ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:サイエンス( 82 )

★【【地球温暖化】】:「ラクダのおならで地球温暖化?豪州で人工全滅計画が浮上」野生化したラクダを全滅させ温暖化ガスの排出削減計画?・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:地球温暖化 原因, 地球温暖化 嘘, 地球温暖化論のウソとワナ, 地球温暖化 現状, 地球温暖化 海面上昇, 地球温暖化詐欺, co2 地球温暖化, 地球温暖化 対策


a0028694_14102752.jpg

ラクダのおならで
地球温暖化?

豪州で人工全滅計画が浮上

2011.6.10
cnn


(CNN) オーストラリア中部の砂漠地帯に100万頭以上生息するラクダのおならが地球温暖化の一因になっているとして、同国の起業家が野生化したラクダを全滅させて温暖化ガスの排出削減を目指す計画を提案した。


政府が農業分野の温暖化ガス排出削減策を模索する中、起業家ティム・ムーア氏が打ち出したのは、メタンガスを排出するラクダをすべて「駆除」して空気をきれいにするという提案。


「野生化した動物(ラクダ)は人道的な方法で死なせる」とし、具体的にはヘリコプターや四駆車からラクダを射殺し、死んだラクダは解体して人間やペットの食用にするとした。


デイリーメール紙は、温暖化対策担当の政府当局者がこの提案を検討する意向を示したと伝えている。ムーア氏は同紙に対し、「わが国は革新の国であり、課題に対して革新的な解決策を見出す。これはその典型だ」とコメントした。


この計画について環境保護団体や動物愛護団体の意見はまちまちだが、菜食主義者からは、畜産農場の方がはるかに問題は大きいとの声も出ている。


オーストラリアのヒトコブラクダは19世紀にインドやパキスタン、アフガニスタンから持ち込まれた。当時は道路や鉄道の建設作業に重宝されたが、現在では野生化して牧草を荒らしたり固有種を脅かしたりする害獣とみなされることが多い。




039.gif 関連039.gif
a0028694_1493150.jpg

牛のゲップが温暖化を促進する
2008.2.6
livedoornews 

地球温暖化の原因といえばとかく二酸化炭素が有名ですが、メタンガスの温室効果は二酸化炭素の23倍もあります。牛、羊、山羊などの反すう動物のゲップにはそのメタンガスが含まれているそうで、その地球温暖化への寄与率はなんと全体の約5%! 帯広畜産大の高橋潤一教授はこの問題に着目し、ゲップ内のメタンガスを劇的に減らす方法を開発し、メタン抑制技術として特許を取得したとのことです。



b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2011-06-16 14:13 | サイエンス
★「黒人女性は魅力が劣る」英国で日本人研究者の論文に批判⇒黒人女性は他の人種と比べて肉体的な魅力で劣る」との論文を発表し「人種差別だ」と批判を浴びていると報じた・・続きは「知識の泉 Haru's トリビア」 で読んでね!/オーストラリア 人種差別, 中村俊輔 人種差別, アバクロ 人種差別, イギリス 人種差別, 韓国 人種差別, 人種差別 日本人, イタリア 人種差別, 日本 人種差別, 人種差別 黒人, 浦和 人種差別


a0028694_5252183.jpg


「黒人女性は魅力が劣る」
英国で
日本人研究者の論文に批判 

2011.5.20
sankei


19日付の英大衆紙デーリー・メールなどは、ロンドン大経済政治学院(LSE)に在籍する日本人のカナザワ・サトシ准教授(心理学)が「黒人女性は他の人種と比べて肉体的な魅力で劣る」との論文を発表し「人種差別だ」と批判を浴びていると報じた。


同准教授はインターネット上で、白人や黒人、アジア系などの女性の写真を、魅力的と感じる度合いを5段階で評価してもらう調査を実施。その結果、黒人女性が最も点数が低かったとし、原因として「黒人女性は男性ホルモンのテストステロンを他の人種よりも多く持っているからだ」と分析した。


