ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:放射能 天気・天候( 5 )

★【大地震 警報】「茨城沖が震源、関東を大震災が襲う」:カリフォルニア工科大学の地球物理学の教授、マーク・サイモンズ氏が、米国の科学雑誌『サイエンス』に、「茨城沖を震源とする大地震が起こる可能性がある」とするレポートを5/20に発表した・・・詳細は「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい!!/キーワード:東北地方関東沖地震, 東北地方関東沖大地震, 東日本大地震, 大地震 予知, 大地震 予測, 大地震 歴史, 東海大地震, 東海大地震 予言, 地震 予知, 地震 予言, 地震 予測


a0028694_450513.jpg

 
茨城沖が震源
関東を大震災が襲う 

米科学誌『サイエンス』衝撃の
レポートを緊急検証する

2011.6.6
gendai
 


「3・11の大地震は人々を驚かせました。あのエリアでM9規模の地震が起きるとは、誰も考えていなかったからです。しかし、それは明らかな間違いでした。

a0028694_4321755.jpg

今私たちが心配しているのは、あの大震災の震源の南側のエリア、上の図で示すと、『?』の箇所、つまり茨城沖です。ここはほとんど注目されていませんが、それだと今回と同じ間違いを犯すことになるのではないか。ここで大地震が起きる可能性があると思っています」


カリフォルニア工科大学の地球物理学の教授、マーク・サイモンズ氏が、米国の科学雑誌『サイエンス』のオンライン版『サイエンス・エクスプレス』に、「茨城沖を震源とする大地震が起こる可能性がある」とするレポートを5月20日、発表した。東日本大震災以降、各地で余震が続いている。


大震災に誘発された巨大地震が再び起きるのではないか。不安な日々を送る我々にとって、サイモンズ教授のレポートは衝撃的だ。そこで、本誌がサイモンズ教授に直接真意を質すと、冒頭のように強く警告したのである。


教授は今回の地震のメカニズムをどうみているのか。

「我々は、今回の地震でどの程度日本の陸地が動いたかを、日本の地質調査のGPSネットワークを使い測定しました。その結果、東日本を中心とする本州の海岸線が、太平洋の方向に5m移動したことが分かったのです。沿岸の陸地は50cm沈下しています。また、津波警告ブイを使って、日本の沖からアラスカ、アメリカ、ハワイへと移動した津波を測定しました。


a0028694_435366.jpg

これら2つの調査から得られたデータを基に、東北沖の海底から地下20kmの地点にある、日本列島が乗っている北米プレートと、太平洋プレートとの境界の断層で、どのような『滑り込み』が起きたかを分析しました。結果、断層のいくつかの地点では、断層が最大で60m移動したことが分かりました。


北米プレートが、太平洋プレートの方向に60m動き、太平洋プレートが日本側に潜り込む形になったのです。大きな『滑り込み』が起きたエリアは、南北約250km、東西約150kmの範囲に広がっています。釜石から福島までのエリアです」


今回の大震災は、陸地側の北米プレートと、その下に潜り込む太平洋プレートの境界面の断層がずれて起きた。右図は地震により陸地がどう動いたかを表すが、教授によれば、海洋部の断層のズレは最大60mにも及んだという。それにより、東北地方の太平洋岸にある町を残らず呑み込んだほどの大津波が発生したのだ。教授はこうしたメカニズムを踏まえた上で、今回断層が動かなかった、茨城沖が危ないと言う。


「大地震が茨城沖の北側で起きたので、この茨城沖のエリアに大きなストレスを与え、両プレート間の断層が『スタックしている』、つまり、『一時的に動かない状態で止まっている』可能性があります。それが急に動き出すと大地震が起きるのです。ただし、別の可能性として、断層がゆっくり移動していることも考えられます。その場合は地震は起きません。正確なところはまだ分かりませんが、もしスタックしていれば大地震が起きる可能性は高い。日本は、この地域を早急に研究すべきです」



房総沖も危ない
日本の専門家はどう受け止めるのか。


東京大学地震研究所教授の古村孝志氏は、サイモンズ教授のレポートにある図を見ながら分析する(1番目の図)。


「茨城県の沖合で『?』が置かれている位置よりも少し陸地側、ここが普通の人が考える茨城沖ですが、この場所はM7.4やM7.5ぐらいの地震が10年ごとに起きているので、まだ問題ではないのです。論文が指摘しているのは図中の『?』の場所、海溝寄りのところです。この『?』の範囲の部分だけが、地震によるプレートの大きな『滑り込み』が止まっている。これが今後、動き出したら非常に危険だと言っているわけです」


