-'*) 効果が期待できそうですね!


b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2005-10-28 17:48 | 魚類