同准教授は心理学関係のサイトに論文を掲載したが、批判を浴びたことから削除された。


LSEは内部調査を開始。広報担当者は「同准教授の見解は大学を代表したものではない」としている。(共同)



a0028694_5284052.jpg

ロンドン大経済政治学院
カナザワ・サトシ准教授



b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2011-05-29 05:35 | サイエンス
★遺伝物質の断片ふりかけ、安全・簡単に万能細胞⇒様々な組織の細胞に変化する人のiPS細胞(新型万能細胞)と同じ能力のある細胞を、新しい方法で作ることに大阪大の森正樹教授らのグループが成功した・・続きは「知識の泉 Haru's トリビア」 で読んでね!/遺伝子組み換え食品, ハッピー遺伝子, 遺伝子組み換え 危険性, 対立遺伝子, p53遺伝子
レポーター遺伝子, がん遺伝子, たけしの遺伝子, 遺伝子工学, こころの遺伝子


a0028694_17531573.jpg

遺伝物質の断片ふりかけ
安全・簡単に万能細胞 

2011.5.27
yomiuri


様々な組織の細胞に変化する人のiPS細胞(新型万能細胞)と同じ能力のある細胞を、新しい方法で作ることに大阪大の森正樹教授らのグループが成功した。


皮膚などの細胞に「マイクロRNA」という遺伝物質の断片を3種類ふりかけるだけで、安全性も高く、再生医療への応用が期待される。27日の科学誌「セル・ステムセル」に発表する。


研究グループは、細胞内の遺伝子の働きを制御するマイクロRNAの中には、普通の細胞をiPS細胞のような万能細胞に変えるものがあると予測。万能細胞だけで働くマイクロRNAを探し、脂肪や皮膚の細胞に入れる実験を重ねた。


その結果、細胞の性質を調節する「mir―200c」など3種類を、ヒトの皮膚の細胞などに加えるだけでiPS細胞とよく似た細胞を作ることに成功。マウスに移植して様々な細胞に変化することも確認した。「mi―iPS(ミップス)」細胞と名付けた。



b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2011-05-27 17:56 | サイエンス
★「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言!!天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。・・・詳しくは「知識の泉 Haru's トリビア」(http://amor1029.exblog.jp ) で読んでね!/天国への階段, 天国の日々, 天国の階段, 地獄, スティーブン・ホーキング博士, 物理学者


a0028694_227580.jpg


「天国も死後の世界もない」
英物理学者ホーキング氏が断言

2011.5.17
excite


[ロンドン 16日 ロイター] 「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。16日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで述べた。


ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。


博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という進行性の神経疾患と診断され、余命数年とされた。「自分は過去49年間にわたって若くして死ぬという可能性と共生してきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。まだまだやりたいことがある」と語った。


また、人々はどのように生きるべきかとの問いに対し「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」と答えた。


1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」で世界中に広く知らるようになった博士は、2010年の著書「The Grand Design(原題)」では宇宙の創造に神の力は必要ないとの主張を展開し、宗教界から批判を浴びている。





b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2011-05-18 22:09 | サイエンス
★右利きの人を一瞬で左利きにしてしまう装置が開発中!~経頭蓋磁気刺激(TMS:Transcranial Magnetic Stimulation)なる磁気を大脳に照射刺激するコイル装置を活用して、利き手を自由に変化させる研究が、カリフォルニア大学バークレー校で進行中/ 利き手, 利き手 テスト, 利き手 矯正, 赤ちゃん 利き手, 利き手 脳, 利き手交換

a0028694_2451320.jpg

右利きの人を一瞬で
左利きにしてしまう
装置が開発中!

2010.11.03
ameba


ちょっと実験台になるにも勇気が要りそうですけど、経頭蓋磁気刺激(TMS:Transcranial Magnetic Stimulation)なる磁気を大脳に照射刺激するコイル装置を活用して、利き手を自由に変化させる研究が、カリフォルニア大学バークレー校で進行中とのことですね。


どうやら同装置を、脳の中でも運動を司る後頭頂葉に当てると、実験に参加した右利きの人が全員、何かを持ち上げたり、エレベーターのボタンを押したりといった、比較的ライトなタスクを普段とは逆の左手で行なうようになる傾向が認められたそうです。


さすがに文字を書くなどの複雑なタスクは瞬時に通常と逆の手で行なうことはできなかったそうですけど、研究チームは今回の実験結果に非常に満足しており、今後の展開にも大きな期待を表明したんだとか。