琉球大学名誉教授・木村政昭氏は、「メカニズムは基本的に私の考えと同じ」とサイモンズ教授の指摘を認めるが、次に巨大地震が起きる震源域に関しては、若干のズレがあると言う。


「彼は、今回地震が起きた震源域の南側に集中的にストレスがかかっているので、M8クラスの大地震が起きる可能性があると指摘したわけですが、私は震源域はさらに南、房総半島の沖になると思います。房総沖は、北米プレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートの3つのプレートが1ヵ所で集合している非常に複雑な構造になっている。我々が持っているデータでは、今、ストレスを蓄えている地点はこの房総沖なのです」


京都大学大学院理学研究科教授・平原和朗氏も、房総沖が危ないと考える。

「房総沖では、1677年に延宝地震というM8の地震が起きているので、大地震発生の可能性はあります。今回の大震災で、プレートの『滑り込み』が起きています。地震が起きた後も滑っている。現在では銚子沖まで達しており、銚子沖の線を越えると房総に入ってきます。プレートが滑りすぎると、地層が伸びをしたような状況になり、脆くなって地震が起こります。今後は、『滑り込み』がどう発展していくかが怖いところです」



延宝地震では大津波が襲ったことが分かっている。前出・古村氏はこう語る。

「そもそも海溝は、プレートがつるつる滑って、ひずみがたまらない場所、地震は起きにくいところと考えられてきました。ところが、今回の東日本大震災は海溝付近まで震源域が伸びて、大きな津波を起こした。ですから、茨城沖でも同じように考えなくてはいけない。茨城沖で巨大地震が起きた場合、沿岸で5~8mの津波が考えられます」


実は、茨城沖には地震の観測点が少なく、現時点で正確な予測をすることは難しい。それでも、茨城ないし千葉県北東沖の海底下に太平洋プレートが潜り込み、限界に達して地震を引き起こすというメカニズムは、はっきりしている。もし巨大地震が起きた場合、首都圏に近いだけに、東日本大震災以上の大きな被害を与える恐れが強いのだ。



関東の被害は甚大なものに
科学ジャーナリスト・大山輝氏がこう言う。


「房総半島沖が震源となった元禄の大地震(1703年・推定M8.2)では、内房から江戸を津波が襲ったと記録に残っています。もし、現代の東京で同じことが起これば、埋め立て地である江東区や、標高の低いところにある地下鉄の駅などは、大きな被害が出るでしょう。これからの季節で怖いのは、大雨と同時に津波が来たら、ということです。水量はとてつもないものになるでしょう」


1923年の関東大震災は、フィリピン海プレートが北米プレートに沈み込む相模トラフが震源で、東日本大震災と同じプレート境界型の地震だった。この地震で東京は壊滅的な被害を受け、10万人超の死者を出したが、もう一つ、こうした直下型地震の恐れもある。


「3・11の余震は、震源となった宮城県沖より南で、多く発生しています。中越や富士山麓、遠くは鹿児島県でも起きている。それだけ広範囲に土地のゆがみが出ていますから、関東で直下型地震が起きても、何ら不思議はない状態なのです。


1855年の安政江戸地震は、前年に起こった安政東海地震によって引き起こされた直下型の地震だったとみられます。そう考えると、東日本大震災も、新たな巨大地震を引き起こす可能性は十分にあるのです。直下型地震で何よりも怖いのは火災で、東京の下町のように住宅が密集している地域では、その被害は甚大になるでしょう」(大山氏)

次の巨大地震はいつ、どこで起きるのか、安心できない日々が続く。




b0013789_6261018.gif

TOP
最新のトリビア記事


キーワード:東北地方関東沖地震, 東北地方関東沖大地震, 東日本大地震, 大地震 予知, 大地震 予測, 大地震 歴史, 東海大地震, 東海大地震 予言, 地震 予知, 地震 予言, 地震 予測
[PR]
by amor1029 | 2011-06-09 04:54 | 放射能 天気・天候
★台風の前に緊急に政府がしなければいけないこととは?
今、緊急にやることの一つが「福島原発から半径10キロ圏内の放射性物質を除去する」ということです・・・続きは「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧下さい/台風 進路, 台風 警報, 福島原発, 福島原発 事故, 内部 被爆, 二重被爆, 福島 被爆者, 福島第一原発作業員 被爆, 被爆量, 被爆者援護法, 被爆者 写真, 放射能 汚染, 放射能 半減期, 放射能 被爆,


a0028694_15572295.jpg

台風の前に
緊急に政府が
しなければいけないこと

2011.5.29
武田邦彦教授


台風シーズンが近づいています。梅雨は始まりました。


初動が大切な原発事故で、国民の避難、児童の疎開、汚染されていない水の確保など、原発事故ですぐしなければならない政府の義務は何一つされていません.


