ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★ほとんど知られていない珍鳥「キウイ」の面白い生態!!

キウイ 鳥 /鳥類 / 鳥類 画像 / 鳥 / 鳥 ペット / ニュジーランド / 珍鳥/ 珍獣 /キウイはニュージーランドに生息している。飛ぶことができず、他の鳥と比らべ嗅覚は退化しておらず非常にすぐれている。また、巨大な卵を産むことなど謎の多い鳥だ。

a0028694_2111240.jpg

珍鳥キウイを知ろう!!

キウイはニュージーランドに生息している。飛ぶことができず、他の鳥と比らべ嗅覚は退化しておらず非常にすぐれている。また、巨大な卵を産むことなど謎の多い鳥だ。


a0028694_21114790.gif

●キウイの生息数●

マオリ人がニュージーランドにたどりついて頃は1200万ものキウイがいましたが、1930年までにキウイの数は500万までゆっくり減少し、今日では5~6万羽しか残っていません。その数はさらに急減しています。


●キウイの主食●

主食はミミズ、虫、クモ、バッタなどの昆虫および果物



a0028694_21123034.gif

●キウイの住い●

通常、キーウィは地面に掘った穴に住んでいるが、岩の割れ目、丸太の下、あるいは木のくぼみなどに住むこともある。夜、巣穴の掃除をし、そこで眠り、翌日には新しい穴へ移動する。穴内部には柔らかな葉、草および苔の雑然と並べられ、入り口は小枝などで覆い隠している。


巣穴を掘る強靭な足

a0028694_21135842.jpg



a0028694_21164986.jpg

●キウイの鼻穴はどこにあるか?●

キウイは夜行性であり、捕食するのに、夜では目がきかなくなるため、嗅覚(きゅうかく)を頼りにミミズなどを捕食する。鼻穴もなんとくちばしの先にあるのだ。ニュージーランドの森では夜間、キーウィが虫を探索しているうちに鼻孔に詰まり、それを取り除こうとするおかしな鼻息を聞こえるそうだ。


a0028694_2116224.jpg

●珍しい産卵と孵化(ふか)●

キウイは年間2、3個の卵を産む。メスは産卵を終えると巣穴からでていってしまいます。そこで卵を守るのはオスで、孵化(ふか)までなんと2ヶ月半も温め続けます。それは、卵が巨大で、キウイの体温が38度と普通の鳥類よりも2度低いため、孵化までに長い時間を要するのです。

メスは1回目の産卵からほぼ1ヶ月半後、再び産卵をする。また、あまり知られていないことだが3度目の産卵をすこともある。このキウイのカップルは生涯を共にし、30年も暮らした例もあるという。


a0028694_21143874.jpg

●巨大なキウイの卵●
写真の白い卵がキウイの卵で、茶褐色の卵はにわとりの卵


長さ約80~120mm
普通の鳥の卵の大きさの6倍。
ダチョウの卵は体重の2%だが、
キウイの卵は体重の平均20%


a0028694_21152282.jpg

●巨大な卵のため難産●

上の写真を見れば、いかにキウイの卵が大きいかがおわかりになるでしょう。卵が巨大なため難産であり、メスは卵の重みを耐えられなくなると、時々冷たい水につかったりして負担を軽減させる。産む直前になると、胃に食べ物の入るスペースがほとんどなり、卵が全身を満たしている状態となり、2、3日食べることはできないのだ。


●なぜ、こんなに巨大な卵なのか?●

キウイは昔はもっと大きな鳥であったという説がある。進化の過程で体は小さくなったが、卵の大きさは変わらなかったという。なぜ変わらなかったかという点は解明されていないそうだ。


キウイの記事、面白かった方
管理人の励げみとなる、応援のクリックを!!
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
b0013789_6261018.gif

2004.12.19の記事を加筆、再構成しました。

[PR]
by amor1029 | 2004-12-19 21:24 | 鳥類