頭にゴツい装置をあてがうのはなんだか恐ろしいような気もしますけど、それにしても一瞬で利き手を本能的に変えられるようになるとは便利なシーンだってあるのかもしれませんね〜。



b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2010-11-18 02:50 | サイエンス
★海草をウシの飼料にして環境を守る、豪大が研究に着手ーウシのゲップには温室効果ガスであるメタンガスが含まれているが、オーストラリアの研究チームは4日、海草をウシの飼料にすることでこのメタンガスの放出量を減らす研究に着手したことを明らかにした。海草は陸上の草よりも繊維質が少ないうえにでんぷんが多いので牧草よりはるかに消化がよい。このため海草をウシの飼料にするとメタンガスの放出を抑制できるという。牛, 松阪 牛, 神戸 牛, 松坂 牛, 飛騨 牛, 米沢 牛, 近江 牛, 大田原 牛, 前沢 牛, 環境 保護, 環境 問題, 環境, 福祉 住 環境 コーディネータ, 環境 教育, 環境標語, 環境 計量士, リサイクル 環境, 福祉 住 環境, 建築物 環境 衛生 管理 技術者


a0028694_0141079.jpg


海草をウシの飼料にして

環境を守る、豪大が研究に着手


2009.9.4
(afp)


ウシのゲップには温室効果ガスであるメタンガスが含まれているが、オーストラリアの研究チームは4日、海草をウシの飼料にすることでこのメタンガスの放出量を減らす研究に着手したことを明らかにした。


ジェームズクック大学(James Cook University)のトニー・パーカー(Tony Parker)氏によると、世界で排出されているメタンガスの20パーセントが家畜のウシから発生しており、その主な原因は飼料にあるという。


世界のウシの少なくとも50%が途上国で飼育されているが、その大半は熱帯地域にあり牧草の質は冬になると低下し、ウシから発生するメタンガスが増える傾向がある。研究チームによると藻などの海草は陸上の草よりも繊維質が少ないうえにでんぷんが多いので牧草よりはるかに消化がよい。このため海草をウシの飼料にするとメタンガスの放出を抑制できるという。


オーストラリアで飼育されている1億2000万頭のヒツジ、ウシ、ヤギなどの家畜が出すメタンガスは、1年間に同国で放出される温暖効果ガスの約12%を占め、温暖効果ガスの放出源として同国で3番目に大きい。


さらに海草をウシの飼料にすればもう1つメリットがある。海草は農業廃水に含まれる窒素やリンなどを吸収する性質があるが、沿岸部の養殖業者がこの目的で海草を利用した例はほとんどなかった。大量に発生する海草を処分する方法がなかったからだ。


今週シドニー(Sydney)でグレートバリアリーフの生態系は温暖化と化学物質を含む廃水の影響で深刻な影響を受けるおそれがあるとの報告書が発表された。


窒素などの栄養分を大量に含む農業廃水はその原因の1つだと指摘するパーカー氏は自らの研究について「私はこの研究を『リーフ・アンド・ビーフ』プロジェクトと呼びたい。海草を利用して畜産業者と水産物の養殖業者を豊かにし、グレートバリアリーフの環境も守れるという壮大な循環につながる可能性があるからだ」と述べた。



b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2009-09-08 00:19 | サイエンス
★地球上の動植物の90%が消滅した大量絶滅は、潮の満ち引きが主因だったと英科学誌が発表!! / 恐竜 キング, 恐竜, 恐竜 博物館, 恐竜 キング カード, 恐竜 グッズ, 恐竜 人間 未確認, 古代 王者 恐竜 キング, キング アニメ, 恐竜 図鑑, 恐竜 化石


地球上の動植物の大量絶滅は

潮の満ち引きが主因だった 


2008.6.20
(afpp)


a0028694_1550333.jpg


地球上の動植物の90%が消滅した大量絶滅は、潮の満ち引きが主因だったとする研究結果が英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表された。

