ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

★ミノムシの意外に面白いその生態!!口のないオス、死ぬまでみの中で過ごすメス

a0028694_2384569.jpg

ミノムシは都会にはほとんどいないそうです。私も上京して以来、木々の枝にぶらさがるミノムシを見かけたことはありません。ミノムシって名前は知られていますが、その面白い生態はあまり知られていないので、今回はミノムシのことを書きます。

蓑虫(ミノムシ)って?

ミノガの幼虫のことで、日本には約15種類のミノガが見られる。

a0028694_23101620.jpg

どうやって蓑(みの)をつくるの?

生まれたばかりの幼虫は、蓑(みの)の外に出て糸を長く延ばし垂れ下がり、風に揺られて、新しい枝や葉に移っていきます。新しい葉に移ると枝や葉の表皮をかじり取り糸で、つづり合わせて小さな蓑を作ります。

木の葉を食べてどんどん大きくなってゆくミノムシは、かじり取った葉を糸でつぎ足し、体に合わせて蓑も大きく、丈夫にしてゆきます。そして手ごろな枝を、糸を巻き付け蓑に固定し、冬眠用の蓑(みの)は出来上がるのです。


ミノムシのオス(成虫)は
口が退化してない?

ミノムシのオスは蛹(さなぎ)になって約1カ月の後、蓑(みの)の下の口から、体を半分ほど外に出し羽化します。オスは口が退化していて、えさを取ることもなく、雌を探して飛び回ります。そして交尾を終え死んでいくのです。(交尾相手が見つからず終わる場合もありますが)


ミノムシのメスは
外にでることなく、死ぬまで蓑(みの)の中で過ごす?


メスも蛹(さなぎ)になった後、成虫になりますが、成虫となった姿は雄とは全く異なり、ハネも足もありません。小さな頭部と胸、体の大部分は腹部で卵でいっぱい入ってます。メスは、成虫になっても、蛹(さなぎ)の殻の先端を押しあけるだけで、体全体は蛹(さなぎ)中に入ったままなのです。


興味深い交尾


メスは特有の匂いを出し、雄を誘います。雄はその匂いを頼りに、雌の入っている蓑に飛んできて、蓑の末端から腹部を差し込み交尾します。お互いの姿を見ずの交尾なのです。


メスの寂しい最後は(ノ_・。)

交尾後、雌はすぐに産卵を始め、数千個も生みつけます。2~3週間後、幼虫が孵化する頃にはひからびて死んでしまい、蓑の末端の穴から下に落ちてしまいます。

みのむしの記事、面白かった方
是非応援クリックぽっちをしてね!↓
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
応援クリック↑↑よろしくお願いします!

管理人Haruの何よりの励みになります!
b0013789_6261018.gif

[PR]
by amor1029 | 2004-10-30 23:14 | 昆虫