ダイエット、健康、医学、サイエンス、宇宙、植物、動物、犬猫、魚、昆虫、気象、血液型、心理、恋愛、料理、写真、オカルト、都市伝説、UFO、裏技、役立つ情報満載です。是非ご覧下さい☆


by amor1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

うさぎの意外なヒミツ・ヒミツ・ヒミツ

a0028694_105558.jpg

うさぎって2種類で、
産まれてきた時にこんな違いがある!
実は、ウサギ科とナキウサギ科に分かれています。英語では「rabbit」と「hare」と言い、私たちが目にしているのは、ウサギ科の飼いうさぎのラビット「rabbit」なのです。


ウサギ科のラビット「rabbit」(写真は上↑)

●耳が短く体が小さい
●地面に穴を掘り、巣を作る。
●産まれたばかりでは毛が生えていない。目も閉じ、耳の穴も開いてない。
●成長しても季節の変化で、毛が生え変わりません。
飼いウサギなので、生まれてくる時、敵に襲われる心配がないため、未熟な状態で産まれきます。


ナキウサギ科のヘア「hare」(写真は下↓)

●『野ウサギ』と呼ばれる。
●耳が大きく、体も大きい
●巣は作らない。
●産まれたばかりでも毛が生えていて、目も見え耳も開いている。
●産まれてすぐに走ることも、柔らかい草ならすぐに食べることもできる。
●季節の変化で、毛色も変わる。
「野うさぎ」は産まれてすぐに天敵に襲われることもあり、生き抜くために、すぐに走ることも草を食べることもできるのです。↓
a0028694_1055246.jpg

うさぎの耳がなぜ長いのか?
音がよく聞こえるためだけではなかった!

長い耳は体温調整ためのラジエーターの役割を果しています。人間は体温が上昇すると汗をかくことで体温を下げますが、ウサギは汗腺の機能が発達していません。うさぎの耳の内部には毛細血管が張り巡り、そこに風が当たることで、血液を冷やし体温を調節しているのです。


うさぎはどのくらいのスピードで走れるか?

逃げる時は時速80kmで走れ、時速50kmであれば長時間走っていられるそうです。


うさぎは出産12時間後には
新たな妊娠ができるようになるってほんと?

自然界では、弱いウサギたちは天敵に食べられてしまう確立が高く、わずかしか育ちません。そこで沢山産むことで子孫を残そうとしているのです。中には、子育てをしながら、妊娠しているものもおり、1シーズンに30羽近く産むこともあります。

d(=^‥^=)b
うさぎもHaruも応援してね!
▲▲▲Haruのblog応援のクリック▲▲▲
応援クリック↑↑よろしくお願いします!

管理人Haruの何よりの励みになります!
b0013789_6261018.gif
備考:うさぎ ナキウサギ
[PR]
by amor1029 | 2004-10-02 10:04 | 動物