地球上の生物の多くは過去5億年で、それまでの少なくとも5倍の速さで絶滅している。その原因の解明は古生物学および生物学上、大きな課題となっている。

これまでその原因として、火山の噴火や小惑星の地球衝突で大気中に舞い上がった大量の粉じんが幕となって引き起こされる冷却効果、二酸化炭素の排出量増加による温暖化、病気、資源をめぐる種間の争いなどが指摘されてきた。

今回発表された研究結果は、劇的な大変動ではなく、潮の干満と地質時代のたい積物を主要因として結論づけている。

■恐竜絶滅の主因だった可能性も

論文の著者、米ウィスコンシン大学マディソン校(University of Wisconsin-Madison)のシャナン・ピーターズ(Shanan Peters)准教授(地質学)は、「潮の干満とたい積物は、地球上の生物に甚大な影響を与える」と指摘する。

地球上の生命の誕生は約35億年前にさかのぼる。以来、大量絶滅は20回以上発生しており、多くの場合で単細胞生物も含まれている。また過去5億4000万年で5回の大量絶滅が発生したことが立証されているが、その際に絶滅したのは主に海洋動植物だった。

巨大な小惑星が約6500年前、メキシコに衝突し直径180キロのクレーターを作ったケースを除き、大量絶滅の原因は激しく論争されている。

ピーターズ氏はこのメキシコのケースも、当時北米と欧州の大半を覆っていた海洋で突然引き潮が発生しており、それが恐竜絶滅の主因となった可能性があると語る。

■絶滅の発生と海水位の変化が一致

ピーターズ氏は自身の仮説を証明するため、たい積岩の地層に見られる2種類の古代の浅瀬の環境を調べた。

1つは、白い砂浜と透明な青い海が広がる典型的な観光地の環境。このような環境のたい積物は主に甲殻類が排せつしたカルシウムからなる。

もう1つは、茶色い泥混じりの砂浜、岩場、緑色の濁った海水が特徴の環境。たい積物は長期にわたり土地が浸食された結果たまったものだ。

「化石記録で過去5億年の絶滅の発生率を調べ、それをたい積岩に示されている環境の変化と比較してみたが、海水位の変化を原因とする場合が大半だった」とピーターズ氏は説明する。

絶滅の発生と海水位の変化の適合率は非常に高く、劇的な海水位の上昇や下降はほかの要因よりも、大量絶滅に関係していることを示している。



b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2008-06-21 16:00 | サイエンス
★温暖化で病気増加、「1度上がれば2万人死亡」と米大学が発表。 / 地球 温暖化, 温暖化, 地球 温暖化 原因, 地球 温暖化 対策, 地球 温暖化 影響, 環境 問題 地球 温暖化, 地球 温暖化 海面 上昇, 地球 温暖化 防止, 温暖化 対策, 地球 温暖化 対策 推進 法律


a0028694_1152774.jpg


温暖化で病気増加
「1度上がれば2万人死亡」と米大学 


2008.1.21
(asahi com)


地球温暖化が進むと、呼吸器系の病気による死者が増えることがわかった。米スタンフォード大が米地球物理学連合の専門誌に発表する。有害なオゾンや浮遊粒子などが増加するためで、地球の平均気温が1度上がると世界で年間2万人の死者が増えるという。


同大のマーク・ジェイコブソン教授は、二酸化炭素(CO2)による気温上昇と、それにともなう大気中の水蒸気量の増加に注目。気温が上がると、健康に悪影響のあるオゾンや浮遊粒子の量がどう変化するかをコンピューターで解析した。


その結果、温暖化が進むにつれ、大気が汚れた都市部でオゾンや浮遊粒子が増加し、ぜんそくや肺気腫などで死ぬ人が増えることがわかった。米国内の死者は年に1000人ほど、世界では約2万人に達するという。


これまで、温暖化にともなう自然災害や伝染病の増加などの問題は指摘されてきたが、人体への直接的な悪影響を示した研究は珍しい。


米国では、カリフォルニア州などが「CO2などの温室効果ガスは大気汚染物質」として、連邦政府とは別に独自の自動車排ガス規制を導入する構えだ。しかし、米環境保護局(EPA)は昨年12月、それを認めない決定をしている。




b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2008-01-22 11:53 | サイエンス
★蛍光緑に光る遺伝子操作ブタ、生まれた子ブタも蛍光性!!


a0028694_15283746.jpg

蛍光緑に光る遺伝子操作ブタ
生まれた子ブタも蛍光性!! 