何もしないで1ミリを20ミリに上げたり、汚染された野菜を拒否するのを「風評被害」といったり、もっぱら国民を被曝することに熱心です。


私たちは何のために税金を払い、選挙の投票をしているのでしょうか?でも、少し批判されて、やっと腰を上げつつあります.

・・・・・・

今、緊急にやることの一つが「福島原発から半径10キロ圏内の放射性物質を除去する」ということです。


3月に福島原発からでた放射性物質の量は「60京ベクレル」です。それに対して、今、原発から出ている量は「兆ベクレル」ですから、約1万倍以上の放射性物質が「福島原発ではなく、その周辺にある」ということです。


つまり、今では「福島原発から出ている量」より、「3月に出たものが付近の土の上に乗っている量」の方が格段に多いのです.


福島原発の報道が、今、汚染している土地に関心を向かわせないための策謀か?と私が訝るのは、このことにあります。

・・・・・・・・・

だんだん、待ったなしになってきました。

これが強風が吹くと舞い上がり、広く拡散することが予想されます.だから、政府は一刻も早く、土壌の上にシートを貼るとか、濃い放射性物質が乗っているところは土壌を除くことをしないと、福島のみならず、台風が太平洋側を通ると北風が吹いて茨城、千葉、東京へ飛んできます.


お茶が汚れたのも私は一度、土の上に降った放射性物質が風でまったものと思いますし、郡山などの放射線量が減らないのも、「福島原発の周辺から、2次的に飛んできたもの」に夜のではないかと思っています.


原発から10キロ圏内の高濃度汚染地域を少しでも綺麗にすることは政府(東電)の義務です.それはその土地に住む人にとっても大切なことですし、今、そこにある放射性物質が再び飛んで、日本の大地を汚さないためにも必要です.


それに加えて、梅雨で雨が降り、土壌にしみ、地下水に移動します.汚いものがこぼれたのですから、常識的に考えても「早い方がよい」のは当然なのです.


政府の方!!目を覚まして行動に移ってください!!


のんびりとひまわりを植えている時期ではありません。強い行動をとってください。

・・・・・・・・・

自治体も綿密に放射線量を測定して、市民の不安を除去し、「地産地消」(横浜市、戸田市など)を止めて鹿嶋市のように、安全な野菜を子供に出してください。


教育委員会や市長の決断次第で、その市の子供達の差が出てきました。


(平成23年5月29日 午後1時 執筆)



b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2011-05-30 16:02 | 放射能 天気・天候
★祈るのみ…あきれた東電、福島原発“台風対策なし” 風や雨に対する具体的な対策はなく申し訳ない・・続きは「知識の泉 Haru's トリビア」をご覧ください!/台風2号 原発, 台風 対策, 放射能 汚染, 放射能 半減期, 放射能 単位, 放射能 被爆, ゴキブリ 放射能, 広島 放射能, 放射能 X, 放射能除去, 放射線, 放射能 マーク, 被爆, 二重 被爆, 被爆 量


a0028694_10404295.gif
祈るのみ
あきれた東電
福島原発“台風対策なし”  

2011.5.29
sponichi


猛烈な台風2号は28日、風速25メートル以上の暴風域を伴ったまま東シナ海を北上した。この影響で本州に停滞する梅雨前線が活発化し、東日本大震災の被災地では29日から31日にかけて大雨に対する警戒が高まった。東京電力福島第1原発では季節はずれの台風に対策が間に合わず、パトロールを強化するなど“応急対策”で乗り切ることになった。


東電は約1カ月前から梅雨や台風シーズンに備え、福島第1原発から放射性物質が風で飛ばされたり、雨で海に流れ出さないよう敷地内で汚染されたほこりを固める飛散防止剤を散布。流出防止の対策を1~4号機の原子炉建屋周辺で進めている。建屋そのものにカバーをかけることも計画しているが、作業は6月中旬に開始する予定だ。


