ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:海外の話題( 101 )

映画 ジャンル・・・sf映画・・・科学者が選んだSFエ映画ベスト10の発表がありました。是非記事を読んで下さい。

<big><b>sf映画</big></b>
a0028694_16335780.jpg


科学者が選んだSF映画ベスト10

2004年8月26日の英国・ガーディアン紙において、世界中の科学者、
60人の投票によるSF映画のランキングの発表がありました。

世界中の科学者が選ぶというあたりが面白い
さて、そのランキングは↓


1━ブレード・ランナー(1982)
2━2001年宇宙の旅 (1968)
3━スターウォーズ(帝国の逆襲)(1980)
4━エイリアン(1979)
5━ソラリス(1972)
6━ターミネーター2(1991)
7━地球の静止する日(1951)
8━宇宙戦争(1953)
9━マトリックス(1999)
10━未知との遭遇(1977)


82年のリドリー・スコット監督映画「ブレードランナー」が”科学者の選ぶベストSF映画”の1位に選ばれました。英国キングス大学のミンガー教授(細胞学専門)は「ブレードランナーは、史上最高のSF映画だ」という。

「この映画ははるか未来を見越して作られているのにも関わらず、先見性があり、人間とは何か?我々はどこから来たのか?という世代を超えた命題をも問いかけている」とコメントしています。

<big><b>ブレード・ランナー</big></b>
<big><b>2001年宇宙の旅</big></b>
1━ブレード・ランナー

2019年11月、都市は数百階の高層ビルが建ち並び、酸性雨が絶えず降る、うっとうしい薄闇に包まれています。人類は惑星戦争に備えてレプリカントを作り、奴隷同様に使役していますが、レプリカントは製造後しばらくすると感情が芽生えてくるため、地球上では安全対策上使用が禁止されています。しかし、宇宙船を乗っ取って地球に4匹のレプリカントが逃亡し、ブレードランナーに抹殺指令が降りることになります。 この映画もカルト化しただけあって公開時あまり当たりませんでした。
<big><b>スターウォーズ (帝国の逆襲)</big></b>
<big><b>エイリアン</big></b>
2━2001年宇宙の旅

石版と人類進化の関わりを暗示しながら、猿人の時代シーンから2001年の新人類誕生シーンまでを描いています。人となった猿人が投げる骨が宇宙に浮かぶ宇宙船となり、月に石版が発見されたという話につながっていきます。この石版は木星に向かって強い電磁波を放っていることがわかり、ボーマン船長らが木星へと調査に向かうことになります。ここまでに宇宙での旅行の有様をSFXで見せてくれもします。さて、木星に到着するまでにHAL9000型コンピュータが反乱を起こしてボーマン以外の乗組員が死亡するというエピソードも挿入されます。ボーマンが危機を乗り越えて木星に達したとき、そこには石版が待っており、異次元の世界へといざなわれるのです。
<big><b>ソラリス</big></b>
<big><b>ターミネーター2</big></b>
3━スターウォーズ(帝国の逆襲)

前作で勝利を治めた反乱軍だが、帝国の奇襲によって雪の惑星ホスからの撤退を余儀なくされる。ルークは戦列を離れ、ジェダイの騎士としての修行を積むべく惑星ダゴバへ。ハン・ソロとレイア達は雲の惑星ベスピンへ逃れるが、そこにもダース・ベイダーの罠が待ち受けていた。“スター・ウォーズ”サーガ第2部の中編(エピソードⅤ)にあたるため、続編でありながら次のエピソードへも続くという作りがどうしても一つの作品として完結しない宿命になるのが辛いが、それでも次々と舞台を変えて見せるアクションやSFXシーンはさすがの感がある。特にジェダイの師として初登場するヨーダの存在感は驚異的ですらあり、これまた後のSFファンタジー作品に影響を与えたのです。
<big><b>ターミネーター2</big></b>
<big><b>地球の静止する日</big></b>
4━エイリアン

『エイリアン』は誰しも認める傑作SFホラー。この作品の公開前には雑誌等でエイリアンの化石(3段中央のコマ)のスチルが掲載されて、大いに期待させられた思い出があります。何を期待したかと言えば、どんな知性を、文明を描き出すのかという期待でした。この宇宙船や化石化した宇宙人のスチルはそういう好奇心を掻き立てるものでした。しかし、映画は期待を裏切り、好奇心を掻き立てるのではなく、恐怖心を掻き立てるのもだったのです。


5━ソラリス

21世紀。惑星表面の海が有機的頭脳を持つと推測される惑星ソラリス軌道上のステーションに心理学者クリスが送り込まれます。ソラリスの海は人間の潜在意識を実体化する働きがあり、クリスの前には10年前に自殺した妻が現れます。しかし、完全な複製ではなく、脱げない服を着て現れるところがミソですね。良心に苛まれることから逃れるためクリスは妻をロケットで打ち上げますが、再び妻が現れるのです。そしてこの妻自身も自分の存在について悩み始めることになります。
<big><b>マトリックス</big></b>
<big><b>未知との遭遇</big></b>
海外映画情報記事良かったはまた載せて方
管理人の励げみとなる、応援のクリックを!!
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
b0013789_6261018.gif
【知識の泉 Haru's トリビア本館】
最新記事に戻る


More⇒ガーデンアン紙(英文)はこちらをクリック!!
[PR]
by amor1029 | 2004-09-07 03:56 | 海外の話題