2008.1.9
(apfbb)


中国北部で蛍光色を発するよう遺伝子操作されたブタが、同じく「蛍光性の」子ブタを出産し、遺伝子操作による特質がさらに遺伝されうることが証明された。


8日の国営新華社(Xinhua)通信によると、中国北部で蛍光の子ブタを出産したのは2006年12月、受精時に胚に蛍光性の緑色のたんぱく質を注入されたブタ3匹のうちの1匹。3匹は紫外線の下に置かれると、緑色に光る。


このうち1匹を通常のブタと交配させたところ、生まれた11匹の子ブタのうち2匹が親ブタと同じように光る特質を受け継いだ。黒竜江(Heilongjiang)省ハルビン(Harbin)にある東北農業大学(Northeast Agricultural University)の研究チームを率いるLiu Zhonghua教授は、「紫外線の下では、2匹の子ブタの口や足、舌が緑色に光る。細胞核移植によって遺伝子組み換えを行ったブタを繁殖させる技術が成熟したといえる」と語った。


台湾の研究チームも2006年1月に蛍光ブタの作製に成功しているが、李教授は今回の子ブタの誕生は、遺伝子操作による特質が親子2代にわたって継承されることを証明したと述べ、科学的、医療的可能性を広げると期待している。「この技術により、素晴らしい遺伝子操作ブタの繁殖が約束され、人間の臓器移植に適した特別なブタの繁殖さえも将来期待できる」


李教授のチームは、これまでに米国、韓国、日本のチームなどが動物のクローニングに使用してきた体細胞の核移植技術を使ったと、新華社通信は報じている。




b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2008-01-20 15:33 | サイエンス
★宇宙人が地球を観測したらスペイン・米チームが論文発表!! 遠方の宇宙人には地球が点にしか見えず、明るさの変化だけを観測すると考えられるが、想定される明るさからのずれの分析で気象現象や海、大陸の存在まで知ることができるはずと結論づけた。/ 宇宙人, 宇宙人 写真, 宇宙人 画像, 宇宙人 解剖, 宇宙人 解剖 フィルム, 宇宙人 動画, 宇宙人 映像, アミ 小さな 宇宙人, 嫁 宇宙人, 宇宙人 解剖 映像, 宇宙, 宇宙 戦艦 ヤマト, 宇宙 百貨, 宇宙 騎士 テッカマン ブレード, 宇宙 センター, 宇宙 戦士 バルディオス, 宇宙 ステルヴィア, 2001 年 宇宙 旅, 宇宙 戦争, 宇宙 飛行士


a0028694_1027189.jpg


宇宙人が地球を観測したら
スペイン・米チームが論文発表!!


2007.12.31
(asahicom)


宇宙に生命を求めて太陽系外の惑星探しが盛んだが、宇宙人の天文学者に地球はどんなふうに見えるのか――。


そんな論文を、スペインと米国の研究チームが天文学専門誌(電子版)に発表した。地球は、生命の存在につながりうる、気象現象がある「生きた」惑星とわかるはずだという。


恒星を回る惑星に生命が存在するには、恒星までの距離や、大気があるかどうかなどがカギ。太陽系では、地球のすぐ内側の金星は暑すぎ、すぐ外側の火星は寒すぎる。


地球はちょうど良い条件がそろい、水や水蒸気が共存して変化に富む気象現象が起きている。チームは、気象衛星が撮影した地球の雲の映像を分析した。


遠方の宇宙人には地球が点にしか見えず、明るさの変化だけを観測すると考えられる。だが、そのパターンから自転周期が割り出せ、想定される明るさからのずれの分析で気象現象や海、大陸の存在まで知ることができるはず、と結論づけた。


ちなみに、金星には地球より厚い大気があり、火星には逆に大気はほとんどないが、宇宙人から見れば、いずれも明るさは変わらないという。これまで地球の天文学者は太陽系外惑星を200個以上発見している。




b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事を読む

[PR]
by amor1029 | 2008-01-09 10:32 | サイエンス