“想定外”の台風に、同社の広報担当者は「建屋は過去最大の台風にも耐えられるよう、壁は厚さ約1メートルのコンクリートで造られている」として問題がないことを強調。


しかし、現在、原子炉建屋の上部は水素爆発などで鉄骨がむきだしになったまま。建屋の一部や敷地内に散乱した放射性物質を含むがれきが強風に巻き上げられ別の場所へ飛ばされる可能性もある。別の関係者は「最大限努力しているが、建屋のカバーまでは出来上がっていない。風や雨に対する具体的な対策はなく申し訳ない」と話した。


また、28日午前7時現在、タービン建屋の外にあるトレンチの水位は2号機が地上まで58・6センチ、3号機が43・1センチにまで迫っていることが分かった。フタのないトレンチに大量に降った雨水が流入すれば、汚染水が外にあふれ出ることもあり得る。これらの対策については「パトロールを強化するなどし、必要ならば応急処置をする」(広報担当者)とした。


気象庁によると、台風は今後、北東方面に進み、30日には関東地方の手前で温帯低気圧に変わる見込みだという。しかし、本州の南岸に停滞する梅雨前線の活動は活発になり、東北地方で29日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で30ミリ。30~31日にかけて太平洋側を中心に大雨となるもよう。雨以外にも落雷や突風、ひょうの可能性もあるとして注意を呼びかけている。



b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2011-05-29 10:45 | 放射能 天気・天候
★台風の影響で放射性物質が広く日本列島を覆う⇒ドイツ気象局による29日午後3時から30日午後3時の放射性物質の拡散濃度予測によると、放射性物質は北上する台風の影響で東日本から西日本にかけて広く日本列島を覆う見込み・・・続きは「知識の泉 Haru's トリビア」で読んでね!/台風 放射能, 放射能 汚染, 放射能 半減期, 放射能 単位, 放射能 被爆, ゴキブリ 放射能, 広島 放射能, 放射能 X, 放射能除去, 放射線, 放射能 マーク, 被爆, 二重 被爆, 被爆 量


a0028694_16591221.jpg

5月29日・30日
台風の影響で放射性物質が
広く日本列島を覆う 
ドイツ気象局予測 

2011.5.28
zakzak


ドイツ気象局による29日午後3時から30日午後3時の放射性物質の拡散濃度予測によると、放射性物質は北上する台風の影響で東日本から西日本にかけて広く日本列島を覆う見込み。


日本の気象庁による29日の福島県浜通り地方の予報は「北東の風やや強く雨」となっている。


 ※予測は一定量の放射性物質が福島第1原発から放出されたと仮定し、濃度の違いを色の濃さで相対的に示したもの。現実の放射性物質の濃度を示すものではない。




b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2011-05-28 17:05 | 放射能 天気・天候
★5/23・24 放射能が関東から近畿沿岸に拡散(ドイツ気象局)⇒ドイツ気象局による22日午後3時から23日の午後3時の放射性物質の拡散濃度予測は図の通り。放射性物質は関東から近畿沿岸の一部にも広がり、太平洋上に拡散する見込み ・・・続きは「知識の泉 Haru's トリビア」(http://amor1029.exblog.jp ) で読んでね!/ 放射能, 放射能 感知, 放射能 野菜, 放射能 汚染, 放射能X, 原発 放射能, 放射能 問題, 放射能 Q&A,被爆, 被爆量, 内部 被爆


a0028694_1493642.jpg


031.gif~警報~031.gif
5/23・24日放射能が
関東から近畿沿岸に拡散
(ドイツ気象局)

2011.5.21
zakzak


ドイツ気象局による22日午後3時から23日の午後3時の放射性物質の拡散濃度予測は図の通り。


放射性物質は関東から近畿沿岸の一部にも広がり、太平洋上に拡散する見込み。日本の気象庁による22日の福島県浜通り地方の予報は「北の風、くもり一時、雨」となっている。


※予測は一定量の放射性物質が福島第1原発から放出されたと仮定し、濃度の違いを色の濃さで相対的に示したもの。現実の放射性物質の濃度を示すものではない。





b0013789_6261018.gif
TOP
最新のトリビア記事

[PR]
by amor1029 | 2011-05-23 01:56 | 放射能 天気・天候